FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「不都合な真実」 家族と一緒に考えよう 1  

不都合な真実」 
環境問題を
判り易くエンターテイメントに講義。

 

 
【公開年】2006年  【制作国】米映画  【時間】96分  【監督】デイヴィス・グッゲンハイム   
【出演アル・ゴア
 
【成分】ヒューマン度60% 絶望度40% 
 
【効能】難しい環境問題を判り易くエンターテイメントに講義をするので、説得力があり聞き心地よい。
 
【副作用】説得力が強過ぎるのでゴア氏の主張を妄信する可能性がある。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。 環境運動家は宣伝の手本とするべきだ。
 
 この作品については賛否あるようだが、少なくとも「宣伝工作」の技術という観点から評価すると、期待以上の素晴らしい出来だった。環境問題関係の集会に何度か参加したり、私自身が実行委員長として集会を仕切った事があったが、殆どの集会で構成と演出とプレゼンテーションの稚拙さに歯ぎしりしたり、自己嫌悪になってしまう。そういう意味で、この映画は環境保護の運動家諸氏にとってもプレゼンテーションの教科書となる映画なので是非観ておくべきである。
 
 アメリカ人のアル・ゴア氏だからできた映画とも言える。学生の頃から環境問題に取り組んできただけでなく、政治家ゆえに話術も達者であり、副大統領という元首級の地位にも立った事から国家の重要な機密にもアクセスでき、時折笑いを誘い状況を噛み砕いて説明する様は実に勉強になる。さらに世界的ショービジネスのアメリカ、世界的映画産業のアメリカ、深刻な問題でさえも世間に劇的な形で魅せるということを熟知している。
 
 しかし、こんなにも巧くまとまった映画なのに、映画館に入ると観客が少ない。しかも環境問題に関心を持っていそうな雰囲気の人々ばかりだ。日本の映画業界に急遽ねじ込むように全国公開するという事だけでも、アル・ゴア氏らの政治力の強さの証明でもあるが、他の映画のようにCMで流す訳にはいかない。
 アル・ゴア氏でさえもなかなか苦労している訳だから、日本の環境保護運動家たちは構成・演出面にもっと気合を入れて気遣いをするべきだろう。どうしたら自分達の話を「聞いていただけるのだろうか」と。
  
 最後にアル・ゴア氏の主張のどこまでが正確でどこまでが不正確なのかは、観る側はじっくりと資料を集め判断するべきだ。素晴らしい説得力に感情移入し過ぎて、アル・ゴア氏の主張が100%正しいなどと短兵急に判断することは、逆に対立する勢力から足をすくわれることになるからだ。
 受け売りで行動せず、自分で考え自分の意思と意志で行動するのが大切である。
  
晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆☆ 優
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆ 佳作
 

晴雨堂の関連書籍案内
不都合な真実 (大型本)
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
5位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク