FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「名探偵ホームズ2 海底の財宝の巻」 家族と一緒に愉快になろう〔1〕 

名探偵ホームズ2 海底の財宝の巻」 
シャーロッキアンも納得では?

  

 
【公開年】1984年  【制作国】日本国  【時間】24分  【監督】宮崎駿
【原作】コナン・ドイル        
【出演】柴田彦(ホームズ)  富田耕生(ワトソン)  信沢三恵子(エリソン夫人)  大塚周夫(モリアーティ教授)  肝付兼太(トッド)  二又一成(スマイリー)  玄田哲章(レストランス警部)  田中真弓(レストランスの娘)   
 
【成分】笑える コミカル パニック 勇敢 かっこいい 江戸時代 時代劇
 
【特徴】時代劇の傑作「椿三十郎」のリメイク。リアルな江戸時代のホームレス素浪人三船敏郎から現代的なフリーターぽい素浪人織田裕二が特徴。
 全編にわたって、コミカルな雰囲気の中で迫力とリアリティある殺陣が素晴らしい。元の脚本が良いので面白い。前作より血飛沫描写は抑えている。
 
【効能】椿三十郎の飄々としたアウトローに安心感がある。右往左往する青年侍たちの青臭さに親近感。物語のテンポに爽快感。
 
【副作用】前作と殆ど変えていないので、リメイクの手抜きに見える。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。  
「ナウシカ」と同時上映だったかな?
  
 記憶違いかもしれないが、「ナウシカ」と同時上映だったのではないかと思う。当時の私には「ナウシカ」よりもこの「ホームズ」の方がメインだった。
 
 シャーロキアンとは名探偵シャーロック・ホームズのオタクの事である。「スタートレック」のオタクをトレッキーと呼ぶのと同じだ。ホームズの世界を熟知しているだけでなく、実在存命の人物と信じて疑わない人もいるそうで、映画化・アニメ化にはシャーロキアンたちの酷評を覚悟しなければならない。私はシャーロキアンではないが、宮崎駿氏が担当したパイロット版は原作の香りが色濃く残っていて納得できるのではないか、と思う。
 
 原作を読んでいない人たちは、ホームズを文武両道の溌溂とした正義の味方の爽やかなお兄さん、というイメージを持っていると思う。これは子ども向けに書き直されたホームズもの小説や漫画の影響だ。
 
 しかし原作のホームズは、正義感は強いが些か病的で、内面に屈折したものを抱えている上にワトスンが気を付けていないとドラッグをやりかねない不健康な気質、整理整頓が苦手、知識量は抜群だがそれは犯罪捜査に関連のあるものに限定、ハッキリいって犯罪捜査オタク。宮崎駿氏も原作を大事にしているのか、ホームズのだらしない部分、変わっている雰囲気は随所に残していた。
 
 宮崎駿氏が手掛けたアニメは19世紀ヨーロッパの描写が優れている事で定評があるが、この作品もホームズが活躍した19世紀末のビクトリア王朝時代のロンドンが再現されている。飛行機が登場するが、これは愛嬌だろう。(アニメの設定時代は20世紀初頭か? それではアガサ・クリスティの探偵ポアロと同時代になるが、そうなると服装がちょっと・・)
 
 ファンによっては好き嫌いがあろうが、私は柴田彦氏がホームズの声を担当した方が聞こえが良かった。TV放映時に担当された広川太一郎氏は優しいお兄さん的声なので、合っていないと思った。
 
 TVで放送される事になる訳だが、この「海底の財宝」と「青い紅玉」「ミセス・ハドソン人質事件」「ドーバーの白い崖」以外のエピソードは熟れていない印象を持った。たぶん、ゴールデンタイムで放送する子ども向けアニメゆえ、制約が非常に厳しかったのだろう。テレビ局側が要求する対象年齢は小学生以下だろうと思う。
 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆☆ 優
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆☆ 名作







 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
58位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク