FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「ワンダーウーマン」 萌えたい時に〔24〕  

ワンダーウーマン」 
原作の前日談。


ワンダーウーマン 2017

【英題】Wonder Woman 
【公開年】2017年  【制作国】亜米利加  
【時間】141分  
【監督】パティ・ジェンキンス
【制作】
【原作】DCコミックス
【音楽】ルパート・グレグソン=ウィリアムズ
【脚本】アラン・ハインバーグ   
【言語】イングランド語 一部スペイン語 中国語 古代ギリシア語
【出演】ガル・ガドット(ダイアナ / ワンダーウーマン)  クリス・パイン(スティーブ・トレバー大尉)

【成分】かっこいい コミカル スペクタクル セクシー パニック ファンタジー 切ない 勇敢 第一次世界大戦

【特徴】ワンダーウーマン、リニューアルの映画化。
 原作やTVドラマでは第二次世界大戦が舞台でワンダーウーマンの敵はナチスドイツだったが、本作では第一次世界大戦が舞台となっている。
 彼女の相棒となる情報将校にまたしてもトレバーなる男性、TVドラマでもワンダーウーマンは第二次大戦時の情報将校スティーブ・トレバー少佐とその息子で70年代の情報将校スティーブ・トレバー・ジュニア少佐の二代に渡って絡む。
 ということはトレバー家のイケメン男子三代に渡って彼女は関係を持つという事なのか?

 リンダ・カーター主演のTV版は星条旗を思わすようなパンツをはいたスーパーウーマンでスーパーマンの女性版だったが、リニューアルでは古代ギリシアをイメージの重心に置いたデザインに若干修正されている。
 主演のガル・ガドット氏はプロポーションが良いだけでなく兵役の経験があり、鍛え抜かれた身体は闘うワンダーウーマンに相応しい。

 ただ、彼女が属していた軍隊はイスラエル軍であり、イスラエル軍はパレスチナのガザ地区を進行して女性や児童に対しても容赦なく攻撃を加えた事で国際世論の批難を受けた。また彼女自身もそんなイスラエル軍を支持するコメントを発表しているため、中東では上映ボイコット運動が発生している。 

 超娯楽大作のはずが、些か政治的キナ臭さが漂う「問題作」でもある。

 ところで、平素は節約のため映画パンフレットは購入しないのだが、本作についてはつい本能に負けて買ってしまった。

【効能】彼女の勇姿に男女とも萌え。

【副作用】フェミニズム的作品であると称賛される一方で露出度の多さで批難。
 彼女の軍歴とガザ侵攻支持の発言から興醒め。

下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。
中東では上映反対デモが起こったらしい。

 私はTVシリーズのリンダ・カーター版の「ワンダーウーマン」が好きだった。リンダは特に運動神経抜群という訳ではなく殺陣もぎこちないが、70年代のファッションを反映するかのような太陽のような笑顔が魅力だ。(余談1)
 その点、本作の主演俳優ガル・ガドット氏はかなり身体を鍛えているのか衣装から露出する首回りや肩や胸などから窺われる。筋肉量はリンダよりもかなり多く運動神経も優れ殺陣は迫力があった。

 実はガルは俳優になる以前はイスラエル軍の兵士で新兵訓練キャンプでトレーナーをやっていた。実際に兵役で格闘訓練を受けているのだ。この彼女の経歴が中東諸国で物議をかもし中には上映ボイコット運動まで発生させている。
 何故ならイスラエル軍がパレスチナに侵攻し女学生や幼児など非戦闘員にも攻撃を加えた事で世界世論の批難を受けているが、ガル自身はイスラエル軍を支持した(余談2)ことで中東諸国や一部の欧米世論の反感を買った。
 「何がワンダーウーマンだ? 虐殺の支持者のくせして」といった感情だろう。

 但し、そういった政治的背景を前提に観ても、作品内容の完成度は高く、ガルの魅力は最大限に引き出され楽しめる作品に仕上がっている。さすがはハリウッドというべきか。
 リンダの場合は人を睨みつけたりするような役よりも明るい笑顔が似合うキャラだが、ガルは目ぢからが良いので闘争向きだ。
 リンダもミス・ワールド・アメリカに輝いた人間なので美しいプロポーションなのだが、ガルは美しさに加えて鍛え抜かれた力強さも兼ね備えている。
 特に戦車を両手で持ち上げる場面(もちろん特撮なのだが)で腋が露になるが太い筋肉線はアスリートそのもの。

 強く逞しく美しい女性の闘う様を愛でる一点のみ価値がある作品だ。

(余談1)TVシリーズで主役を務めたリンダ・カーターは72年にミス・ワールド・アメリカに輝いたモデル出身の女優。
 幼少期は子役として活躍、10代からは音楽活動と多彩な才能を発揮、但しガルのような体育会系の活躍は英語版wikiでも確認できなかった。

 映画でワンダーウーマンの相棒となるスティーブ・トレバー大尉はTV版でも少佐として登場する。この少佐と今回の大尉の関係はどうなるのだろう。
 TV版の第2シーズンからは時代は現代(1977年)になり、同じ俳優が演じるスティーブ・トレバーjrが登場、第一シーズンのトレバー少佐の息子という設定だ。
 という事は、少佐は映画版の息子? スティーブ・トレバーjrはトレバー三世? ワンダーウーマンは百年にわたってトレバー家の男子の恋心を独占?

 トレバー大尉を演じたクリス・パイン氏はスタートレックでカーク船長を演じた事で有名、本作では根は真面目で純情な情報将校を演じている。40歳の手前だと思うが笑顔に少年的な面影があるのはグッド。

 TVシリーズは70年代後半に4年程度放送された。初期シーズンは第二次世界大戦が舞台で、ワンダーウーマンはナチスドイツと闘っていた。
 映画の本作予告編を観た時、てっきり第二次大戦が舞台だと勘違いした。なぜ時代設定を20年ほど遡らせたのか?
 政治的意図も勘繰れそうな気配がする。もし原作通りナチスドイツと戦う描写にすれば、「ユダヤ人に仇なす勢力は悪、悪は全て粛清よ」といったメッセージにも捉えかねない。

(余談2)基本的に軍隊というのは保守的で右翼で現政権に従順であるようにできている。もし反体制の軍隊なんてものがあれば、それは革命軍か反乱軍だろう。
 ガルは保守的なユダヤ人の発想・考え方で生きている。

晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆☆ 優

晴雨堂マニアック評価
☆☆☆ 佳作



 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://seiudomichael.blog103.fc2.com/tb.php/3010-3589bf76

 | HOME | 

文字サイズの変更

映画処方箋一覧

晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。

下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。

メールフォーム

晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター

2007年10月29日設置

当ブログ注目記事ランキング

当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。

設置2013年6月13日

ブログランキング

下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。

  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
70位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
37位
アクセスランキングを見る>>

タグランキング

晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。

訪問者閲覧記事

最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

晴雨堂ミカエルのtwitter

最近、ようやくツイッターの使い方が解ってきた。

FC2各種サービス

アフィリエイト・SEO対策

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

晴雨堂お薦めツール 

   

提携サイト・・旅行

現在、工事中。

提携サイト・・映画・アニメ

提携サイト・・書店

 

提携サイト・・アウトドア

登山・旅行・チャリンコなど、関連グッズ販売のサイトを紹介します。

   

提携サイト・・健康用品

提携サイト・・雑貨

提携サイト・・和装

和服姿になれば、気分は時代劇ヒーロー・ヒロイン。

晴雨堂お薦めスタンダード麦酒

晴雨堂が薦める比較的手に入り易い麦酒です。

晴雨堂から、お知らせと呟き

諸君!また一年、生き残りましょうぞ!

ミカエル晴雨堂提携サイト案内

   

designed by たけやん