FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

世襲議員(3) 近頃の現象[五十三] 

「世襲は制度ではない」
小泉元首相、地元で反論

 
 小泉純一郎元首相は18日、神奈川県横須賀市本町で開かれた自民党横須賀市連合支部大会で講演し、「世襲は制度ではない。政治家は有権者に選んでもらわない限り、議員にはなれない」などと、世襲批判に強く反論した。(読売新聞)
  
【雑感】たしかに、その通りだろう。小泉家が小泉純一郎氏を国会議員に任命したのではない。国家の主権者たる国民によって議員に選出されたのだ。世襲を認めたのは国民である。国民は、なんだかんだと言いながら世襲でないと納得できない性分なのだ。ジバン・カンバン・カバンだけの利害問題ではない、生理的な問題も強いと思う。
 
 
自民党は時代劇の世界だ。

 似たような現象に、時代劇でお馴染みの江戸町奉行がある。トップの町奉行は今の大臣ほどではないにしてもよく変わったが、下で働く与力同心は生涯奉行所の役人だ。
 その与力同心、実は世襲職ではない。与力は旗本の格式、同心は御家人の身分だが一代抱えといって、子々孫々将軍家に仕える旗本を永代雇用とすれば与力同心は一代雇用、強引な例えだが終身雇用の正社員と一応社員の身分を与えられているが契約期間が設けられている契約社員・請負社員の開きがある。
 
 江戸市中の民政を担当する役人ゆえ、一代抱えの趣旨は人材を広く柔軟に取り入れるためでもあったと思う。与力同心は世襲職ではないから隠居する段に有能な人材を後釜に推薦するのだが、殆どが自分の息子を有能な人材として推薦したため、制度としては世襲ではけっしてないのだが事実上世襲となった。
 さらに職場の仲間内で姻戚関係を結んでいったから、幕末の頃には奉行所の侍たちは皆親戚という有様になった。
 自民党もその状況に近づきつつある。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/05/19 13:54 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
81位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク