FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

陣内智則 近頃の現象[十五] 

陣内智則藤原紀香の結婚、
あれは夢だったのか?

  
 女優の藤原紀香さん(37)とお笑いタレントの陣内智則さん(35)が近く離婚することが19日分かった。仕事でアフリカ滞在中の藤原さんが帰国次第、離婚届を出す予定であると所属事務所が明らかにした。(毎日新聞)
  
【雑感】また不景気な話題か! いいかげんにしろ!
  
 陣内智則氏よ、つかの間にせよ、ええ夢見れて良かったなぁ。と、言いたいところだが、単純に考えて、あれだけ大騒ぎして感動的な結婚式をやって、京阪神では一種の祝日のような騒ぎだったのに、不景気な話題はもう沢山じゃ、という気持ちだ。

 結婚という行為は両性の合意で決するのが基本だが、そもそも何故結婚するのか、その意味を考えなければならない。
 ただ愛し合って結婚するのか、といえばそれだけではない。愛情だけならば男と女が愛し合うだけでかまわないのであり、別に結婚という手続きを無理にする必要も無いし、男女が一緒に住む必要もない。現に古代の日本では通い婚で、男が女の家を訪問するスタイルだった。

 結婚という手続きをなぜ踏むのか、それは子供をつくり家庭を営むに便利だからだ。
 何が便利なのか、近頃は一部フェミニストが家族制度を否定する論調もあるが、現在の社会制度や法体制の中で子供をつくり育てていく事を考えたら、家庭を構成する必要があるし、それには法的に結婚する事が有利だからだ。結婚もせずに子供をつくって育てていくと、様々な法的権利面で弱い部分が出てくる。
 また仕事面でも結婚する事が社会的信用につながる。現に紀香嬢は仕事が増えていた。陣内氏の吉本でのポジションもどちらかといえば上向きになっている。
 つまり結婚というのは、愛情だけでなく利害関係も重要な問題なのである。

 結婚というのは、男と女2人が契約して終了という問題で済まされる傾向が強いが、現実問題としてそれでは済まない。双方の血縁者や親戚との付き合いが生じる。芸能人・著名人・地域の名士となれば、地域経済にも影響してくる。陣内紀香の結婚は、あまりにも話題性がありすぎた。まるで祝日のような騒ぎとなり、京阪神に与えた経済効果は小さくはない。
 ようするに、2人だけの問題ではあるべきかもしれないが、利害の連鎖関係上は物理的にそれでは済まないのだ。

 双方に身内がいる。双方に所属事務所がある。陣内の頭を叩けば陣内家や吉本や芸人仲間の頭を叩く事になる。紀香の頭を叩けば藤原家や所属事務所や芸能人仲間の頭を叩く事になる。結婚することによるメリット・デメリット、離婚することによるメリット・デメリット、社会的影響力が大きければ大きいほど2人の問題に限定される事はありえない。
 
 報道各社から伝わる双方の言い分を鑑みると、陣内サイドが調子に乗り過ぎ問題を軽視していた事で紀香サイドもしくは紀香の支持者勢力が強硬手段に出たと観るほうが自然か。当事者2人はまだ公にする気は無かったろうから。  


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2009/03/20 10:59 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
84位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク