FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「黄色いリボン」 寂しさを紛らわす時に〔18〕 

黄色いリボン」 西部劇古典の名作
 


【原題】SHE WORE A YELLOW RIBBON
【公開年】1949年  【制作国】亜米利加  【時間】103分  【監督】ジョン・フォード
【原作】ジェームズ・ワーナー・ベラ
【音楽】リチャード・ヘイグマン
【脚本】フランソワ・ニュージェント ローレンス・スターリングス
【出演】ジョン・ウェイン(ブリトルス大尉)  ジョーン・ドルー(オリヴィア)  ジョン・エイガー(コーヒル中尉)  ベン・ジョンソン(タイリー軍曹)  ハリー・ケリー・Jr(ベネル少尉)  ヴィクター・マクラグレン(クィンカノン従卒)  ミルドレッド・ナトウィック(隊長夫人)  フランシス・フォード(-)    
  
【成分】知的 かっこいい 1876年 西部劇 
   
【特徴】黒澤監督に強い影響を与えたジョン・フォード監督作品、主演は西部劇のヒーロージョン・ウェイン
 古き良き西部劇の名作。若くてイケメン男優がヒーローではなく、老境に差し掛かった退役間近の将校が主人公。西部の砂漠を美しいパンフォーカスのカラーで撮り出した作品としても知られる。これ以降、西部といえばネバタの荒野が定番になる。
 主題曲は非常に有名で名曲。
 
【効能】熟年世代へ元気と活力を与える。
 
【副作用】アメリカ先住民を悪者に描いていて不快感。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。  
私にとっては「西部劇」の代名詞。

 小学生の頃に観たおぼえがある。主題歌が印象的で、西部の男たちが野良仕事の体で笑いながら肩を組んで合唱していそうな明るい歌だ。「♪SHE WORE A YELLOW RIBBON」と口ずさめるファンも少なくないだろう。
 監督は西部劇の巨匠といえるジョン・フォード氏、主人公の老大尉役はこれまた西部劇史上の英雄ジョン・ウェイン氏。(余談1)

 ジョン・ウェイン氏は渋くて頼り甲斐があって老獪な人物を好演している。同世代の部下で大酒飲みの老軍曹との駆け合い漫才的な会話が愉快だ。西部劇に付き物のライフルや拳銃の撃ち合いよりも、雲ひとつ無さそうな深い青空に雄大な荒野をバックにした西部の男たちの会話を楽しむ映画である。
 実際、ユタやアリゾナ地方にまたがる荒野は西部劇の定番であり、それを定番にしたのがジョン・フォード監督であり、本作は40年代の作品ながらパンフォーカスが効いたカラー映像ゆえ美しい。風景写真の見本だ。

 残念ながら、当時の作品なのでアメリカ先住民を「侵略者」として描いているのが不愉快だ。ただ、比較的ドンパチは少なかったように記憶している。体力と銃の腕よりも老大尉の交渉力が光る内容なのが好感を持つ。
 不快な点はあるが、それでも私の中ではカラーの西部劇の代名詞である。

(余談1)先日レビューした「OK牧場の決闘」、実はジョン・フォード監督も同じ事件を扱った映画を40年代に制作していた。若きヘンリー・フォンダ氏主演の「荒野の決闘」である。
 因みにフォード監督は最晩年のワイアット・アープ氏と親交がある。これはすごい。邦画に例えたら黒澤監督が少年時代に新選組の斉藤一の晩年に遭遇するようなものか。(残念ながら実現していないが)

 初めて観たときは、まだ小さい子供だった。最初はジョン・ウェイン氏がカスター将軍に扮していると勘違いしていた。小学校高学年の時に再度観る機会があり、勘違いであることが判った。

 本作の台詞にも名前があがったカスター将軍は、西部劇の英雄として有名だ。20歳代で将軍になった人物として評判だが、実は民兵組織で少将を務めていたのであって、正規軍では中佐だった。それでも周囲から「将軍」と称されていたようである。
 西部劇でよく取り上げられる栄光の第七騎兵隊、史実ではアメリカ先住民掃討を主任務に動き無抵抗の婦女子をも皆殺しにした悪名高い部隊、この指揮官を務めたのがカスターで、まだ30代後半の若さで戦死するのだが、無謀で思慮の浅い戦術が原因だったという。まったくのトンデモ人間だ。
 

 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆☆ 優
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆ 佳作

 
【受賞】アカデミー賞(撮影賞カラー)(1950年)
 
晴雨堂関連作品案内
アパッチ砦 [DVD] FRT-082 ジョン・フォード
リオ・グランデの砦 [DVD] FRT-192 ジョン・フォード
駅馬車 [DVD] FRT-058 ジョン・フォード
荒野の決闘 [DVD] FRT-059 ジョン・フォード 
 
晴雨堂関連書籍案内
ジョン・フォードの旗の下に (リュミエール叢書)
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
58位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク