FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

辻元清美 近頃の現象[二百三十三] 

国交副大臣に辻元清美
 
辻元清美
辻元清美公式サイトから

 政府は18日午前の閣議で、鳩山内閣の副大臣22人を決定した。

 国土交通副大臣に社民党の辻元清美衆院議員が就任する。同日夕の皇居での認証式を経て発令される。(読売新聞)
 
【雑感】興味ある点が2つある。1つは長妻昭氏とならぶ論客スター議員である馬淵澄夫氏とともに辻元清美氏を副大臣に起用した事。これは鳩山由紀夫首相・前原誠司国交相らの土建行政方針は揺ぎ無いものである証と解釈できる。
 そもそも辻元清美氏は以前より自民党の土建行政に否定的であり、ダム建設反対派の側の立場で現場を視察して、長良川河口堰問題でも熱心だった。護憲派勢力の多くは、環境保護・反戦反核・世界平和・アジア友好・男女平等などの思想がセットであり、そんな市民運動畑から政治家になったのが辻元清美である。
 防衛問題では前原氏と辻元氏は正反対の立場だが、ダム問題については以前より共闘関係にある。この国交省中枢の陣容は、ダム建設を止める強固な意志の表れだ。
 
 もう1つは、「前科」がついた国会議員が副大臣になるのは初めての事だ。れいの秘書給与流用事件、同時期に失脚した政治家に鈴木宗男氏がいる。彼もまた新党大地で復活し、いまや同じ与党議員として衆院外務委員長就任をめぐり野党と紛糾している。
 かつて辻元氏は鈴木宗男氏を激しく非難し追及していたのだが、今はどんな気持ちなのだろうか? 昨日の敵は今日の友か。
 

 
 blogram投票ボタン
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2009/09/19 00:19 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
64位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク