FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「エド・ウッド」 絶望から脱出しよう 7  

エド・ウッド」 
ジョニー・デップの悲しくも楽しい喜劇。

 

 
【公開年】1994年  【制作国】亜米利加  【時間】124分  【監督】ティム・バートン     
【出演】ジョニー・デップエド・ウッド)  マーティン・ランドー(ベラ・ルゴシ)  サラ・ジェシカ・パーカー(ドロレス・フーラー)  パトリシア・アークエット(キャシー・ウッド)  ジュリエット・ランドー(ロレッタ・キング)  
 
【成分】笑える 楽しい コミカル 切ない 50年代
 
【特徴】史上最低の映画監督として評価が高い?エド・ウッドが最も輝いていた時期を映画化。まるでエド・ウッドがのりうつったかのようなジョニー・デップ氏の演技が楽しくさせる。映画を心から愛している映画オタク向き映画。
 
【効能】もはや才能が無いのは明らかなのに、めげずに活路を無理やり開いて、それなりに個性的な仲間を増やし、それなりの格好になっていくバイタリティは勇気づけられる。
 
【副作用】ダメ人間、勘違い人間の失敗を延々見せ付けられ退屈になる。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。

下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。 クリエイターなら感動する作品
 
 すっかりパイレーツの船長役がハマってしまったジョニー・デップ氏がアメリカ映画界で最低監督の烙印を捺された実在の人物エド・ウッドを演じた意欲作だ。
 
 おそらく、創作活動をしている方々(あるいはしていた方々)、自主制作映画や同人誌などで懸命になった事があれば、この作品の世界に感情移入できるだろうと思う。また「スパイ大作戦」や「スペース1999」のマーティン・ランドー氏(余談1)がドラキュラのベラ・ルゴシ役で怪演しているのも、特撮ファンにとっては嬉しい。そんな意味からも、主人公エド・ウッドに自分を重ね合わせてしまう人はいると思う。
 
 ハリウッドの映画が世界に影響を与えている理由の一つとして、分厚いアマチュア層の存在だ。その業界の規模と活気はアマチュアの多さで決まる。実際のエド・ウッド監督が制作した映画を観たことがあるがお世辞にも素晴らしいとはいえない。私ならもう少し巧く撮るぞと思ってしまうほどヒドイ。もっと厳しい事を言えば、素人が手抜きで撮ったような映画だ。ハッキリいって監督の才能は無い。文才も無いと思う。
 
 しかしそんなアマチュアにも「立派」な舞台を用意して機会を与えるアメリカの凄さを感じる。温かく応援する土壌がある。これが日本映画で物足りなさを感じる原因の一つかもしれない。が、日本でも世界に誇れる同様の業界がある。それは「漫画同人誌業界」オタクの世界だ。これら漫画アニメ文化・オタク文化は逆にハリウッドに影響を与えていることをもっと世間も理解してもらいたい。
 
 この映画は、一言でいえば映画オタクの青年の物語だ。デップ氏はそんな役をリアルに演じている。ひょっとしたら素でやっているのではないかと思えるくらいだ。
 
(余談1)ランドー氏の美しい娘も重要な役どころで出演している。髪の色はランドー氏譲りで黒、顔は母親譲りだ。
  
晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆☆ 優
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆☆☆ 金字塔

 
晴雨堂の関連書籍案内
エド・ウッド・コレクション
エド・ウッドサイテー映画の世界
エド・ウッド―史上最低の映画監督 ルドルフ・グレイ
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



どうもはじめまして、TBありがとうございます。

「エド・ウッド」いいですよね。
この映画が大好きで、かれこれ五回以上は観ています。

私もよく何かをやってみようと思うのですが、
いつも途中で投げ出してしまい、
「とりあえず作品(?)は完成させてなおかつ酷評を恐れず表に出しているエド・ウッドって結構すごいやつだったんだな」
と実感させられることが度々あります。
才能はともかく、彼のポジティブシンキングは見習うべきかもしれませんね。
[ 2009/05/28 23:48 ] [ 編集 ]
 エド・ウッドのバイタリティを見習って人生を明るくしていきたいものです。
 
 エド・ウッドの時代と異なり、今は漫画同人誌が大きな市場として定着していますし、このネット社会も大きくなっています。自前のメディアを持てる時代ですから、エド・ウッド的手法で活路を開ける機会には恵まれていると思いますね。
[ 2009/05/30 00:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
5位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク