FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「クライマーズ・ハイ」 家族と一緒に考えよう〔16〕

クライマーズ・ハイ」 
1985年御巣鷹山日航機墜落事故の映画化

 


【公開年】2008年  【制作国】日本国  【時間】145分  
【監督】原田眞人
【原作】横山秀夫
【音楽】村松崇継
【脚本】加藤正人 成島出 原田眞人
【言語】日本語
【出演】堤真一(悠木和雄)  堺雅人(佐山達哉)  尾野真千子(玉置千鶴子)  高嶋政宏(安西耿一郎)  山崎努(白河頼三)  遠藤憲一(等々力庸平)  田口トモロヲ(岸円治)  堀部圭亮(田沢善吉)  マギー(吉井弁次郎)  滝藤賢一(神沢周作)  皆川猿時(伊東康男)  でんでん(亀嶋正雄)  中村育二(粕谷隆明)  螢雪次朗(追村穣)  野波麻帆(黒田美波)  西田尚美(安西小百合)  小澤征悦(安西燐太郎) 
  
【成分】泣ける 悲しい パニック 勇敢 知的 絶望的 切ない 航空機事故 ジャーナリズム 1985年
  
【特徴】1985年8月12日の日没前、御巣鷹山に日航機が墜落、本作はその事故当時で報道合戦に明け暮れるジャーナリストが主人公である。

 NHKドラマの佐藤浩市版のほうが物語として完成度が高く迫力がある。本作は潤沢な予算があるのか、当時の風俗や事故現場の忠実な再現が話題になった。
 
【効能】ジャーナリズムや登山に興味を持つ。狩猟民族的性格になる。
 
【副作用】マスコミが嫌いになる。飛行機に乗るのが怖くなる。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。  
佳作だが、マスコミに感情移入はしない。

 少し長い前置きを話そう。事故当時、私は大学生だった。夏休みを利用してチャリンコで高知へ帰省し、郷里の家のTVでニュース画像を観たと記憶している。連日、日航ジャンボ機の話題ばかりを流していた。

 自衛隊が事故現場に入り救助作業を開始するが、早速マスコミは国・自治体・日航の対応を疑い質問を浴びせる。墜落現場入りを最初に果たしたのは自衛隊や警察の常勤プロ部隊ではなく地元消防団いわゆる非常勤セミプロだったからだ。(余談1)
 この当時の防衛庁長官が加藤鉱一氏だった。まだ40代で髪の毛が多く若手の政治家といった感じだが、厳しい質問にも丁寧にユックリと理路整然に説明され、頭の良い次世代リーダーといった印象をもった。

 4人が助かった。しかし生存者の証言によれば、事故直後では他にも生きている人がいたとの事。マスコミおよび被災者家族は自衛隊の救助活動に問題があったのではないかと疑い批難する。が、後に遺族が事故現場を訪れたとき、あまりにも険しい山道であることに驚き、腐臭と焦臭の炎天下の中を作業し夜はそのまま現場で野営して被害者の遺物遺品等を回収する毎日をおくってきた自衛隊員の労苦を知って批判を控えるようになったそうである。

 事故機に搭載されていたボイスレコーダーの記録が新聞に掲載された。スチュワーデスや機長・副操縦士らの最期の努力が生々しい。事故当初から垂直尾翼の破損がほぼ事故原因に間違いなく機長たちの操縦ミスではないという話だったが、遺族たちは操縦ミスを疑い、中には批難や暴言暴力を振るう者もいたようだ。感情的になるのはやむを得ない事とはいえ、人間の誤解というものは恐ろしいものだ。誤解をいくら解いても誤解の連鎖は続き誤解へと絡まるといった感じだ。

 生存者の1人は10代前半のいわゆる美少女だった。「これは格好の悲劇のヒロインにされる。蝿の如くマスコミがたかるぞ」、とっさにそう思った。蝿の如くかどうかは別にして、少なくとも取材が彼女に集中しすぎて問題になったのは事実だ。記者かレポーターか忘れたが、他愛のない質問に対して彼女は弱々しく「もう、そっとしてほしい」と答えたのが痛々しかった。
 後にコンビニの雑誌売り場で、その少女が芸能界デビューするという見出しが目に入った。ただでさえ大変な時に悪質かつ不謹慎かつ下劣な見出しだ。(余談2)

 といった具合の経緯で記憶している。だから私はマスコミに対して良い印象はもっていない。また、私自身が市民運動をやっていた時代に誤った報道をされた経験があるので、腰の低い記者は許容できるが、プロ意識やプロ知識をひけらかしそうな目上目線の記者にはムカつく。
 原作が佳作であることは認めている。2・3年前に放送されたNHKドラマもなかなかのデキだ。そしてこの映画もマシな映画だと思っている。ただ、疑問はある。
 原作者は作中のライバル紙の記者として実際に日航機事故を目撃した。だからあの内容になるのは解る。現場を知る人間でなければ書けない力作だ。しかし映画となると必然性を感じることができない。

 原田監督は連合赤軍のあさま山荘事件を描いた「突入せよ!」の監督も手掛けている。たしかに警察組織の対立や葛藤の描写は良いのだが、多くの観客が期待していた連合赤軍の若者の感情は描写されていない。テーマや内容は「組織論」「社会論」だ。別に「あさま山荘事件」をもってこなくても「踊る大捜査線」でも描写可能だ。
 今回の映画も同じ印象をもってしまった。語弊のある言い方をすれば、日航機事故という大きな事件を客寄せに利用した組織論テーマの映画だ。同じ舞台・同じテーマで映画にするのなら、日航機搭乗員たちを主軸に航空会社内での対立や葛藤を描写したほうが私は観たい気になる。邦画業界の現状で日航内部告発モノは困難だろうが。

 ドラマでは佐藤浩市氏が全権デスク役で社会部責任者役岸部一徳氏と火花を散らす。ただドラマなので事故映像は当時のニュースを流用。
 映画ではドラマより予算があるのか、忠実に事故現場を再現して野外ロケを行なっている。全権デスク役の堤真一氏よりも記者クラブの堺雅人氏の所作や言動が記者らしくて好感を持つ。(余談3)

(余談1)報道カメラマンで現場一番乗りをしたのも、たしか私と歳は変わらない大学生のバイトだった。

(余談2)もちろん芸能界デビューなどしていない。10年ほどたって新聞の3面に看護士になったことが報道された。たぶん、周囲の身内や友人たちが守ってきたのだろう。

(余談3)気のせいかもしれないが、ペットボトルで水を飲む場面があった。私はコンビニでバイトをしていたので判るが、たしかに既にペットはあったが、むしろ200CCのガラス瓶が主流だった。ポカリもガラス瓶だったし。

晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆☆ 優
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆ 佳作

 
晴雨堂関連作品案内
クライマーズ・ハイ オリジナル・サウンドトラック
クライマーズ・ハイ [DVD] NHKドラマ版 佐藤浩市主演
 
晴雨堂関連書籍案内
クライマーズ・ハイ (文春文庫) 横山秀夫
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://seiudomichael.blog103.fc2.com/tb.php/701-bf7a573f

 | HOME | 

文字サイズの変更

映画処方箋一覧

晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。

下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。

メールフォーム

晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター

2007年10月29日設置

当ブログ注目記事ランキング

当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。

設置2013年6月13日

ブログランキング

下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。

  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
79位
アクセスランキングを見る>>

タグランキング

晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。

訪問者閲覧記事

最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

晴雨堂ミカエルのtwitter

最近、ようやくツイッターの使い方が解ってきた。

FC2各種サービス

アフィリエイト・SEO対策

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

晴雨堂お薦めツール 

   

提携サイト・・旅行

現在、工事中。

提携サイト・・映画・アニメ

提携サイト・・書店

 

提携サイト・・アウトドア

登山・旅行・チャリンコなど、関連グッズ販売のサイトを紹介します。

   

提携サイト・・健康用品

提携サイト・・雑貨

提携サイト・・和装

和服姿になれば、気分は時代劇ヒーロー・ヒロイン。

晴雨堂お薦めスタンダード麦酒

晴雨堂が薦める比較的手に入り易い麦酒です。

晴雨堂から、お知らせと呟き

諸君!また一年、生き残りましょうぞ!

ミカエル晴雨堂提携サイト案内

   

designed by たけやん