FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「陰陽師 II」 ストレス解消活劇〔36〕 

陰陽師 II」 面妖野村萬斎 
 

 
【公開年】2003年  【制作国】日本国  【時間】115分  【監督】滝田洋二郎  
【原作】夢枕獏
【音楽】梅林茂
【脚本】滝田洋二郎 夢枕獏 江良至
【言語】日本語   
【出演】野村萬斎(安倍晴明)  伊藤英明(源博雅)  今井絵理子(蜜虫)  中井貴一(幻角)  深田恭子(日美子・安麻呂の娘)  古手川祐子(月黄泉)  伊武雅刀(右大臣藤原安麻呂)  
 
【成分】雅 不思議 勇敢 知的 コミカル 和製オカルト 陰陽道 平安時代 10世紀 平安京
 
【特徴】夢枕獏氏、岡野玲子氏のヒットによって、京都の晴明神社は女学生たちで賑わっているといふ。
 時は平安時代中期、オカルト聖地である京を舞台に、晴明と博雅のコンビが大活躍。前作とほぼ同じ展開でものがたりが進むが、博雅のひょうきんさと晴明の達観したシニカルさに磨きがかかっている。深田恭子氏が肌を魅せる場面あり?
 
【効能】雅とオカルトの世界とアクションの盛り沢山。皮肉屋晴明の人生観に学べきところあり。
 
【副作用】今回も陰陽道のうんちくを期待していた人には肩透かし。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。  
悪い意味で前作の焼き直しだ。
 
 結論を先に言ってしまうと、この「陰陽師 II」を第1作にして前作を2作目にするべきだった。物語の基本構成は殆ど同じ、シリーズ化であればそれも良いのだが、気をつけなければならないのはヒーローアクション路線にしてしまうと悪役の魅力が作品の良し悪しを左右する。

 前作の真田広之氏は些か良すぎた。鼻筋が通った端整な顔立ちに濃い髭、いかにも内に絶大な破壊力を秘めたキャラであり権謀術にも長けていそうな怪僧ラスプーチンのようなインパクトだった。ところが、今回の悪役中井貴一氏は善人顔であるうえに役どころも正味の悪役とは言いがたい要素があるため、単純なヒーローアクションとしては逆にインパクトを弱めてしまっている。悪役に多面性を持たせることで魅力を強くする手もあるが、単純なヒーロー物では極悪非道や脅威的破壊者にしたほうがスッキリする場合もある。多面的な悪役でいくのなら、中井貴一氏と多少顔のつくりが似ている「安全地帯」の玉置浩二氏のほうが病的な危うさが醸し出てよかったかもしれない。
 物語の展開も前作はモンスターと化した真田広之氏が内裏に乱入し皇室や朝廷がゴジラ来襲のような騒ぎになるが、今回は前作ほど差し迫った緊迫感が感じられない。前作では源博雅が命の危険に晒されるが今回は安倍晴明がその役どころを交代するぐらいだ。せめて深田恭子氏のセミヌードで商品価値を高めてほしいものだが、それも中途半端だった。(余談1)

 もちろん、前作よりよくなっている部分もある。漫画では晴明と博雅の掛け合い漫才が魅力だったが、この続編でもそれが安定してきた感がある。世間を知り尽くして達観している晴明と純朴で世間知らずの博雅のやり取りは面白くなっている。
 興味深いのは、今回の事件では朝廷が滅ぼした部族の怨念が都を揺るがすことである。お坊ちゃんの博雅は事の発端を知ろうと晴明に詰めより、晴明は優雅に書物を読みながら「知らない方がいい」といつもの小馬鹿にしたような態度で取り合わない。なおも詰め寄る博雅に渋々事情を話し博雅は事の発端が朝廷の侵略であったことに愕然として「聞かなかったことにする」と言って部屋を出て行く。晴明は薄笑いを浮かべて「知らない方がいいこともある」と諭す。
 
 現代の人権感覚や責任感ではとんでもないことだが、博雅は皇族から臣籍降下した貴族で三位の殿上人、晴明も陰陽道で朝廷を守る役所の博士で従四位下、もろに朝廷側の人間である。朝廷は悪だから革命やクーデターを起すとか、そこまで行かなくても辛辣に朝廷批判など、そんな発想は起きない。それどころか自分が置かれているポジション以外に生きる道など想像できる立場ではないのだ。(余談2)晴明はともかく、博雅も自分の役割や自分の分というものを把握し割り切っているところが人間臭い。作中の晴明もそれなりに知力と破壊力をもっていながら、国家を変えるとか世直しといった考えを最初から捨てているところに良くいえば冷徹さが描写されている一場面だろう。

 もし、3作目の企画があるとしたら、子供から中高生対象のヒーローアクションではなく、漫画の後半エピソードにもあるように少しアダルトな雰囲気で妖しい世界を描写してほしいものだ。魔女と晴明の頭脳戦などはウケると思うのだが。

(余談1)所属プロダクションはホリプロか? 問題のヌードシーンは胸のあたりをアップで見せていたから、代役を立てている可能性が高い。
 
(余談2)博雅と晴明がどれだけ偉いか、単純に江戸時代の有名人で2人に相当する官位を持った人の名をあげると、博雅とほぼ対等に話ができる人物は徳川御三家・御三卿の当主、水戸黄門や将軍になる前の吉宗だ。それでも官位は対等であるとはいえ博雅は天皇の血縁者だから敬意は表さなくてはならない。晴明と同じくらいの官位は、薩摩の島津家や仙台の伊達家といった国持ちの大大名が多い。あるいは大老を経験する大物大名、もしくは一般の大名に対して偉そうに指図した高家肝煎り吉良上野介。
 時代や社会体制が大きく異なっているので単純比較できないが、ようするに下々の者から見れば博雅はともかく晴明も雲の上の人なのである。
 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆ 可
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆ 佳作

 
晴雨堂関連作品案内
陰陽師 [DVD] 滝田洋二郎
陰陽師 1 [DVD] 稲垣吾郎主演
陰陽師 2 [DVD] 稲垣吾郎主演
陰陽師 3 [DVD] 稲垣吾郎主演
陰陽師 4 [DVD] 稲垣吾郎主演
陰陽師 5 [DVD] 稲垣吾郎主演
千年間秘された安倍晴明の謎を解く! 『陰陽師 秘術呪術大全』 [DVD] DVDマガジン
 
晴雨堂関連書籍案内
画集 陰陽師 岡野玲子
陰陽師 (1) (Jets comics) 岡野玲子
陰陽師 (2) (Jets comics) 岡野玲子
陰陽師 (3) (Jets comics) 岡野玲子
陰陽師 (4) (Jets comics) 岡野玲子
陰陽師 (5) (Jets comics) 岡野玲子
陰陽師 (6) (Jets comics) 岡野玲子
陰陽師 (7) (Jets comics) 岡野玲子
陰陽師 (8) (Jets comics) 岡野玲子
陰陽師 (9) (Jets comics) 岡野玲子
陰陽師 (10) (Jets comics)岡野玲子
陰陽師 (11) (Jets comics)岡野玲子
陰陽師 (12) (Jets comics)岡野玲子
陰陽師 (13) (Jets comics)岡野玲子


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
71位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク