FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

ストレス解消活劇 「ウォンテッド」 

ウォンテッド」 
事実上アンジーの一人アクション

 
 

【原題】WANTED
【公開年】2008年  【制作国】米  【時間】110分  【監督】ティムール・ベクマンベトフ
【原作】マーク・ミラー[コミック] J・G・ジョーンズ
【音楽】ダニー・エルフマン
【脚本】マイケル・ブラント デレク・ハース 、クリス・モーガン
【出演】アンジェリーナ・ジョリー(フォックス)  ジェームズ・マカヴォイ(ウェスリー・ギブソン)  モーガン・フリーマン(スローン)  テレンス・スタンプ(ペクワースキー)  トーマス・クレッチマン(クロス)  コモン(ザ・ガンスミス)  
  
【成分】パニック 勇敢 切ない セクシー かっこいい アクション 
  
【特徴】平凡な若者が実は伝統ある暗殺者組織のエースの血をひいていた? 主人公が謎の美女に誘われて暗殺者組織に入り、サディスティックな特訓から夜の営みまで受けて一人前の暗殺者へと成長するアクション巨編だが、ヒロインのアンジェリーナ・ジョリーの存在感が抜群。
 
【効能】アドレナリン爆発、雌彪のようなアンジーのアクションに、マゾ趣味が開発されてしまう?
 
【副作用】バイオレンスに嫌悪感。身体が痛くなる。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。

 blogram投票ボタン
ブログランキングに参加しています。   
手垢のネタ・危うい新機軸、凄い!

 平凡というよりは世渡りがやや下手なドン臭い気味の青年、ところが実は凄腕暗殺者の血をひくサラブレット。

 よくあるパターンである。最近の映画では、大学受験に悩むルーク・スカイウォーカーが実は伝説のジェダイの騎士、ドジなウエイトレスであるサラ・コナーは実は人類の救世主ジョン・コナーの伝説の母親にして女戦士。古くは、アーサー少年が剣を抜いて聡明な名君になる話、しがない草履売りの劉青年が実は漢朝の血をひく御曹司。
 ぱっと思い浮かんだだけでも古今東西これだけ出てくる平凡で手垢に塗れ真っ黒にツヤが出ている物語展開。それぞれの平凡な物語は舞台設定のスケールや魅力ある敵キャラで非凡にしてきた。その非凡さが巧く噛み合ってマンネリ展開が受け入れ易さへとプラスに作用する。

 この作品もまさに手脂で光っているネタを使っているのだが、少し様子が違う。一つはヒロインであるアンジェリーナ・ジョリー氏1人が作品全体を支配し牽引している。まさに邦画の上戸彩氏主演の「あずみ」で物足りなさを感じているところへ、「女性ヒーローアクションはこうやって魅せるんだよ」と完璧見本を見せられたような感覚になる。アンジェリーナという俳優の存在があったからこそ企画・制作されたような映画であり、彼女がオファーを断ったら企画そのものも流れそうな、そう思ってしまうくらいアンジェリーナのための映画であり、彼女のアクションだけでも映画館で観る価値がある。(余談1)

 次に興味深いのは、主人公達の立場が新機軸である。前述した「スターウォーズ」「ターミネーター」「円卓の騎士」「三國志」は天下の王道を行く善玉ヒーロー・ヒロインであり、揺ぎ無い信念を抱いて悪を打倒し正しき世の中をつくる目的のために戦う。ところが本作はダークな裏街道を行くヒーロー、暗殺をなりわいにする伝統ある秘密結社が舞台、ここまでは誰もが認識していると思う。
 問題なのは、派手で現実離れしていて爽快感があるアクションの連続に多くの観客は誤魔化されると思うが、主人公達の目的というのが果たして正しいのかどうか、実は保証が無いのである。主義主張信条信念というものを持てない環境に主人公たちが置かれ、ただ目前の「仕事」である殺人をこなし、襲ってくる敵を倒して行くだけで精一杯の環境に放り出される。ダークヒーローならゴルゴ13、彼はまだ神のごとく冷徹な余裕があるが、本作の主人公はもちろんアンジェリーナやモーガンでさえも無い。

 そして、主人公の青年が優秀なテロリストへと成長していくプロセスが妙にリアルだ。将来の展望を見出せない下流青年、それが突然現れた謎のスレンダー美女から選ばれた人間であるかのように誘われ事件に巻き込まれ、選ばれた人間である事を意気に感じ、内に凶暴性を秘めた無敵の女戦士に惹かれ、秘密結社のメンバーになり過酷なSM的特訓を受けてシャバの感覚を削ぎ落とされ、組織のマシンへと変貌する。現実の現代社会に跳梁跋扈するカルト集団の手法も程度の差はあれやっていることだ。

 派手なアクション映像とアンジェリーナの魅力で優れたエンタメ映画になっているが、けっこう怖い世界を打ち出したアンチヒーロー物だ。
 映画とはエンターテイメント・娯楽だ、と割り切って楽しむ分には良い。戦うアンジェリーナを愛でるためだけに観る分には良い。下手に感情移入せず、冷静にアクションを楽しむ事を勧める。

(余談1)アンジェリーナの眉毛の演技が素晴らしい。銃を撃つ時はまるでアニメキャラのように釣り上がっているように見えた。
 欧米人俳優の良さの一つに眉毛の演技だろう。片方の眉だけを動かしたりと表情筋が複雑だ。日本人俳優ではなかなか難しいと思う。
 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆☆ 優
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆ 佳作

 

 
 blogram投票ボタン
ブログランキングに参加しています。 
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
64位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク