FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「スターシップ・トゥルーパーズ3」 社会を冷笑したい時に〔20〕

スターシップ・トゥルーパーズ3」 
ヴァーホーヴェンの黒い冗談炸裂!

 

 
【原題】STARSHIP TROOPERS 3: MARAUDER
【公開年】2008年  【制作国】亜米利加  【時間】105分  
【監督】エド・ニューマイヤー
【制作総指揮】ポール・ヴァーホーヴェン
【原作】
【音楽】クラウス・バデルト イーアン・ハニーマン アンドリュー・レイハー
【脚本】エド・ニューマイヤー
【言語】イングランド語
【出演】キャスパー・ヴァン・ディーン(ジョニー・リコ大佐)  ジョリーン・ブラロック(ローラ・ベック)  ボリス・コジョー(ディックス・ハウザー将軍)  スティーヴン・ホーガン(総司令官オマー・アノーキ)  アマンダ・ドノホー(エノロ・フィド提督)  ステリオ・サヴァンテ(-)  マーネット・パターソン(-)  セシール・ブレシア(リコの副官)  キャサリン・オクセンバーグ(-)
     
【成分】笑える スペクタクル パニック 不気味 スプラッタ 勇敢 かっこいい 戦争映画 SF キリスト教 
         
【特徴】ポール・ヴァーホーヴェン氏の暗黒ジョークが帰ってきた。これこそ「スターシップ・トゥルーパーズ」の真骨頂である。ただ、第1作より予算が少ないので、壮大なスケールを描写するには至っていない。ジョークを楽しもう。
  
【効能】まさに娯楽戦争活劇の体を装いながらの現代社会風刺。社会を嘲笑ってストレス解消。
 
【副作用】グロテクス描写多々あり。蟲が恐くなってしまうかも。反戦主義者の中で、生真面目な性格に加えて冗談を解する余裕のないタイプの人間にとっては不愉快な内容。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。  
やっと、パワードスーツが登場。
 
 右翼SF作家として知られるロバート・A・ハインライン氏が放つ「宇宙の戦士」、軍国主義讃美にしか見えない作品世界を忠実に映画化すると見せかけながら、ヴァーホーヴェン監督お得意の風刺をきかせ、作品世界だけでなく現代社会を茶化し嘲笑う、これが映画「スターシップ・トゥルーパーズ」の魅力だと思っている。
 その正統な続編というべき作品がこの「スターシップ・トゥルーパーズ3」だ。(余談1)

 「前回」で少尉になったリコが大佐となって登場、渋い大人の貫禄を出すためか、一昼夜ほど髭を剃らずにおいた程度に顔を浅黒くしている。しかし偉くなっても基本的にやっていることは変わりない。最前線に出て部下と一緒に銃撃戦をやるマッチョで損な役割だ。違うことといえば、将軍や提督クラスの高級軍人とさしで話ができる事と、副官の女性が「前回」ではクラスメイトだったのが、今回は常にへりくだって接する女性将校になっているくらいか。(余談2)

 原作で登場するパワードスーツ(簡単にいえばガンダムのモビルスーツみたいなモノ)が1作目では割愛されていた。今回は登場するので期待していたファンも多かったようだが、残念ながら私は大いに不満だった。予算も「前作」の5分の1程度だから、全体的に映像面で見劣りする。
 しかし物語はヴァーホーヴェン氏独特の痛快な皮肉とブラックジョークのオンパレードだ。

 総司令官がトップ人気アイドル歌手として市民を鼓舞するコンサートを行う。軍服を着た容姿端麗の女性士官たちがバックダンサーを務め、ステージ中央で「今日は死に日和」を歌う総司令官の目つきがオードリーの春日に似ていて面白い。
 そういえば「マルコムX」で主人公マルコムの過激発言に師が「大統領はアメリカのアイドル。けなしたらアメリカ人を敵に回す」と注意する場面があった。本作の総司令官は軍のトップシークレットを知らされていない。そういえばアメリカ軍総司令官は大統領だ。暗にアメリカ大統領を意識しているのか?

 軍事政体に反対する平和運動家たちはベトナム帰還兵ぽい人や神への信仰に目覚めた人々で、一様に頑迷で狭量で狂暴で時代錯誤的で狂信的な人物のように描写されているのが特徴。彼らはことごとく逮捕、カメラ目線でキメポーズをとる執行官の手によって公開処刑される。
 キリスト教らしき宗教は平和運動家の拠り所であり、政府にとっては反政府の温床でいかがわしい迷信だったが、ラストでは権力によってとりこまれ新たなる洗脳装置として動き出す。まるでローマ帝国とキリスト教のような関係だ。(余談3)

 ヴァーホーヴェン氏はヨーロッパ文明が生み出した「正義」の虚しさを、おもいっきり笑いながら嘲る。

(余談1)続編といえば2作目もあるが、あれは続編ではないと私は思っている。設定こそ1作目を踏襲しているが、軍国主義讃美の体で社会を皮肉り笑い飛ばすのが映画「スターシップ・・」の魅力だったのが2作目には無い。古典的なパラサイト物ホラーに過ぎず、ラストは糞真面目の平凡な軍国主義批判らしい描写がなされる。ハインラインの世界でもヴァーホーヴェンの世界でもなく、ありふれたB級SFだった。
 どのような事情であれ、私は「2」を続編とは認めていない。したがって、本作の「前作」はあくまで1作目を指す。詳しい理由は「2」の作品レビューで述べた。

(余談2)大佐ともなれば、かなりのお偉方。指揮官というより司令官なのだが、映画やアニメで登場する大佐は軽い。
 警察で大佐に相当する階級は警視正、警察署長クラスだ。一般の大手企業では部長や工場長クラスだ。

 リコの副官を務めている女性中尉はセシール・ブレシア氏が演じているが、あまり聞かない名前だ。アスリートのような体格にやや下手な演技、キメのカメラ目線顔、モデルあがりだろうか? 話し方もどこかドイツ語訛りがあるような。
 ヒロインの艦長ほどではないにしても、もう少し主人公リコに絡んでも良いポジションとキャラクターのはずで、役名もキチンと名前と苗字があった。なのにイマイチ活躍の場面が少なく部下Aといった感じだ。ヨーロッパ出身の有名人がハリウッドデビューしたのかな?
 
(余談3)2世紀ごろの全盛期ローマ帝国は、キリスト教をいかがわしい迷信を信仰するカルト教団と扱っていた。歴代の皇帝たちは些か鬱陶しいが取るに足らない存在と見ていたようだ。
 ところが3世紀に入って政治的に混乱し軍事的には弱体化、ゲルマン民族の侵入を許し治安の悪化と経済の疲弊をまねくと、次第にキリスト教は勢力を拡大していく。3世紀の皇帝たちは内政の建て直しに熱心であればあるほどキリスト教に対し弾圧を強める。
 ところが4世紀の皇帝たちの殆どは逆にキリスト教を権力機構に取り込み、4世紀末には信仰の自由を禁止して人心を支配するようになる。中世暗黒時代の始まりだ。
 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆ 可
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆ 佳作

  
晴雨堂関連作品案内
スターシップ・トゥルーパーズ [DVD] ポール・バーホーベン
 
晴雨堂関連書籍案内
宇宙の戦士 (ハヤカワ文庫 SF (230)) ロバート・A・ハインライン
 
晴雨堂関連処方箋案内



 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://seiudomichael.blog103.fc2.com/tb.php/349-f7cc61c9

「スターシップ・トゥルーパーズ 3」

ポール・バーホーヴェン監督の「スターシップ・トゥルーパーズ」は大好きで、続編のB級作品「スターシップ・トゥルーパーズ 2」も映画館で観...

「スターシップ・トゥルーパーズ3」

「スターシップ・トゥルーパーズ3」、観てました。 「スターシップ・トゥルーパーズ」のパート3。凶悪な宇宙昆虫と人類の死闘を描くSF...

『スターシップ・トゥルーパーズ3』

(原題:Starship Troopers 3 : Marauder) ----まさか、このシリーズがこんなに続いていくとは思わなかったニャあ。 「だよね。日本のホームページには『完結』の文字が踊っているけど、 ぼくにはまだまだ続きそうな気がするね」 ----これって、けっこう好戦的な映画だっ...

ST3/スターシップ・トゥルーパーズ3

最強の敵には最強の兵器で立ち向かえ!__地球連邦軍が究極の決戦兵器を投入!! コアなファンを持つ「スターシップ・トゥルーパーズ」シリーズの第3弾。寄生型バグとの戦いを描いた前作はやや地味な印象だったが、今作は1作目の精神に立ち返り、人類とバグスとの壮絶な...

スターシップ・トゥルーパーズ3

スターシップ・トゥルーパーズ3 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)確信犯的B級テイストにファンが多いSFシリーズの3作目。昆虫型生命体バグズと人類の死闘を描く。超駄作の第2作を払拭するため、1作目の主人公が返り咲くが、その割には活躍度は低い。?...

スターシップ・トゥルーパーズ3 - Starship Troopers 3 - (個人的評価:★★★)

ハプニングとハシゴでようやく「スターシップ・トゥルーパーズ3」を観てきました。 このシリーズの面白いところは独特の「世界観」にあ...

 | HOME | 

文字サイズの変更

映画処方箋一覧

晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。

下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。

メールフォーム

晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター

2007年10月29日設置

当ブログ注目記事ランキング

当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。

設置2013年6月13日

ブログランキング

下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。

  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
75位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
39位
アクセスランキングを見る>>

タグランキング

晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。

訪問者閲覧記事

最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

晴雨堂ミカエルのtwitter

最近、ようやくツイッターの使い方が解ってきた。

FC2各種サービス

アフィリエイト・SEO対策

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

晴雨堂お薦めツール 

   

提携サイト・・旅行

現在、工事中。

提携サイト・・映画・アニメ

提携サイト・・書店

 

提携サイト・・アウトドア

登山・旅行・チャリンコなど、関連グッズ販売のサイトを紹介します。

   

提携サイト・・健康用品

提携サイト・・雑貨

提携サイト・・和装

和服姿になれば、気分は時代劇ヒーロー・ヒロイン。

晴雨堂お薦めスタンダード麦酒

晴雨堂が薦める比較的手に入り易い麦酒です。

晴雨堂から、お知らせと呟き

諸君!また一年、生き残りましょうぞ!

ミカエル晴雨堂提携サイト案内

   

designed by たけやん