fc2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

金澤美穂 「容疑者Xの献身 (2008)」 

金澤美穂 「容疑者Xの献身 (2008)」
 
【雑感】 「容疑者xの献身」では残念ながら福山雅治氏の素人臭さが目立ってしまった。けっしてダイコンではないのだが、周囲の共演者たちが玄人ばかりなので、やはりミュージシャンが本職で俳優は副業なんだと実感した。

 その周囲の共演者の一人が金澤美穂氏である・・。  
幸運児
 
 松雪泰子氏の娘役で、歳は役柄と同じ13から14くらいの中学生だと思う。まだ子供なのに場慣れしているというか、芝居慣れしているというか、他の出演者達の足を全く引っ張っていない。
 この作品が映画デビューのようだが、たぶん以前から劇団などで演技の特訓をやっているはずだろうし、本作に出演する以前に舞台かドラマで経験を積んでいるはずだ。でないと、あんな演技はできないと思う。

 笑ったり、楽しそうにする演技は、素人あがりのCMギャルでもできる。私が感心したのは、事件発生直前の場面での演技だ。元夫役の長塚圭史氏が自宅アパートに無理やり上がり込む。その直後に何も知らない金澤美穂氏が学校から帰ってくる。玄関のドアを開けると黒い紳士靴、それを見るや緊張した顔になる。忌まわしい物を見た時のような嫌悪と憎悪の情。単なる緊張した顔なら誰でもできるが、これはなかなかできない。
 制服から私服へ着替えようとしている時に長塚氏が無遠慮に部屋の襖を開けたり、「あと2・3年すればキャバクラで稼げるな」と大きな声で言うなど、「義父」と「義娘」の関係は極めて険悪どころか、かつて母親が見ていないところで性的虐待を受けた可能性すら解釈できる。この後、少女の感情が爆発して、「義父」を後から鈍器(置物)で殴りつける。(余談1)

 金澤氏は幸運にも俳優として芸能界に入り、CMのエキストラやドラマなどのチョイ役を経ずに映画女優として出発する事ができた。(余談2)しかもこの映画はアイドルを売るためのプロモーション的映画ではなく、評判の高い原作やドラマを丁寧に練って映画化したエンターテイメント作品であり、しかも全国上映され興行は成功している。また、堤氏・松雪氏・長塚氏といった才能ある俳優たちと共演できる幸運も体験した。
 彼女が本当の意味でこの幸運を理解するのは、もう少し後の話になるだろうが。

 今回の成功で、当然のことながらCM・グラビア・写真集・ドラマの仕事が増えていくだろうが、ジワジワと俳優としての地位を確立してほしい。
 大人になったら、大竹しのぶ風の顔になっていくのかな。

(余談1)堤氏扮する暗い数学教師石神には警戒心を抱かず信頼する。「富樫が石神に入れ替わっただけ!」と母親が石神に嫌悪しだしても、少女の石神への信頼は揺るがない。
 知的な石神に対してもともと好感があり、事件後の見事な戦術に尊敬の念を抱く、それだけの感情ではないだろう。「義父」を相当おぞましい存在と思っていたのが大きい。「義父」の遺体を処分してくれた石神への感謝の念も強い事が察せられる。だから「義父」との間にかなり嫌なことがあったのでは、と解釈できる。

(余談2)私が知らないだけで、既にCMに出ているかもしれないが。今後、そんな仕事も増えていくだろう。
 
晴雨堂関連作品案内
 
晴雨堂関連サイト案内 
金澤美穂オフィシャルブログ


 
 blogram投票ボタン
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2009/09/06 17:04 ] 映画・・女優評 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
80位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
43位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク