FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「シン・ゴジラ」 家族と一緒に感動しよう〔27〕 

シン・ゴジラ」 
リアルな役人描写・自衛隊描写が評判



シン・ゴジラ Blu-ray特別版3枚組
シン・ゴジラ DVD2枚組

【原題】
【英題】Shin Godzilla
【公開年】2016年  【制作国】日本国  
【時間】111分
【監督】庵野秀明(総監督) 樋口真嗣(特技監督)
【制作】
【原作】
【音楽】鷺巣詩郎 伊福部昭
【脚本】庵野秀明
【言語】日本語 イングランド語
【出演】長谷川博己(矢口蘭堂)  石原さとみ(カヨコ・アン・パタースン)  竹野内豊(赤坂秀樹)  松尾諭(泉修一)  高良健吾(志村祐介)  津田寛治(森文哉)  市川実日子(尾頭ヒロミ)  塚本晋也(間邦夫)  高橋一生(安田龍彥)  大杉漣(大河内清次)  柄本明(東竜太)  余貴美子(花森麗子)  平泉成(里見祐介)  野村萬斎(ゴジラ・モーションキャプチャー)  

【成分】かっこいい スペクタクル パニック 勇敢 知的 放射能 怪獣映画

【特徴】久々に日本で制作された正統派ゴジラ。
 主役級の俳優を助演からチョイ出演の脇役まで贅沢に起用。政治家や役人・自衛隊の監修協力があって全編にリアルな役人言葉が散りばめられ物語全体の説得力を強めている。
 また、物語にはアメリカが日本の「宗主国」として絡んでくるがアメリカ人俳優は殆ど顔を出さず、石原さとみ氏が日系アメリカ人の政府高官役で登場、多くの日本人が抱く典型的なアメリカ人キャラを忠実に演じている。

 ただ、政治家や自衛隊の熱心な監修協力を得ているためか、初期のゴジラ映画に比べると「反権力・反体制」色は無く、主人公は若き世襲政治家で、彼が率いるチームの活躍を前面に出すことで官僚・自衛隊に華を持たせる内容になっており左派系のゴジラファンには不評である。

【効能】日本のシビリアンコントロールの有様を実感できる。

【副作用】シビリアンコントロールに悪いイメージを抱く。放射能被害を甘く見る。

下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。
役人賛歌・自衛隊賛歌のゴジラ。

 久しぶりの正統派ゴジラとの評判、確かに私にとってはテンポよく話が展開されていくし、防災アナウンス(余談1)や群衆の動きはこれまでの邦画と違い説得力があった。特に注目されたのは、役人や政治家が使う「業界用語」の使用である。これがリアリティを高めた要因だろう。

 但し、ここまでリアルな政治家・役人描写を行うには政治家や役所の監修協力が不可欠だ。特に自衛隊などは過去のゴジラ映画では簡単にゴジラに捻り潰されるだけの「無用の長物」扱い、協力した自衛隊が「こんな扱いでは税金泥棒ではないか」と制作者に抗議したとの噂まである。

 そのせいかどうかは知らぬが、本作のゴジラ映画では協力する政府関係者たちに華を持たせているように見える。つまり、日夜国民のために必死に職務に就いている役人や自衛隊の姿を強調する。
 ラストシーンでも、反主流の博士が作った最終兵器ではなく、主人公の若き二世政治家矢口の指揮の下、対策本部や自衛隊の熱血チームワークで作戦を練りゴジラを倒すことに成功。
 まさに未曽有の危機に対して各々が特技を活かして対処する役人賛歌・自衛隊賛歌の映画だ。

 配役は主役を張れる俳優たちを贅沢に配員。(余談2)さらに物語ではアメリカが絡んでくるのだが、アメリカ人俳優たちはチョイ出演。代わりに石原さとみ氏が日系アメリカ人の大統領特使役という意表を突く登場。
 この石原氏の起用は賛否あり、特に帰国子女を称するレビュアーからは台詞などで違和感を述べて扱き下ろす傾向があるが、私は多くの日本人がイメージする典型的なアメリカ人をよく演じたと好意的に評価している。石原批判の内容の多くは、演じる女優ではなく脚本家や監督に言うべき批判だろう。石原氏は制作者の指示に従って日本人が連想する典型的アメリカ人を演じているに過ぎない。(余談3)
 
 私はそれなりに「名作」の位置において良い映画ではないかと思っている。左派系のゴジラファンにとっては神経を逆撫でする駄作に見えるかもしれないが。
 ゴジラの大きな柱は「反核反戦」と「反権力」である。本作では見事に「反権力」が抜け落ちた。
 さすがに「反核反戦」まで省いてしまうとゴジラではなく有り触れた怪獣映画になってしまうので、支配層にいるアメリカ人パターソン特使の祖母が広島原爆の被害者であるオチを設けたか。
 高圧的に日本の要人に「命令」してアメリカの利益のために動く彼女が、土壇場で主人公矢口に味方するのは反核テーマが命のゴジラにとって必要な設定だろう。

 ゴジラをなんとか主人公矢口のチームが立案した矢口プランから発展したヤシオリ作戦で倒し凍結させるのに成功。
 ところがラストで凍結されたゴジラの尻尾の先端には複数の人型ゴジラ第五形態が分離の途中で固まっている。私は地上波を録画して映像を確認したが、凍結時では人型分離は無かった。
 パターソン特使と主人公矢口が固まったゴジラを見ながらデートする場面は、雰囲気からヤシオリ作戦の数日後とみていい。数日の間に凍結しながらも尻尾から人型第五形態が分裂しようとしていたのでは? となると作戦は成功とはいえないのでは、という余韻を残して終わる。

(余談1)高層住宅にゴジラが迫ってきたとき、住人の若夫婦が慌てて避難の準備をする場面がある。痛いシーンだった。私も妻子とともに府営団地に住んでいる。同じように幼い息子がいて、自転車に乗るときは専用の赤いヘルメットを被る。
 ただ、もし同じシチュエーションになった時、連れ合いが息子に服を着せたりヘルメットを被せたりして、私がオロオロと荷物をまとめたりガスの元栓を確認したりして、連れ合いから「早ょせんか!」と怒鳴られていると思う。

(余談2)例えば、若手の主役級俳優斎藤工氏は本作ではチョイ出演。台詞も数行程度。
 とはいえ、若き戦車隊長役である。階級章を見たら1等陸尉(旧軍の大尉相当)、顔もアップで映るなど、けっこうカッコよくて美味しい役である。

(余談3)本作が劇場公開された時、私の周囲では「いくらアメリカでもあんな特使はおらんで。美人で若くて大統領の座を狙うほどの位置にいる政府高官なんて現実離れ」という声が相次いだ。
 ところがこの後にトランプ政権が誕生し、トランプの実子イヴァンカ・マリー・トランプ氏が35歳の若さで大統領補佐官に就任した。彼女は石原さとみ氏とは5歳しか違わない。
 イヴァンカ・トランプ氏が訪日した時などはまるで国家元首に准ずる待遇に見えたのは錯覚だろうか? 作中で臨時とはいえ総理大臣に向かってタメ口たたく石原さとみ扮するパターソン特使とさほど違いはないのではないか。



晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆☆☆ 秀

晴雨堂マニアック評価
☆☆☆ 佳作


【受賞】第59回ブルーリボン賞作品賞・助演女優賞 第37回日本SF大賞特別賞 第48回星雲賞メディア部門


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
64位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク