FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

ストレス解消活劇 「デス・レース」 

デス・レース」 
デス・レース2000」のリメイク

 
 

【原題】DEATH RACE
【公開年】2008年  【制作国】米  【時間】105分  【監督】ポール・W・S・アンダーソン
【音楽】ポール・ハスリンジャー
【脚本】ポール・W・S・アンダーソン
【出演】ジェイソン・ステイサム(ジェンセン・エイムズ)  ジョーン・アレン(ウォーデン・ヘネシー)  イアン・マクシェーン(コーチ)  ナタリー・マルティネス(エリザベス・ケース)  タイリース・ギブソン(マシンガン・ジョー・メイソン)  マックス・ライアン(パチェンコ)  ジェイコブ・バルガス(ガナー)  ジェイソン・クラーク(ウーリック)  フレデリック・コーラー(リスツ)  ロバート・ラサード(ヘクター・グリム)  ロビン・ショウ(14K)  デヴィッド・キャラダイン(フランケンシュタイン)
   
【成分】パニック 勇敢 セクシー かっこいい バイオレンス 近未来 レース
     
【特徴】デヴィッド・キャラダイン主演、シルヴェスター・スタローン悪役の「デス・レース2000」のリメイク。低予算の前作と違って、最新の技術で作り上げた迫力映像が魅力。
 
【効能】アドレナリン全開! スカッとストレス解消。
 
【副作用】前作の低予算の魅力が無くなってつまらない。前作の社会批判的笑いが無いのでつまらない。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。  
最新の技術でもって
メジャーのアクション映画としてリメイクされる


 「ロッキー」で大成功を収める直前にスタローン氏が悪役として出演した作品が「デス・レース2000」である。主演はTVドラマ「燃えよカンフー」で人気をはくし、最近の「キル・ビル」で若い映画ファンにも知られるようになるデヴィッド・キャラダイン氏。スタローン氏はそのライバルであるマシンガン・ジョーに扮してゴツイ身体で怒鳴り散らすのだが、妙に迫力が無くむしろ可愛らしく見える不思議なダイコンぶりだった。(余談1)

 「デス・レース2000」は恐ろしい低予算映画だった。(余談2)「ロッキー」も低予算だったが、この映画は低予算ぶりを観客にわざわざ見せ付けているから凄い。メカデザインも自主制作映画を趣味とするアマチュアが頷きながら観る仮装行列の自動車レベル。ヒロインはモデル系スレンダー美人なのだが垢抜けしていなく地味で日本人の感覚では少し老けて見える。
 ただ、舞台設定や台詞が面白く笑ってしまう。この笑いは抱腹絶倒の爽やかな大笑いではなく、ニヤニヤと不気味に笑う部類だ。そこが「デス・レース2000」の魅力でもあった。

 さて本作。前作が公開された1975年から見れば2000年は近未来だが、今年(2008年)からみれば既に過去。だから設定を変えざるを得ない。一応、今年からみれば近未来だが、かなり近い将来に描いているのが意外だった。また前作のヒロインはパッとしないが、今回のナタリー・マルティネス氏は美形かつワイルドで都会的で女戦士や女囚に向いているキャラクターだ。
 他は全て予想通りの展開。つまらないのではないのだが、私がポール・W・S・アンダーソン監督だったら選択する無難で慣れた展開だ。つまり想定内なので物語としては少し残念だった。したがって無邪気にアクションと破壊と殺戮場面を楽しむべし。

 やっぱり、私は前作の方が好きだ。

(余談1)悪役というより狂言回しか。レースに出る他のライバルも影が薄い。それよりも熱烈な「デス・レース」ファンでファンキーな実況中継のアナウンサーと、真面目な顔でトンデモ発言をする解説者が印象に残っている。
 
(余談2)冒頭で西暦2000年の未来都市が描写されるのだが、なんと鉛筆でいい加減に描いた都市のイラストなのだ。観てから20年以上経つから記憶違いかもしれないが。
 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆☆ 優
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆ 佳作

 
晴雨堂関連作品案内
デス・レース2000 [DVD] ポール・バーテル
 

 
 blogram投票ボタン
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



前作をさっぱり思い浮かべませんでした、そういや。
ジェイソン・ステイサムという役者が、一個のキャラとして、ブランド品になったんでしょうね。
彼の映画!!でしたから。
結構スカッとして、楽しめました。
[ 2009/09/27 22:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://seiudomichael.blog103.fc2.com/tb.php/833-7c937cf4

 『命を、賭けて、参加せよ。』  コチラの「デス・レース」は、1975年に製作された「デス・レース2000年」というカルト映画を、「バイオハザード」のポール・W・S・アンダーソン監督がリメイクした11/29公開のPG-12指定のカー・アクションなのですが、早速観て来ちゃい...
[2009/09/27 17:32] ☆彡映画鑑賞日記☆彡
ジェイソン・ステイサムのカーアクション映画といえば、ジャッキー・チェンのカンフー映画みたいなものでしょう(笑)。カーアクション物って好きなんですけど、コレッてリメイク版だったんですね。オリジナルの『デス・レース2000年』というタイトルは記憶にないんだけど、...
[2009/09/27 17:56] カノンな日々
なにね、これが結構面白かったんですよ。
[2009/09/27 20:39] 迷宮映画館
(原題:Death Race) -----これってデヴィッド・キャラダインが主演した 『デス・レース2000年』のリメイクって聞いたけど、 それ本当ニャの? 「うん。製作総指揮にロジャー・コーマン。 それだけでなく 彼がプロデュースした『デス・レース2000年』が基になっていると...
[2009/09/27 21:05] ラムの大通り
「バイオハザード」や「エイリアンvsプレデター」で知られるB級野郎、ポール・W・S・アンダーソンの新作は、監獄島を舞台に囚人たちが繰り広げ...
今週の平日休みの2本目は「TOHOシネマズららぽーと横浜」で、 ポイント使ってタダ観。 主演のジェイソン・ステイサムは・・・ 前作「リボルバー」の長髪で失敗してるけど・・・ 今回はいつもの、厳つい坊主頭だよーーーっ。
カーアクション・オンチなんだけど・・楽しめるかな?【story】近未来のアメリカ。犯罪が多発し、刑務所は営利目的の民間企業が運営していた―四方を海に囲まれたターミナル・アイランドと呼ばれる脱獄不可能な刑務所では、服役中の凶悪犯による過激な死のレース“デス・?...
もー、こういう映画大好き!音楽は最高にカッコいいし、アドレナリンはガンガン上昇するし。何も考えずに映画を楽しみたい人に、絶大なオススメ。S・キングの選ぶ'08年のベスト10の、第10位の作品。
[2009/09/30 16:43] レザボアCATs
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
73位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク