FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

家族と一緒に癒されよう 「崖の上のポニョ」 

崖の上のポニョ」 
パステルカラーの夏休みアニメ

 


【英題】PONYO
【公開年】2008年  【制作国】日本  【時間】101分  【監督】宮崎駿
【原作】宮崎駿
【音楽】久石譲
【脚本】宮崎駿
【出演】山口智子(リサ)  長嶋一茂(耕一)  天海祐希(グランマンマーレ)  所ジョージ(フジモト)  土井洋輝(宗介)  奈良柚莉愛(ポニョ)  柊瑠美(婦人)  矢野顕子(ポニョのいもうと達)  吉行和子(トキさん)  奈良岡朋子(よしえさん)  左時枝(カヨさん)  平岡映美(クミコ)  大橋のぞみ(カレン) 
  
【成分】楽しい ファンタジー ロマンチック 不思議 セクシー かわいい アニメ
  
【特徴】
 
【効能】
 
【副作用】
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。

 blogram投票ボタン
ブログランキングに参加しています。  ワルキューレを幼児アニメにするとは・・。

 前評判ではたしか「人魚姫」をモチーフにしたアニメだと聞いていた。海が舞台で、人間とも魚類ともつかぬ女の子ポニョが主人公だから、そうだと思った。潜水艦を操る謎の科学者の風貌もどことなくアンデルセンぽい。名前を「フジモト」と呼ぶのが意表を突く。

 ところがフジモトは作中でポニョを「ブリュンヒルデ」と呼ぶ。ブリュンヒルデとは北欧神話に登場するワルキューレ(余談1)の1人だ。荒波に乗って駆ける場面などもワーグナーの代表作「ニーベルングの指輪」の「ワルキューレの騎行」に雰囲気が似ているような気がする。ワルキューレのブリュンヒルデは父神オーディンの怒りに触れ魔力を奪われ眠らされ、彼女を守ろうとする男性ジークフリートがキスすることで目覚め結婚する展開だったと思うが、「ポニョ」も同様の展開だ。
 だから「人魚姫」というよりは「ワルキューレ」が基本ベースで、夏休み向け子供アニメに相応しく海を舞台にする必要から「人魚姫」要素を絡めたように見えた。

 あの壮大な北欧神話を子供向け(たぶん主人公たちと同じ5歳児が対象か)に解りやすく改編して、一見すると全く別の物語のようにまとめ上げる宮崎監督の手腕は大したものだと思う。上映時間100分も程よい長さだ。
 5歳児の観客が馴染むよう、背景を水彩やクレヨンで描いた絵本風にし、手書きセルにこだわったのも支持する。近頃はCGの多用が多すぎるため画面に冷たさを感じるアニメが多くなったような気がするが、今回の「ポニョ」を見ていると鉄筋コンクリートの校舎から木造校舎に変わったような、スチール製の事務机から天然木の文机に変わったような暖かさを感じる。
 また、ヒロインのポニョや主人公ソースケの表情や動き、波や水の動き、香ばしそうな厚切りのサンドイッチ、ジャンクフードのインスタントラーメンですら美味そうに見える作画はいつもながら巧い。その一方でポニョの母親の卑猥ではないが艶かしい微妙なセンスも見どころだ。
 ジブリの目玉アニメは声優ではなく有名俳優を使う方針は支持できない(余談2)が、キャスティングは適材適所だったと思う。主人公たちの演技は良かったと思うし母親役の山口智子氏はキャラとマッチしている。(余談3)

 ただ、どうしても違和感がある。なぜソースケ一家は母親を「お母さん」ではなく「リサ」と呼ぶのか? 父親を「耕一」と呼ぶのか? しかも呼び捨て。古い考え方かもしれないが抵抗がある。もし韓国で上映したら、吹替えで「オモニ(母)」「アボジ(父)」と改められるだろう。いや中国でも、ヨーロッパでも、台詞を差し換えられるのは必定だ。親をファーストネームの呼び捨てにする発想をもつ人々は60億世界人民大衆の中で非常識だ。絵柄や作風はナチュラルに見えるのに、これは不自然に見える。(余談4)
 
(余談1)ワルキューレは北欧神話に登場する女神。複数いる。ブリュンヒルデはその1人。戦場を天馬に乗って駆け回り、戦死者を天界のバルハラへ迎え入れる役目をもつ。ワルキューレを特に有名にしたのはドイツの音楽家ワーグナーだ。
 ワルキューレを作品に用いる漫画家に松本零士氏があげられるが、宮崎駿氏も北欧神話に詳しいと思われる。「ナウシカ」にもバルハラという単語が台詞に登場する。

 「ポニョ」がワルキューレをベースにしているとすれば、宮崎駿氏はポニョとソースケのその後の運命をどうするつもりなのか興味がある。ブリュンヒルデとジークフリートは結婚して子供ももうけるが、やがて破局するからだ。ポニョとソースケの関係はハッピーエンドで一応終わるが、まだ5歳だ。長い人生云々以前に思春期の節目も何度かおとずれる。「青い珊瑚礁」みたいに無人島でポニョとソースケの2人きりなら大丈夫かもしれないが。
 5歳児対象アニメを見て、こんな事を心配するのは野暮かな。

(余談2)声優に仕事を分けたれよ、と訴えたい。

(余談3)赤ん坊を連れていた婦人の役、たしか柊瑠美氏だと思う。NHKの朝のドラマで主人公の少女時代を演じていた女の子が子持ちの女性を演じるとは、時間が流れるのは早い。

(余談4)一部フェミニストはジェンダーハラスメントを指摘し、「家族制度」の解体を主張している。男女平等・世代間の対等な関係・家制度の否定までは理解できるし許容できるが、「家族制度の否定」となると不自然に感じるし不自然な考えは破綻すると思う。
 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆☆ 優
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆☆ 名作

 
晴雨堂関連作品案内
 

 
 blogram投票ボタン
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
73位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク