FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「力道山」 絶望から脱出しよう 5  

力道山」 
痩身の薜景求氏(ソル・ギョング)、
見事にレスラー体型へ変身。

 

 
【公開年】2004年  【制作国】韓国  【時間】149分  【監督】ソン・ヘソン  
【特別協力】百田光雄(力道山の実子)   
【出演】薜景求力道山)  中谷美紀(綾)  藤竜也(菅野武雅)  萩原聖人(吉町譲)  鈴木砂羽(沖浜子)  盧ジュノ(金一・大木金太郎)
 
【成分】泣ける 悲しい 切ない 激しい プロレス 在日コリアン
 
【特徴】演技派俳優として知られる痩身の薜景求(ソル・ギョング)氏が見事にレスラー体型へ肉体改造し、流暢な日本語で力道山を熱演。終戦直後の日本の下町風景をほぼ再現。
 
【効能】力道山から不屈のバイタリティとパワーをもらえる。
 
【副作用】韓流に嫌悪を抱く人、保守右翼には不快感。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。  
ソル氏の力道山ぶりを観たかった。
 
 「実尾島(シルミド)」のときは痩身の薜景求ソル・ギョング)氏がどう力道山を演じるのかが楽しみだった。元関脇力道山は逆三角形のソップ型力士で、顔も体型も似ていない薜景求氏はどうするのか?
 
 結論をいうと、さすが名優だった。日本語台詞も悪くないし、些か棒読み的なところはあるが、そこはかえって力士らしい。なにより体型を変えたのは素晴らしい。どうみてもいかついレスラーだ。私はこの薜景求氏の演技だけでも観る価値はあると思っている。
 
 それに韓国映画人は力道山を素材に選ぶ気になったものだと、時代の変化を感じる。何故なら、韓国では在日韓国人を「半チョッパリ(半分日本人)」と呼んで差別する。特に日本の芸能界やスポーツ界で「日本人」として活躍する在日韓国人にはある種の不快感に近い違和感を持つこともある。たぶん、薜景求氏は韓国メディアから「何故、力道山を演じるのか?」と疑問を投げかけられたのではないか。
 
 世間はこの作品に対して露骨に拒絶反応をする方と、「新しい発見」を素直に受け止め肯定する方と真っ二つに分かれる。差別云々は別にして、事実として日本の芸能界・スポーツ界は在日韓国朝鮮人で成り立っているといっても過言ではないくらいだ。カミングアウトした俳優・スポーツ選手だけでも、伊原剛志氏や岩城滉一氏・和田アキ子氏・都はるみ氏・徳山昌守氏と、これだけ思い浮かぶ。カミングアウトをしていない著名人はもっと大勢いるのだ。
 
 語弊を恐れずにいえば、これはある種の自然法則だ。イギリスでもビートルズやU2をはじめ多くのアイリッシュが芸能や文学などで活躍している。アイリッシュの母国アイルランドも一時期イギリスに併合されていた。アイリッシュとイギリスの立場は、日本と韓国の立場に近い。不利な立場であるアイリッシュも韓国人も、イングランド人や日本人以上に突っ張って生きていかなければならなかった。
 日本でいう平凡な生活、すなわち普通にそこそこの学校を出てそこそこの企業でサラリーマンを務めて定年を全うする道に狭き門が設けられていたら、自分の才能と力を信じて「自営業」「フリーランス」の道で勝負する人が増えていくのは当然だろう。その結果が芸能やスポーツでの活躍だ。「力道山」はこれら歴史の一部分を切り取って作品化したものでもある。
 
 「力道山」に拒絶反応を示す人々が思っているほど、在日韓国朝鮮人の立場は安穏ではない。むしろ祖国からも日本からも差別されている。そろそろ冷静に作品を楽しんでいく時代ではないかと思う。
  
晴雨堂関連書籍案内
悪役レスラーは笑う―「卑劣なジャップ」グレート東郷 (岩波新書 新赤版 (982)) 森達也
「在日コリアン」ってなんでんねん? (講談社プラスアルフア新書) 朴一


ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://seiudomichael.blog103.fc2.com/tb.php/40-16ffaeba

 演歌歌手の都はるみ(59)が14日、来年24年ぶりに座長公演を行うことを都内で発表。  自身の半生をつづった人情劇と歌謡ショーの2部構成で、「一からはじめる気持ちで頑張りたい」。1月の名古屋・中日劇場を皮切りに、3月に東京・新宿コマ劇場、6月に大阪...
[2007/11/15 19:24] Newsエンタメ/デジタル
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
5位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク