fc2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

宮坂絵美里(3) 近頃の現象[百六十一] 

ミス・ユニバースとは?
 
【雑感】若干名の読者諸氏から私の見解について異論があった。大別すると、以下の通りになる。

 「日本のイベントならいざ知らず、ミス・ユニバースという世界的権威あるコンテストに股間あらわな着物はけしからん」
 「あの着物は欧米人がスケベ心で連想するゲイシャ・カブキのイメージだ。日本文化を愚弄するものである」
 「日本が誤解される」
 
 私も保守だから、その気持ちはよくわかる。しかし、ミス・ユニバースがどんなところか思い出してみよう。歴代の女王の顔ぶれを思い出してみよう。原節子氏や高峰秀子氏や吉永小百合氏や山口百恵氏のような日本的美女が女王になったか? むかし、黒人初の女王が誕生、という記事をみたとき顔つきは殆どヨーロッパ系で血縁者に黒人がいるレベルだった。
 
 宮坂絵美里氏がミス・日本に挑戦するのであれば、あの勝負衣装はマイナスだ。だが、行くのはミス・ユニバースだ。欧米の価値観によって審査されるコンテストに挑戦するのである。欧米の価値観が求める東洋の美は、あくまでオリエンタル風味であって日本の美そのものではない。勝負衣装を非難するくらいなら、日本文化云々を論じるくらいなら、私はミス・ユニバースものものを棄権するべきだとさえ思っている。

 問題の勝負衣装、前部を長くしただけだとインパクトはない。スケベ心からもあるが、もっと重要なのはあの振袖のデザイン、私の目には地味で安っぽく映った。振袖でありながら装飾としての機能はあまり果たしていない。
 通常、振袖とは結婚前の女性を艶やかに華やかに魅せるため豪華な図柄を施した装飾の袖である。しかし、あの衣装の要は帯と美脚を見せる短い丈だ。
 どうせ変更するのなら、一から衣装も候補者も選びなおすべきだ。でなければ人も衣装も初志貫徹で勝負だ。周囲の声にブレて中途半端な戦術で勝負事に臨むと負ける。
 
(余談1)明治時代、洋服は男性の間ではたちまち普及したが、女性にはなかなか広まらなかった。男性は袴を履くことがあり、洋服のズボンが似ていたことと、何より動き易く仕事着としても便利だった。
 ところが、女性には洋服の筒袖があまりに殺風景で面白みが無かった。特に振袖のお洒落な華やかさに比べると、ハッキリいってダサかったのである。
 
晴雨堂提携サイト案内
お気に入りがきっと見つかる!京都きもの市場

 
晴雨堂関連記事案内
近頃の現象 宮坂絵美里
近頃の現象 宮坂絵美里 2
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2009/08/01 17:39 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
61位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク