FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

豚インフルエンザ(5) 近頃の現象[四十] 

違うウイルス?栄養不足で?
死者はメキシコだけ、深まる謎

 
 メキシコを中心に新型インフルエンザが世界各地に広がる中、同国だけでなぜ犠牲者が増えるのか、専門家の間で謎が深まっている。(読売新聞)
 
 
【寸感】メキシコは既に発生して時間が経っていて感染者も千人単位、他の国も感染者が数百人単位になればどうなるか。
 もう少し経過を見なければ専門家でも判らないだろう。

 メキシコは貧しい国といわれてはいるが、そこそこの経済力を持った国である。嫌な言いかただが、エボラ出血熱で苦しめられたアフリカのコンゴなどに比べたら経済大国である。
 
 だが、貧富の差は極めて大きい。日本であれば稚内から西表島まで、特に生活水準に著しい差は無い。行政サービスにも大きな差は無い。メキシコへ放浪した知人の話によれば、日本と同じような生活を享受できる大都会がある一方で原始時代のような生活を甘んじている貧困地域もあるそうだ。
 
 90年代初めだったと思うが、メキシコ最南部の州で活動を展開しているサパティスタ民族解放軍の話題が日本のマスコミにも載った。対外的にはマルコス副司令官と名乗る人物が目出し帽姿で現れて、先住民への民族差別を糾弾し、アメリカを中心とするグローバリゼーションに抵抗する勢力であることを饒舌に語っていたように記憶している。(余談1)
 
 政府の管理が行き届いた日本には民族解放軍や梁山泊を建設する余地が無い。作ってもカルト的な支持しか集められない。今回の大不況、いつもならサヨクや護憲派に支持が集まるはずなのに、今のところそのようにはなっていない。ということを考えれば、メキシコの貧困地域は相当に酷い状態なのだろう。
 
 メキシコは比較的経済先進地域である北部と、後進地域である南部があり、今回の豚インフルは南部を中心に被害が拡大している。

(余談1)目出し帽で目だけしか判らないが、マルコス副司令官は明らかに白人だ。
 従来の偏狭サヨクとは一線を画す運動で世界中の市民運動勢力から支持を集めている。日本の護憲派市民の間でも注目されていた。
 
 
晴雨堂関連作品案内
現代メキシコ社会の一風景が描かれている映画だ。残念ながら日本でDVDが観れる作品は限られている。もっと紹介したい作品があるのだが。たとえば、「悲しみのバイオリン」なんか名作なのだが。
  
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2009/04/29 14:04 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
73位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク