FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

新「007」はアフリカ系女性が「就任」。添え物のボンドガールではなく、主役として007は新装開店。 

新「007」は黒人女性に 来年公開の最新作

 来年公開の『007』シリーズ第25弾『BOND 25(仮題)』で、黒人女優のラシャーナ・リンチが新“007”を演じると、英 Daily Mail Online が報じた。

 『007』といえば“007”のコードネームを持つイギリスの敏腕諜報(ちょうほう)員、ジェームズ・ボンドの活躍を描いた人気スパイ・アクションシリーズ。最新作では、現役を退き、ジャマイカで穏やかな日々を送っていたボンド(ダニエル・クレイグ)が、新たなミッションのために呼び戻されることになる。

 報道によると、『キャプテン・マーベル』のマリア役で知られるラシャーナがふんするのは“新ボンド”というわけではなく、彼が英国諜報部・MI6を去ったあと、そのコードネームを引き継ぐことになる新キャラクター。本作の冒頭にはレイフ・ファインズ演じるMが「007、入りなさい」と言って、ラシャーナが出てくるシーンがあるという。
 女性の権利や人種の多様性を主張する声が高まってきた昨今。今作には女性脚本家のフィービー・ウォーラー=ブリッジが参加しており、その影響も大きいよう。同サイトは、黒人女優であるラシャーナ演じる新たな“007”の登場は「ポップコーンを落としてしまう(くらい衝撃の)瞬間」だと伝えている。(シネマトゥデイ)


【雑感】様々な思惑が窺える。

ラシャーナ・リンチ
ラシャーナ・リンチ Wikipedia参照


 シネマトゥデイの記事には「多様性」の問題に留めているが、もう少し踏み込むと「ボンドガール」に象徴される妖艶なヒロインたちの存在は昨今のグリッドガール(キャンペーンガール・レースクイーン等)への批判やMeToo運動などに象徴される勢力から見れば不快感を抱かれるのは火を見るより明らか。
 実際、過去のシリーズ作品を観ていると、これは現代の感覚だと私でも不快感かな、と思うような箇所が多々ある。だからといって否定はしない。昔はこれでワクワクしていたんだなと懐かしく思うとともに、人の価値観はずいぶん変わってきたと自覚する。

 以前からの当ブログの読者ならお解りと思うが、私は戦うヒロインが好きである。なのでもしこの晴雨堂が制作者兼監督兼脚本であれば、今回と同様の作品を企画する。
 ジェームズ・ボンドは引退か現場を離れて後方支援に回り、新たに女性エージェントが007に就任する。そして女性エージェントは従来の妖艶な金髪美女ではなく、スレンダーで筋肉質なアフリカ系女性を充てる。今後の007はジェームズ・ボンドから引き継いで新たな物語へと発展させる。
 なので私にとってはあまり衝撃なニュースではなく、想像できる範疇である。

 ファンの中には、全く新しい作品にすればええやないか、と思う人もいるだろう。ただ、昨今のメジャー映画の傾向を見ればやむを得ないのである。メジャー映画となれば様々な業者が参入し過ぎ動かす予算規模も大きくて下手に転ぶ訳にはいかない。転んだ場合に備えての保険料も莫大だ。だから近頃のメジャー映画の新作を見渡せば、必ずそこそこ当たりそうなシリーズやリメイクやスピンオフや続編ばかりではないか。特に娯楽に徹した作品であればあるほど転べない。
 今作品の場合は、007シリーズという名跡は残したまま、昨今のジェンダーや多様性対策で色男ボンドやそのボンドに絡むボンドガールには退場していただき、ヒロインが戦う新シリーズとする。但し、いきなり新シリーズでは観客もついてこれないのでジェイムズ・ボンドには暫く引き継ぎで出演してもらう。そういう事だろう。

 私は楽しみである。ラシャーナ・リンチ氏の活躍に期待。彼女はまだ31歳、大幅な若返り、当たれば10年以上は007で奮闘してくれると面白い。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
こんばんわ。

お久しぶりです。007の話題がでてうれしいです。

次代のボンドは黒人か(イドリス・アルバ)と騒がれた一時期もありましたが、かなりの抵抗があったようで、その後でこの女優をもってきたのには驚きました。ヘンリー王子の妃のメーガン効果じゃないですかねえ。

でも、発表された文章をよーくみると、Mが「007入れ」というとこの女性がドアをあけて入ってくる、というものだけで、プロデューサーのブロッコリ一家が正式にこの女優さんがなります、と言っているわけじゃないんですよね。
恐らく何かの事故かエピソードがあって、この女性が007を一作で退任、その後白人男性がボンドも007も継承するって寸法じゃないかと思うんですよね。話題作りのためのアフリカ系女優起用って気がしますねえ。
[ 2019/07/19 19:01 ] [ 編集 ]
お久しぶりです、A君。

 たぶん、A君の推察も含め様々な選択肢を考えながら考えているでしょうね。

 ただスターウォーズを例にとっても判るように、男性ヒーローよりも女性ヒーローがウケやすい世の中になりつつあります。一度出したアフリカ系女性007を引っ込めるのは厳しいかもしれませんよ。

> こんばんわ。
>
> お久しぶりです。007の話題がでてうれしいです。
>
> 次代のボンドは黒人か(イドリス・アルバ)と騒がれた一時期もありましたが、かなりの抵抗があったようで、その後でこの女優をもってきたのには驚きました。ヘンリー王子の妃のメーガン効果じゃないですかねえ。
>
> でも、発表された文章をよーくみると、Mが「007入れ」というとこの女性がドアをあけて入ってくる、というものだけで、プロデューサーのブロッコリ一家が正式にこの女優さんがなります、と言っているわけじゃないんですよね。
> 恐らく何かの事故かエピソードがあって、この女性が007を一作で退任、その後白人男性がボンドも007も継承するって寸法じゃないかと思うんですよね。話題作りのためのアフリカ系女優起用って気がしますねえ。
[ 2019/07/22 13:42 ] [ 編集 ]
「考えながら」「考えている」などと変な日本語になってしまった。
[ 2019/07/22 13:43 ] [ 編集 ]
19/07/27付けコメントについて。

 申し訳ありませんが「当ブログの利用について〔1〕」を御覧ください。

 「しかしながら、基本的にコメントは受け付ける方針ですが、以下のコメントは躊躇なく削除されます。

・記事内容とは関係の無いコメント、あるいはコメントの文面だけでは記事内容との関連性が確認できない場合。
・本名もしくは筆名・ハンドルネームが無い、または私の感覚で名前とは確認できない場合。
・記事内容を誤解曲解し見当違いのコメントをした場合。
 
 削除された方は以上3つの項目に該当してしまったと御理解ください」

誠に残念ですが、「本名もしくは筆名・ハンドルネームが無い」に該当しますので削除いたします。
[ 2019/07/28 04:14 ] [ 編集 ]
うっかり名前を忘れてしまいました。失礼いたしました。
[ 2019/07/28 10:11 ] [ 編集 ]
A君へ。

A君かもしれないとは思いましたが、自分で設けた規約を自分で破る訳にはいきませんので。

> うっかり名前を忘れてしまいました。失礼いたしました。
[ 2019/07/29 01:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
81位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク