FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「パッション」 絶望から脱出しよう〔8〕 

パッション
メル・ギブソン氏らしいリアリズム。

 

 
【原題】THE PASSION OF THE CHRIST 
【公開年】2004年  【制作国】亜米利加 伊太利  【時間】127分  
【監督】メル・ギブソン
【原作】
【音楽】ジョン・デブニー
【脚本】ベネディクト・フィッツジェラルド メル・ギブソン
【言語】アラム語 ヘブライ語 ラテン語  
【出演】ジム・カヴィーゼルイエスキリスト)  マヤ・モルゲンステルン(イエスの母マリア)  モニカ・ベルッチ(マグダラのマリア)  クラウディア・ジェリーニ(クラウディア)  フリスト・ジフコフ(ヨハネ)  フランチェスコ・デ・ヴィート(ペトロ)  マッティア・スブラジア(大祭司カイアファ)   フリスト・ナーモフ・ショポフ(総督ピラト)  ルカ・リオネッロ(イスカリオテのユダ)   
 
【成分】切ない 血腥い ローマ史劇 キリスト教 ラテン語 アラム語 1世紀 パレスチナ 中東 
 
【特徴】聖書に記されたイエスの最期を忠実に再現。リアリズムへの追求は当時の風習や衣装にとどまらず、使用言語にまで及ぶ。ローマ人はラテン語を、ユダヤ人はヘブライ語を話す。ローマ人役の俳優たちがラテン語で話をしているのを観ると感動する。
 
【効能】キリストの残酷な受難を目の当たりにする事で、困難を乗り越える活力になる。当時のエルサレムを忠実に再現されているので、歴史の体感学習にもってこい。
 
【副作用】イエスを虐待する場面があまりに残酷、気分が悪くなる。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。  
当時のエルサレムの空気を忠実に再現。 

 「ブレイブハート」でも不潔で体臭と泥臭さが漂う13世紀スコットランドを再現したメル・ギブソン氏らしいリアリズムの追及だ。また彼の会社イコンは如何にも基督教という感じで、熱心というより熱烈な信徒らしさが強烈にアピールされている。そういえば、「ブレイブハート」でも彼が扮する主人公がイングランド貴族に向かってラテン語でやりこめる場面があった。主人公最期の場面も、スコットランド解放のために散った「殉教者」そのものだ。
 
 私はキリストの信徒ではないし、神への信仰を捨てよという釈迦の教えに共感する者である。それどころか精一杯遠慮した言い回しでも、少なくとも現代の世界紛争の責任の一端ぐらいは基督教にもあるだろうと思っている人間でもある。したがって、この作品への関心はあくまでリアリティーである。
 
 「ベン・ハー」や「クオバデス」などを観て、かねてから英語の台詞には違和感があった。やはりローマ人はラテン語を話し、パレスチナではアラム語やセム語などで台詞を言ってほしい。しかし時代劇だから物理的に無理かなと諦めていた。それをメル・ギブソン監督は実現させた。さすがである。
 
 衣装も時代劇にありがちな晴着的なところはない。入浴の習慣がある上級ローマ人の清潔さと一般兵士やエルサレム民衆の埃ぽさがよくでていた。普段は英語で聞き慣れていたローマ時代劇のキャラが、ラテン語やアラム語などで話されている。あの時代の空気に近い臭いを体感できる。
 
 イエス役のジム・カヴィーゼル氏は大役をよく果した。作中の彼には全くアメリカ人臭さが無く、中東に生きるイエスを表現している。磔にされたイエスがアラム語?で「神よ、彼等はまだ知らないのです」と叫ぶ所がある。あれが英語では様にならない。よく頑張った。
 


晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆☆ 優
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆☆☆ 金字塔
 
 
晴雨堂関連作品案内
マリア [DVD] キャサリン・ハードウィック
奇跡の丘 [DVD] ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジーザス・クライスト・スーパースター [DVD]  ゲイル・エドワーズ
國民の創生 [DVD] D・W・グリフィス
聖衣 [DVD] ヘンリー・コスター
ベン・ハー 特別版(2枚組) [DVD] ウィリアム・ワイラー
 
晴雨堂関連書籍案内
新聖書ハンドブック ヘンリー・H・ハーレイ
私のイエス―日本人のための聖書入門 (ノン・ポシェット) 遠藤 周作
図説 地図とあらすじで読む聖書 船本弘毅
コテコテ大阪弁訳「聖書」愛蔵版 ナニワ太郎  


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



いつもトラコメどうもです。
メル・ギブソンのセリフのこだわりは重要ですね。
商業的に安易に英語を使わないって、すごいこと。
それだけに、リアリティがありました。
[ 2009/05/28 02:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://seiudomichael.blog103.fc2.com/tb.php/53-798353f0

「ブレイブ・ハート」でアカデミー賞受賞のメル・ギブソンが監督を務めた宗教映画。 この作品のために構想12年、私財30億を投じて作ったという彼の執念。 原題は「THE PASSION OF THE CHRIST」。 2004年度作品。 あらすじ イエス・キリストの最後の12時間を描?...
パッション イエス・キリスト最期の12時間。 えぐいっすねこれは。 ユダの密告で捕らえられたジーザス・クライストが、 小突かれまわされて、ムチ打ちの刑に処されて、 十字架を背負わされてゴルゴダの丘を登って、磔になって死んで、復活するまでを じっくりと描..
[2009/05/28 23:23] カフェビショップ
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
71位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク