FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

麻生太郎 近頃の現象[百九十八] 

麻生首相
「金がねえなら結婚しない方がいい」

 
 「そりゃ金がねえなら結婚しない方がいい。うかつにそんなことはしない方がいい。金がおれはない方じゃなかったけど、結婚遅かったから」。麻生太郎首相は23日夜、東京都内で開かれた学生主催の集会で、少子化問題に関連してこう述べた。学生から、若者に結婚資金がなく、結婚の遅れが少子化につながっているのではないか、と質問されたのに答えたものだが、不況下で就職難の若者らの気持ちを逆なでする発言とも受け取れる。(毎日新聞)
  
【雑感】なるほど、貧乏人は結婚するな、か。
  
 この期に及んでこの発言、首相ではなかったら弄り甲斐のある面白いキャラだ。高度経済成長の時代だったら、首相は無理としても名物閣僚にはなれたかもしれない。
 
 貧乏人の子だくさん、て時代があったが、今は物価の状況が複雑になってきた。なにやるにしても銭がいる社会になってきているので、昔ならなんとか食う事はできたのが食えなくなってきた。
 失職したらたちまちホームレスになる、この日本でそんな事態になってしまうとは、私が学生だったころはそこまで極端ではなかった。
 
 自民党政権がどうして今日まで続いてきたのか、皮肉にも日本が「社会主義国」だったからだ。学生のころにある学者が「日本こそ高度に進んだ理想的な社会主義国家」だという説を聞いたことがある。
 国民皆保険・農協・談合・一党独裁的長期政権・会社は株主ではなく従業員たちのモノ、これらのキーワードに当てはまるのは自由主義国というよりは社会主義国だ。そして社会主義諸国も蓋を開けて見れば社会主義の理想からはほど遠いもので、むしろ日本が世界で最も近かったのではないかと思うほどだった。
 
 それが制度疲労を起こし、アメリカが突込みを入れ、アメリカに迎合する政権で壊した結果が燦燦たる現在だ。
 

 
 blogram投票ボタン
ブログランキングに参加しています。 
関連記事
スポンサーサイト



[ 2009/08/24 22:08 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
51位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク