ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「硫黄島からの手紙」 絶望から脱出しよう〔1〕  

硫黄島からの手紙」 
ハリウッド臭さの無い秀作

 

 
【原題】LETTERS FROM IWO JIMA
【公開年】2006年  【制作国】亜米利加  【時間】141分  
【監督】クリント・イーストウッド
【原作】栗林忠道 吉田津由子
【音楽】カイル・イーストウッド 、マイケル・スティーヴンス[音楽]
【脚本】アイリス・ヤマシタ
【言語】日本語 一部イングランド語   
【出演】渡辺謙栗林忠道陸軍中将) 二宮和也(西郷昇一等兵) 伊原剛志(男爵西竹一陸軍中佐) 加瀬亮(清水洋上等兵) 裕木奈江(西郷花子) 中村獅童(伊藤海軍大尉) 渡辺広(藤田正喜陸軍中尉)
 
【成分】悲しい スペクタクル 恐怖 切ない 戦争映画 第二次大戦 1945年 硫黄島 
 
【特徴】硫黄島2部作の日本編。クリント・イーストウッド監督自身が語っているように、これは「日本映画」である。アメリカ映画史上初のキャスト大半が日本人で日本語台詞、しかもハリウッド臭さが無く、ほぼ正確な日本軍描写がなされている。加えてハリウッド映画的リアルで生々しい戦争描写が鑑賞者に少なからず旋律を与えている。
 日本公開当時、良質な反戦映画として受け止められ、上映をきっかけに硫黄島に関連する書籍が相次いで出版され、各地ではシンポジウムや反戦集会まで行われた。
  
【効能】西郷一等兵の視点に感情移入することで戦争の恐怖を疑似体験できる。平和のありがたさを実感するにまたとない教材。
 
【副作用】自決の場面などはリアル過ぎてトラウマになるかもしれない。

下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。
日本側の視点を比較的正確に描いている。
 
 この作品は史実を良く調べ丁寧にほぼ正確に描いている。戦闘場面も実に汗と血と腐臭が漂ってきそうな臨場感があった。
 比較しやすい作品として昨年公開の「男たちの大和」をあげやすい。舞台となる時代・死地へ甘んじて飛び込む主人公たち・リアルな戦闘場面・上官が部下を虐待する場面など共通点が非常に多いが、アメリカがつくると何故こうも生々しくなってしまうのか。
 今回の第2部で演じている役者の大半は日本人であり台詞も殆ど日本語である。だから俳優の演技力の差ではない。アメリカと日本とでは映像の作り方が違うのか? 戦争に対する認識が違うのか? 
 
 もしこの映画の監督が日本人であり日本が制作国だったら、もう少し綺麗な映像になり、感動と涙を誘う劇的な場面と台詞が用意されてお茶を濁してしまうだろう。制作国がアメリカで良かったと思う。
 よく言われる事だが、ハリウッドがアジアを舞台にする映画は駄作が多かった。民族性や文化などの誤解や曲解が多く、演じているアジア人の欧米人的物腰が鼻についた。舞台が中国であれ日本であれ台詞も英語だらけというのが気に入らなかった。今回の作品はそれが殆ど無い。
 
 蛇足を言うと、日本側パンフレット制作者のミスだが、中村獅童が扮する伊藤中尉、あれは海軍大尉である。はっきりと海軍第三種軍装の襟に真中金一本線に桜3つの海軍大尉の階級章が見える。英語の「ルタナン」は陸軍では少尉や中尉の意味だが、海軍では大尉である。残念ながら、訂正されることなく現在も誤った表記のままのようだ。(余談1)
 
(余談1)伊原剛志氏扮するバロン西が自決するとき、「俺のライフルをよこせ」と部下に命じる場面がある。最初、大日本帝国陸軍の将校が「ライフル」などとカタカナ語を言うだろうか、と引っかかったが、よく考えれば西竹一中佐はアメリカかぶれで有名、作中でも描写されているように英語も堪能、しかも作中では陸軍らしく坊主頭だったが、実際は当時の陸軍にいて七三頭だった時期もあり、かなりの型破りぶりだ。だから「小銃」ではなく「ライフル」と言ってしまうのは有りかもしれない。
 それにしても、男爵という華族の身分でオリンピック金メダリストの英雄となれば、上官も苦々しく黙認するしかなかったのか。もっともかなり煙たがられていたのは事実だ。
 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆☆ 優
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆☆ 名作

 
【受賞】アカデミー賞(音響賞(編集))(2006年) ゴールデン・グローブ(外国語映画賞)(2006年) LA批評家協会賞(作品賞)(2006年)
   
晴雨堂の関連作品案内
硫黄島からの手紙 オリジナル・サウンドトラック
父親たちの星条旗 [DVD]
父親たちの星条旗 [Blu-ray]
  
晴雨堂の関連書籍案内
栗林忠道 硫黄島からの手紙栗林 忠道
栗林忠道からの手紙 硫黄島指揮官がいま私たちに問いかける、「忘れられていた日本人という生き方」 (講談社MOOK 週刊現代ムック)
   

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://seiudomichael.blog103.fc2.com/tb.php/32-e84d6518

 『アメリカのきもち、日本のきもち、同じきもち―』  コチラの「硫黄島からの手紙」は、「父親たちの星条旗」に続く「硫黄島」2部作の第2弾、日本側の視点で硫黄島の戦いを描いた作品です。  決して届く事のない手紙をこの島で戦った日本兵たちが、家族に宛てて書き...
[2009/10/15 19:18] ☆彡映画鑑賞日記☆彡
日本映画界では作れない、しかし日本が作らなければならなかった映画であり、クリント・イーストウッド監督を始めとするアメリカ人がこの映画を作ったことに感服してしまった素晴らしい作品でした。 改めて硫黄島の戦いのことを何も知らない自分を恥じるとともに、現在こ...
[2009/10/15 20:12] めでぃあみっくす
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2006年アメリカ映画 監督クリント・イーストウッド ネタバレあり
戦争映画が苦手で、今まできちんと観た事がない。残念ながら『父親たちの星条旗』も未見だが、これは是非とも観たいと思い劇場へと足を運んだ―【story】1945年2月19日。米軍の上陸とともに始まった硫黄島戦。米軍が5日で陥落すると思っていたこの硫黄島を、乏しい戦力で3...
劇場スタッフの方いわく「こんなに混むのは久しぶり」という賑わいです。どうもこの作品と「NANA2」「デジモン」そして先週末から公開されてる「武士の一分 」「007 カジノ・ロワイヤル」あたりの観客動員が好調みたいですね。この映画に関してはTVで関連ドラマややイ?...
[2009/10/15 21:30] カノンな日々
'06年、アメリカ映画原題:Letters from Iwo Jima監督:クリント・イーストウッド脚本:アイリス・ヤマシタ、ポール・ハギス製作総指揮:ポール・ハギス製作:スティーブン・スピルバーグ、ロバート・ローレンツ、クリント・イーストウッド原作:栗林忠道撮影:トム・スタ...
[2009/10/15 22:46] レザボアCATs
(原題:Letters from Iwo Jima) ※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----「硫黄島」2部作「第2弾」。 クリント・イーストウッドが日本人俳優を使って描く戦争映画。 敵国の軍隊を描くなんて、 ?...
[2009/10/15 23:28] ラムの大通り
あらすじ戦況が悪化の一途をたどる1944年6月アメリカ留学の経験を持ち、西洋の軍事力も知り尽くしている陸軍中将の栗林忠道(渡辺謙)が本土防衛の最後の砦ともいうべき硫黄島へ。指揮官に着任した彼は、長年の場当たり的な作戦を変更し西郷(二宮和也)ら部下に対す...
クリント・イーストウッド監督の硫黄島二部作の二本目。 日本側から見た戦争のお話。 戦争映画苦手なひらりんとしては、 覚悟してみなくちゃいけません・・・。
日米双方の視点から描く2部作で、  [父親達の星条旗]に続く第2弾目。  今回は日本軍からの視点で描いた硫黄島の真実。  第1弾の「父親たちの星条旗」と同様、  戦闘シーン、爆撃シーンは、迫力があって  臨場感たっぷりです。  前作と同じ場面もあって、 2...
[2009/10/16 00:19] 花ごよみ
「父親たちの星条旗」 に続く、「硫黄島二部作」の第二弾。 太平洋の小さな孤島を巡る戦いを、アメリカ側の視点、日本側の視点でそれぞれ一...
映画館にて「硫黄島からの手紙」 クリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」に続く硫黄島二部作第二弾は日本側の視点から描いた作品。 1944年6月硫黄島に着任した栗林忠道陸軍中将(渡辺謙)は、早速硫黄島を自分の足で一周する。地形を観察し、体罰を振るう?...
[2009/10/16 22:41] ミチの雑記帳
米国人であるクリントイーストウッド監督が 『父親たちの星条旗』と対にして、硫黄島の戦いを日米双方から描いた第二弾。         世界に先がけての日本公開。 先に観た『父親たちの星条旗』の方は良かったながらもピン"と来ない部分もあったものの、 日本側から?...
「星条旗」とこの「硫黄島」でイーストウッドが描きたかったのは、戦争の悲惨さはもちろんですが、それ以上に否応なく戦争に巻き込まれてしまった人間達の生き様だと思いました。
[2009/10/24 14:27] 夫婦でシネマ
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
80位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク