FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「邪淫の館・獣人」 萌えたい時に〔2〕 

邪淫の館・獣人」 
ヨーロピアンポルノの珍味。

 

 
【原題】La Bete
【公開年】1975年  【制作国】仏蘭西  【時間】90分  
【監督】ヴァレリアン・ボロヴツィク
【言語】フランス語 イングランド語     
【出演】シルパ・ランヌ(侯爵夫人ロミルダ)  リスベス・ユメル(ルーシー)  エリザベス・カーザ(バージニア)  ギイ・トレジャン(レスペランス侯爵)  ピエール・ベネデッティ(マチュラン) マルセル・ダリオ(バロ公爵)   
 
【成分】ゴージャス パニック 不気味 知的 獣姦 サスペンス ロココ 
 
【特徴】異色の「ポルノ映画」だ。舞台設定はゴージャスで、「ベルばら」に登場しそうなお城でのロケーション。フランス貴族とアメリカ大富豪とローマ法王庁を巻き込んでのエロチックサスペンス。
 ハーブシーコードが奏でるバロック調のBGMに合わせて、毛むくじゃらの熊のような獣人が貴婦人を手ごめにするという、この手の作品にはなかなか珍しいゴージャスかつ野性味あふれるスーツアクターポルノもある。アメリカB級映画には無い高級感が魅力。
 
【効能】ゴージャスな気分と淫靡な気分を同時に楽しめる。
 
【副作用】よくできてはいたが、やはり着ぐるみまるだしなのに興ざめするかもしれない。一応獣姦なので、ノーマル趣味の方は不快感を抱くかもしれない。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。  
よく創った。その勇気に敬意。
 
 18世紀のロココ調のフランス貴族の邸宅に衣装、魅力的な俳優たち。何もかも申し分ない舞台設定なのに、一点だけこの作品の調子を歪めているものがある。それは山場で「ベルサイユのばら」に出てきそうなフランスの貴婦人がハープシーコードのクラシックなBGMに合わせて熊のような化け物に襲われレイプされるのだが、化け物のメイクが着ぐるみの域を出ていない。
 
 もう少しメイクをどうにかできなかったのか。些か場違い。本格時代劇にドリフターズの志村けん氏がバカ殿姿で登場し生真面目シリアスな演技をしているような、あるいは歴史超大作「西太后」では中国人まるわかりのエキストラが赤毛のヅラとツケ髭でイギリス軍兵士の役をやっているような、失笑を禁じ得ない場面。だから勿体ないし、よくぞ発表したものだ。
 
 内容そのものは楽しめるものだ。没落するフランスの公爵家の世継ぎは心身に問題があるが、当主は経済的に苦しいお家事情から強引にアメリカの資産家との縁談を決めてしまう。資産家のアメリカ女性は娘をヨーロッパの公爵家へ嫁がせて箔をつけるのが狙い、美しい娘は異性とのセックスに興味津々で未だ見ぬ「貴公子」との愛欲の日々を妄想している。公爵家には200年前の先祖に秘密があり、それゆえに世継ぎの心身に好ましくない影響を与えていた。この設定はまずまずだ。

 その先祖の貴婦人が200年前に熊のような怪物にレイプされるわけだが、淡い水色ドレスの清楚なレディーが陰鬱な森で一物をそそり立たせた怪物に追い掛け回され、草や枝に衣装が引っ掛かってボロボロになり、怪物に追いつかれた頃は鬘も脱げ白いコルセット一枚になっている過程を丁寧にセンス良く撮影しているのが印象的だ。
 現在のメイク技術なら着ぐるみ丸出しには見えないだろうからリメイクしてほしいところである。
 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆ 可
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆☆ 名作

 
晴雨堂関連作品案内
ヴァレリアン・ボロヴィツィック監督作品集-革命エロティシズム- DVD-BOX ヴァレリアン・ボロヴツィク
修道女の悶え [DVD] ヴァレリアン・ボロヴツィク
ルル<ヘア無修正完全版> [DVD] ヴァレリアン・ボロヴツィク<ヘア無修正完全版> [DVD]
ジェヴォーダンの獣 ― スタンダード・エディション [DVD] クリストフ・ガンズ
 
晴雨堂関連書籍案内 
ジェヴォーダンの獣 (ヴィレッジブックス) ピエール ペロー
狼と西洋文明 クロード・カトリーヌ ラガッシュ
 
晴雨堂お薦め情報

【好評です!】 自宅でカンタン、匿名検査!◆性病検査 STDチェッカー◆


 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
71位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク