FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「ルパン」 

ルパン」 ルパン誕生100周年紀念作
 

 
【公開年】2004年  【制作国】仏  【時間】132分  【監督】ジャン=ポール・サロメ
【原作】モーリス・ルブラン      
【出演】ロマン・デュリス(アルセーヌ・ルパン)  エヴァ・グリーン(クラリス)  クリスティン・スコット・トーマス(ジョセフィーヌ=カリオストロ伯爵夫人)  パスカル・グレゴリー(ボーマニャン)     
 
【成分】ゴージャス ロマンチック 勇敢 かっこいい 19世紀末から20世紀初頭 フランス
 
【特徴】
 
【効能】
 
【副作用】
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。


ブログランキングに参加しています。  
フランスでのルパン像なのかな?
 
 公開前後のキャンペーンはルパン生誕100周年記念だった。本国フランスが中心となって描く本格のルパン映画で、制作費もかなりのものだそうだ。ところが日本人観客の少なくない方々はガッカリしたのではないか。
 原作者ルブランの描くルパンには2つの顔がある。波乱万丈の人生をおくる快活冒険活劇の謎のヒーローと、優れたミステリー作品に登場する綿密に計算されたトリックを駆使して犯罪に手を染める知能犯。ただ、果たして映画のルパンはこの二つの顔を描ききれただろうか?

 物語は一応原作寄りの展開(余談1)をとっている。それは良いのだが、幼少の頃から描写する必要があったのだろうか? 2時間強でまとめようとすると駆け足で物語を進めて行かなければならない。そして私の目にはやはり駆け足で描写したように映ってしまった。
 ルパンの真骨頂は変装技術なのだが、これは「ルパン三世」や「スパイ大作戦」のように特殊シリコンの覆面を被る現実離れした方法ではなく、話し方や仕草を変えたり、体重を加減させたり、薬品を用いて顔に吹き出物をつくったりなど、実際に映画俳優たちが役作りで行う範囲のことしかやっていない。だからルパン役のロマン・デュリス氏が演技力を発揮する見せ場でもあるのだが、中途半端に終わってしまったように思う。
 ルパンの計画的窃盗犯罪の描写もイマイチで、まだ旧TVシリーズの「スパイ大作戦」の方が観ていて面白い。ルパンの波乱万丈の冒険も尻切れトンボだ。原作では北アフリカの某国の皇帝に即位してしまうのだから。

 制作費の大半は、20世紀初頭のフランスを再現するのに費やしたのか? 1つの事件かエピソードに絞って構成するか、ルパンの人生を描くのなら3部作程度に分けるかにしてほしいところだ。
 あるいは、イギリスならびに全世界のシャーロキアン諸氏に喧嘩を売る覚悟で「ルパン対ホームズ」の映画化で物議を醸すくらいのことをやるべきだ。

(余談1)原作に忠実という訳ではない。例えば父親は体育教師をしながら詐欺師もやっている人物で映画でもそれらしく登場するが、原作では確か刑務所で獄死したと思う。古い記憶で曖昧なので間違っているかもしれないが。
 それから、ルパンの定番スタイルであるシルクハットにタキシードに黒いマント、片手にはステッキ、片目にはレンズだけの片眼鏡、これらは原作には無かったと思う。ホームズがいつの間にかチェックの鹿撃ち帽とトンビを着るスタイルが定着してしまったように、ルパンのイメージも原作から離れて構築された。
 イギリスのグラナダTVがジェレミー・ブレット氏をホームズ役に起用した物語は原作忠実の路線をとり、作品の大半は原作初版の挿絵どおりシルクハットにフロックコート姿だった。ルパンの場合は、制作者も悩んだのか、定番スタイルのイメージを予告編やポスターで強調しているものの、本編では控えめにしている。


ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
5位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク