FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

家族と一緒に考えよう 「地球の静止する日」

地球の静止する日」 
世界平和を謡った古典SF映画

 
 

【原題】THE DAY THE EARTH STOOD STILL
【公開年】1951年  【制作国】米  【時間】92分  【監督】ロバート・ワイズ
【音楽】バーナード・ハーマン
【脚本】エドマンド・ノース
【出演】マイケル・レニークラトゥ)  パトリシア・ニール(ヘレン・ベンソン)  ヒュー・マーロウ(トム・スティーヴンス)  サム・ジャッフェ(ジェイコブ・バーンハート教授)  ビリー・グレイ(ボビー・ベンソン)  フランシス・ベイヴィア(バーレイ夫人)  ロック・マーティン(ゴート)  
  
【成分】ロマンチック パニック 不気味 勇敢 知的 かっこいい 50年代
  
【特徴】SF映画史上に残る名作、監督は幅広いジャンルで名作を生み出す巨匠ロバート・ワイズ氏。21世紀に入ってキアヌ・リーブス氏主演でリメイクが制作された。
 宇宙の平和秩序を守るため、それを脅かす核兵器を乱造する地球へ単身乗り込む宇宙人クラトゥの奮闘を描く。
 
【効能】愚かな人類を叱り付け、野蛮な軍事大国を平伏せしめるので溜飲さがる。
 
【副作用】アメリカが世界に対して行っている事とだぶるので、アメリカの傲慢さが見えて不愉快。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。  
全編に溢れるアメリカ的ヒューマニズム。
 
 監督はミュージカルの傑作「ウエストサイド物語」「サウンド・オブ・ミュージック」から「砂漠の鼠」などの戦争映画、さらに「スタートレック」などのSF映画まで手がける巨匠ロバート・ワイズ氏である。
 この映画、一応ジャンルとしてSFの部類に入るが、特に科学考証は必要とせず、世界平和を謳った極めてヒューマンな作品である。後に同様のテーマと展開で手塚治虫氏や藤子F不二夫氏らのSF漫画にも見られることから、日本のクリエーターたちへの影響は強いのではないかと思う。私にとってもお気に入り映画だ。

 物語は、アメリカの首都ワシントンにUFOがいきなりやってきて、宇宙人が核兵器の廃絶と世界平和を訴える内容である。
 初めて観たときは、テーマの清らかさに感動した。核兵器を大量生産し米ソが睨みあう冷戦下、いつ核戦争が起こっても不思議でない時代、そんな戦争が起これば人類滅亡は必至、この愚かな人類に喝を入れるべく圧倒的な科学力・攻撃力を背景に宇宙人が単身アメリカにやってきて、軍事力放棄をお願いするのである。

 圧倒的科学力と攻撃力を背景にしているとはいえ、たった独りで地球に乗り込んできたので、やはり多勢に無勢、たちまち監禁に近い軟禁状態におかれ生命の危険さえある。大統領へ渡す贈物を取り出そうとすれば応対に出た米兵に腕を撃ち抜かれるし、物語の佳境では「侵略者」扱いされて銃殺されてしまう。それでも科学の粋をこらした万能ロボットによって蘇生し、愚かな人類に向かって核兵器放棄と世界平和を訴え続ける。この献身的な姿勢に感涙に近い感情を覚え、最後に圧倒的科学力によって地球の自転を止めてしまう力を見せることで馬鹿どもを平服せしめる様は溜飲がさがる清々しさだ。

 ところが、この映画も大人になってから観るとイメージが変わってくる。今でも思い出のお気に入り映画に変わりはないのだが、内容はアメリカの体臭が濃厚に放っているように思える。
 まず、前述の宇宙人だが、一応素顔は50年代当時の七三刈上げ頭のイケメンだが、人類との初顔合わせのときは不気味な宇宙服姿で前触れも無くワシントンに降り立つ。いきなりだから当然アメリカ軍は緊急出動、宇宙人が大統領への贈物を手に取るや米兵が武器と勘違いして発砲する。
 この場面は如何にもアメリカ的だ。宇宙人側は根回しもせず突然やってくる。アメリカ側も最初から敵性勢力として応じ、何か動きがあれば目的はどうあれ問答無用で撃つ。一方の宇宙人も圧倒的な科学力と攻撃力を示して一瞬の内に戦車や銃を消してしまう。最後には地球の自転をとめて地球人たちを平伏させ、核廃絶と世界平和という善意からの善良なテーマの実現とはいえ、宇宙人が属する宇宙規模の社会秩序に従うよう「命令」して去って行くのである。

 奇しくも、ほぼ同時期に邦画でも同様のテーマで「宇宙人東京に現わる」を制作している。(余談1)この作品に登場する宇宙人は、最初こそ素のままの姿で地球に現れたが、地球人に恐れられたため、地球人に受け入れられ易いよう配慮して、東京で大人気の美人女優の姿に装置を使って身体を変形させる。しかも「なんて醜い」とぼやきながらの変身だ。さらに政治的にも影響力のある天文学者の下に居候するなど、地道に地球人社会に溶け込む努力をしている。実に細やかな気遣いだ。交渉担当の宇宙人は任務が終わるまで美人女優の姿のまま地球人に付き合う。
 また使用言語も地球人とは発声からして異なる。生物としての形状が異なるから当然なのだが、宇宙人でも姿は二枚目アングロサクソン系地球人で英語を最初から話させるハリウッドとは大違いである。
 地球の危機が去った事を見届けた後、宇宙人たちは笑顔で去っていく。

 「地球の静止する日」、ヒューマンな映画だが、良い意味でも悪い意味でもアメリカの性格を表した映画だ。アメリカの正義に従わぬ勢力は軍事力で天誅を下す。現実のアメリカも同じ事をやっている、成功はしていないが。(余談2)
 
(余談1)今から観ると特撮はかなり稚拙で、現代ならアマチュアでも同じ絵を撮る事ができるが、戦後10年そこそこという時代を考えたら考え深い。しかも邦画特撮映画史上初のカラー作品である。資金が潤沢なハリウッドとは事情が違う。

(余談2)50年代のアメリカらしい描写にヒロインの扱いがある。一見、芯の強そうなハスキー声の女傑タイプなのだが、主人公のロボットが動き出したとき、甲高い声で絶叫するのである。「あれ、強い女性のはずなのに、突然か弱い女性になった」と子供の頃の私は唐突に感じた。
 この時代のヒロインは、か弱く絶叫しなければならないのだ。
 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆☆ 優
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆ 佳作

 
【受賞】ゴールデン・グローブ(国際賞)(1951年)
 
晴雨堂関連作品案内
オリジナル・サウンドトラック 地球が静止する日
地球が静止する日 <2枚組特別編>〔初回生産限定〕 [DVD] スコット・デリクソン
宇宙人東京に現わる [DVD] 島耕二
 
晴雨堂関連処方箋案内
家族と一緒に癒されよう 6 「宇宙人東京に現わる」


 
 blogram投票ボタン
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://seiudomichael.blog103.fc2.com/tb.php/788-6c816740

 | HOME | 

文字サイズの変更

映画処方箋一覧

晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。

下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。

メールフォーム

晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター

2007年10月29日設置

当ブログ注目記事ランキング

当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。

設置2013年6月13日

ブログランキング

下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。

  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
79位
アクセスランキングを見る>>

タグランキング

晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。

訪問者閲覧記事

最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

晴雨堂ミカエルのtwitter

最近、ようやくツイッターの使い方が解ってきた。

FC2各種サービス

アフィリエイト・SEO対策

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

晴雨堂お薦めツール 

   

提携サイト・・旅行

現在、工事中。

提携サイト・・映画・アニメ

提携サイト・・書店

 

提携サイト・・アウトドア

登山・旅行・チャリンコなど、関連グッズ販売のサイトを紹介します。

   

提携サイト・・健康用品

提携サイト・・雑貨

提携サイト・・和装

和服姿になれば、気分は時代劇ヒーロー・ヒロイン。

晴雨堂お薦めスタンダード麦酒

晴雨堂が薦める比較的手に入り易い麦酒です。

晴雨堂から、お知らせと呟き

諸君!また一年、生き残りましょうぞ!

ミカエル晴雨堂提携サイト案内

   

designed by たけやん