FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「制携帯」 近頃の現象[八十九] 

制服ならぬ「制携帯」 
神戸の学校が導入検討

 
 制服や制帽のように学校が指定する携帯電話「制携帯」の来年度からの導入を須磨学園中学・高校(神戸市須磨区)が検討している。悪質サイトの閲覧制限などに加え、「ネットいじめ」の疑いがあれば、学校側がメールや通話履歴などをチェックできる機能をもたせる方針。だが、21日の文化祭で公表された生徒へのアンケートでは3割以上が「持ちたくない」としており、学校側は「理解を得て慎重に進めたい」としている。(産経)
 
【雑感】学校に携帯電話を持ち込まさない運動が官民共闘で繰り広げられている。その一方で、昨今の児童を標的にした虐待や犯罪を鑑みると、SOS発信機器としての利用価値もけっして小さくはなく、逆に今の世の中だからこそ子供に携帯電話を持たせねばならんのだ、という意見もある。
 となれば、折衷案として当然の事ながら学校指定の携帯電話があがってくるだろう。
 

ブログランキングに参加しています。 管理教育の儚さ
  
 私は学校の管理というものを一概に否定する気は無い。自由奔放を許容するのと無秩序を許すのとは意味が違う。私は無政府主義者ではないので、どんな場所にもルールはあってしかるべきと思っている。
 「自由」と「不自由」の線引きはケースバイケースで行われるものであって、行政や学校や親が一律に決めても巧くいかない。理想をいえば、学校・保護者・生徒会の3者による合意で取り決められるべきだ。そもそも校則の設定はそういうものでなければならない。でないと、生徒会の意味がないし、民主主義の体験学習を行わせる折角の機会を、民主主義を標榜する日本国の教育機関が潰してしまうという奇怪な現象となる。また、そんな現象はこの日本には多すぎる。
 若者の政治離れを嘆く大人たちは保革双方に存在するが、こういった教育の場から民主主義の体験をさせなければ、民主主義が根付くはずはない。現状は我ら大人が招いたものだ。

 さて、別件で聞いた話を紹介しよう。ある学校の校則は設立時ではわずか数条のシンプルなものだったのに、教職員や保護者の要望や生徒・児童が起こした不祥事を教訓としていくうちに分厚い法典のような校則になってしまった例があるそうだ。
 そして、細かく校則で禁じても、完璧に守られる事はない。
 
 子供の頃、中学校ではサイクリング車禁止令なるものがあった。チャリンコ雑誌の老舗月刊誌「サイクルスポーツ」でも取り上げられた事がある。朝礼で教頭が「遠くを走るための自転車であって、日常生活に必要ない」と言った。
 だが、サイクリングを趣味としている人間にとっては理解に苦しむ。高価な自転車に乗るべきでない、ドロップハンドルは前のめりになって危険、といった意見もあったが、チャリンコに対する無知蒙昧をあらわしているだけに思えた。
 
 中学生がバイクや車を盗んで走らせる事を思えば、サイクリングは極めて合法的かつ健全であり青少年の育成に寄与する、それにサイクリング車の形態は力学的に安定したものであり、身体の負担を必要以上にかかるのを防止しており、だからこそ100年単位に渡って基本的な形は変わらずに現代に至っているのだ。
 それらを否定するとは何たるバチあたりな了見を持った大人たちだ、と私は守る気は無くサイクリングを続けた。この規制の問題点は、規制をかける学校と保護者がサイクリングとサイクリング車に無知というだけでなく、無知を克服する努力もせず調査も体験学習もせず、イメージだけで設定した怠慢さと安易さにある。だから校則への説得力を感じられなかった。
 
 制携帯について、私は特に意見はない。私が子供だった頃は携帯電話なんて無かったので、学校教育に携帯は特に必要ないと思うし、子供社会での需要度が大きい事は理解できる。それよりも須磨学園がこの一件を民主主義の実地教育にどう活かすかに興味がある。
 
晴雨堂関連作品案内
着信アリ(通常版・2枚組) [DVD] 三池崇史
着信アリ2 [DVD] 塚本連平 
着信アリFinal スタンダード・エディション [DVD] 麻生学 
ケータイ恋愛ドラマ100シーンの恋 [DVD] 津谷祐司
ケータイ小説家の愛 [DVD] 金子功
 

ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2009/06/22 15:10 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
84位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク