FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

コミックマーケット 近頃の現象[百八十六]

使いすぎ?
コミケ」でゆうちょ銀行ATM残金ゼロ


 東京ビッグサイト(東京都江東区)で開幕された日本最大のマンガの祭典「コミックマーケットコミケ)76」で、現金を引き出すために「ゆうちょ銀行」のATMに来場者が殺到して、ATMの残金が一時、無くなる「珍事」が起きた。この様子がミニブログ「ツイッター」に書き込まれ「ATM身ぐるみはがされる」「どんだけ引き出されたらこうなるんだよ!! 」「お前ら使いすぎ」などと騒動になった。(J-CASTニュース)
  
【雑感】日本最大ではない、世界最大だ。凄いな、3日間で56万人か。この世界は景気不景気関係ないのかな。
 
 私がまだ晴海見本市会場で開かれていた頃に参加していた90年代前半に、入場者が30万と聞いてビックリしたものだ。
 ビックサイトに移ってからは参加していないが、コミケが発展成長していくのは嬉しい。
 
 私が初めて参加した頃は・・。
   
私が初めて参加した頃
 
 私が漫画同人誌即売会に初めて参加した頃は、青焼きコピーを家庭用ホッチキスで製本する粗末なものが主流で、稀に凝り性のサークルが印刷屋でB6判の本にして売っている程度だった。大阪のイベントなので参加サークルは詳しく憶えていないが100程度、入場者もせいぜい2000人くらいの規模だった。70年代後半、開催され始めた頃のコミケもたしか地元女子高生漫画研究会を中心に70サークル程度だったと記憶している。
 ただ、今も昔も変わらないのは、コミケの主流は20代前後の若い女性だということだ。

 80年代前半、突然カラー印刷の表紙カバーを装着した漫画同人誌が登場したなぁ。いまはプロの漫画家になった園田健一氏らの「VTOL」だった。
 我々はA5の厚口エンボスの表紙の同人誌を100部作って「やったぜ」と思ったのに、彼らはB5の商業誌みたいな同人誌をつくりテーブルに山積み、目に入っただけでも数百部はあった。しかも彼らのブースでは黒山の人だかり。漫画同人誌を買うために行列ができる光景を初めて見た。

 「VTOL」の仕様は90年前後になると主流になっていく。私は89年か90年頃に漫画同人誌の印刷を主に請け負う会社で働くようになった。そこで見たのはカラフルな商業誌のような同人誌ばかり。プロ級の画力を持ったアマチュアたち。売れっ子サークルになると、部数は1000・2000当たり前。漫画同人誌を専門に請け負う業者が日本全国に200社以上あるという事も驚きだったが、顧客の人気アマチュア漫画家は自費出版漫画で生計を立て、イベントなどの売り上げをきちんと確定申告していたほどだ。

 アマチュアとプロとは何が違うのか? それまでは技術と思い込んでいたが、漫画同人誌業界の現場を魅せつけられて誤りを悟った。アマとプロの決定的な違い、それは締切(納期)があるかないかだ。締切までに売れる水準の作品を仕上げる事、これがプロだ。
 売れっ子アマもかつてはプロとして描いていだが、商業誌の締切に追われて精神を痛めプロを辞めたという。イベントに合わせる「締切」はあるが、自分が自分のために設定したのであって、都合が悪ければ自分の勝手で変更できる気楽さがある。
 
 そんなアマチュアがコミケに大勢集結する。私が初めて東京のコミケに参加したのが、印刷屋のスタッフとして出張した90年の冬だった。関西のイベントとは桁違いの規模に驚愕した。もはやこれは独立した産業だ。経済効果も計り知れない。少しは漫画をやっていたので知っている気でいたが、想像をはるかに超える光景だった。下手したら日本の基幹産業になるのではないか、既に台湾やアメリカからの参加者があった。日本の大手マスコミが取り上げないのが不思議に思う。宮崎勤事件でマイナスイメージで報道されたのには激怒したものだ。
 
 そして2009年、無知偏見による政治的社会的圧力にもめげず、コミケは成長していった。オタク産業の価値は時の首相麻生太郎氏も認めるほどになり、世界各地でオタク文化が伝播している。
 だが、私の連れ合いを含め多くの日本人は日本の文化と経済を支えているオタク業界に対して未だにバチあたりな恩を仇で返すが如くの愚かな偏見を抱いている。
 
 が、それも悪くないかな、と思うようになった。世間が広く認知した主流になると、業界としての生命力が衰えるのではないか、そんな気がしてきた。
 

 
 blogram投票ボタン
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://seiudomichael.blog103.fc2.com/tb.php/709-5af3fd76

 | HOME | 

文字サイズの変更

映画処方箋一覧

晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。

下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。

メールフォーム

晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター

2007年10月29日設置

当ブログ注目記事ランキング

当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。

設置2013年6月13日

ブログランキング

下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。

  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
79位
アクセスランキングを見る>>

タグランキング

晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。

訪問者閲覧記事

最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

晴雨堂ミカエルのtwitter

最近、ようやくツイッターの使い方が解ってきた。

FC2各種サービス

アフィリエイト・SEO対策

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

晴雨堂お薦めツール 

   

提携サイト・・旅行

現在、工事中。

提携サイト・・映画・アニメ

提携サイト・・書店

 

提携サイト・・アウトドア

登山・旅行・チャリンコなど、関連グッズ販売のサイトを紹介します。

   

提携サイト・・健康用品

提携サイト・・雑貨

提携サイト・・和装

和服姿になれば、気分は時代劇ヒーロー・ヒロイン。

晴雨堂お薦めスタンダード麦酒

晴雨堂が薦める比較的手に入り易い麦酒です。

晴雨堂から、お知らせと呟き

諸君!また一年、生き残りましょうぞ!

ミカエル晴雨堂提携サイト案内

   

designed by たけやん