FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「コンスタンティン」 自分に喝を入れたい時に〔28〕 

コンスタンティン」 禁煙啓発映画の佳作。
 


【原題】CONSTANTINE
【公開年】2005年  【制作国】亜米利加  【時間】121分  
【監督】フランシス・ローレンス
【原作】ジェイミー・デラノ ガース・エニス
【音楽】ブライアン・タイラー クラウス・バデルト
【脚本】ケヴィン・ブロドビン フランク・カペロ
【言語】イングランド語
【出演】キアヌ・リーヴス(ジョン・コンスタンティン)  レイチェル・ワイズ(アンジェラ・ドッドソン/イザベル・ドッドソン)  シャイア・ラブーフ(チャズ)  ジャイモン・フンスー(パパ・ミッドナイト)  マックス・ベイカー(ビーマン)  プルイット・テイラー・ヴィンス(ヘネシー神父)  ティルダ・スウィントン(天使ガブリエル(ハーフ・ブリード))  ギャヴィン・ロズデイル(バルサザール(ハーフ・ブリード))  ピーター・ストーメア(サタン(ルシファー))  ホセ・ズニーガ(-)  エイプリル・グレイス(-)  フランシス・ギナン(-)
   
【成分】ファンタジー パニック 不気味 知的 かっこいい オカルト エクソシスト
     
【特徴】サラリーマン崩れ風の若いエクソシストの活躍が描かれている。余命いくばくもない主人公はエクソシストとしての実績をあげて天国へいくことを画策するが、それをサターンたちが阻む。
 日本なら永井豪氏が描きそうなエンタメ・オカルト映画の体をとっていて宗教色豊かなように見えるが、ことあるごとに煙草の害が強調される禁煙啓発映画だ。
  
【効能】煙草嫌いになる。禁煙決断を促す。
 
【副作用】豪華なキャストと豪華な舞台の割に安っぽさを感じてしまう。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。  
キアヌのアタリ役

 「コンスタンティン」という名を聞いて連想するのは、キリスト教を公認した4世紀のローマ皇帝コンスタンティヌスだ。コンスタンティヌス以後、キリスト教化したローマの皇帝やローマ教皇の名前にしばしば見られる。だからキリスト教をイメージしてしまう。別に「コンスタンティン」自体は普通にありふれた名前なのだが。

 以前から抱く名前のイメージと、キアヌ氏演じる主人公が妙にマッチしていた。白のワイシャツに緩めにしめた黒いネクタイ、ジャケットを省きワイシャツの上から膝上5センチ丈の黒のハーフコートを着る、サラリーマン崩れといった感じの青白い面長顔のキアヌ氏がモノトーンのファッションに映える。全編に渡るキリスト教的オカルト雰囲気、私の筆名がミカエルという訳ではないが好きなイメージだ。(余談1)

 この映画は深夜0時前後のナイトショーで観た。ナイトショーのチケットが安かったのもあるが、作品の雰囲気からして昼間みるよりも夜中の方がより作品を引き立てると思ったからだ。
 思った通り、魅力的な雰囲気とテンポの良さで物語が進行する。キアヌ氏演じる主人公コンスタンティンは少し崩れたエクソシスト、しかも肺を患っていて余命幾ばくも無い。病的な青白い顔ながら淡々とテキパキと悪魔祓いをして行く。正義感からとか職業意識からではなく、地獄に落ちたくないゆえに少しでも神様へ心証を良くしようと点数を稼いでいるところが等身大で親近感を覚える。

 このオカルト風味を天使もどきのガブリエル(余談2)が良い意味で壊してくれる。ライトな紺色の細いスーツを着こなしてガブリエルが登場するのだが、迷信深く悩むコンスタンティンに向って「命を縮めているのは単にお前の喫煙癖」と注意するのである。神様や悪霊や天使が登場する宗教色豊かな超自然現象を扱った作品の節々に、こういった生活臭溢れる現実的な苦言が心地よく挿入される。

 原作はアメリカのコミックらしいが、私は永井豪氏の「デビルマン」や「デビルマンレディー」の雰囲気に似ているような気がした。佳境でアメリカ人らしく超能力ではなくショットガンや火炎放射器で敵を倒して行くところが小憎らしい。
 最後のオチは成仏して天に召されようとするコンスタンティンを悪魔が「このまま天国へ行かしてなるものか」と妨害し、なんと長年の喫煙で黒くなった肺を取り除いて無理やり健康体にしてシャバで生き続けるようにしてしまうのである。主人公本人にとっては不運だが、鑑賞する私たちにとってはメデタシである。

 なんだ、これはオカルト仕立てのエンタメ禁煙教育映画じゃないか、観終わって思った。アメリカ人の啓発映画はエンターテイメントで説教臭くなくて良い。
 

(余談1)「コンスタンティン」が封切られていた頃、ちょうど私の外出着も白のワイシャツに濃紺のハーフコートだった。別にキアヌのコンスタンティンを意識していた訳ではなく、昔から私はモノトーンのファッションだったし、シャツの上からコートを着るのは単に30代半ばくらいから暑がりになってきて重ね着をあまりしなくなったからだ。

(余談2)映画に登場するガブリエルは猛禽類の白い翼をみせていたが大天使ガブリエルとは別。天使と悪魔の中間的ポジションのハーフブリードという設定。

 そういえば私の筆名も大天使ミカエル由来だ。これも語呂が良いというか音感が気に入ったから名乗っているのであって、別に大天使を意識して付けた名前ではないのだが。当初は平凡にマイケルという名にするつもりだったが、屋号である晴雨堂の「堂」が新仏を祭る建物の意味があるのでマイケルでは軽い感じがして、マイケルの原語のミカエルにした。


 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆ 良
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆ 佳作

 
晴雨堂関連作品案内
オリジナル・サウンドトラック「コンスタンティン」
 
晴雨堂関連書籍案内
コンスタンティン (竹書房文庫) ジョン シャーリー


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://seiudomichael.blog103.fc2.com/tb.php/851-e9f987e6

『コンスタンティン』 CONSTANTINE 2005年・アメリカ 神とサタン、天使と悪魔はこの世界を使ってゲームをしている。 過去に自殺を試み、生きて...
[2009/10/05 17:12] 猫の毛玉 映画館
 『天国と地獄のエージェント あなたはその戦いを、知らない方がいい』  コチラの「コンスタンティン」は、コレもアメコミもんで、スーパーマンやバットマンのDCコミックの大人向けレーベルである「ヴァーティゴ」の「ヘルブレイザー」の実写映画化で、キアヌ・リーヴ...
[2009/10/05 19:03] ☆彡映画鑑賞日記☆彡
公開初日のナイトショウで見てきました。 他にも「インファナル・アフェア?」とか「マスク2」とか「阿修羅城の瞳」とかが初日だったけど。 今月はこれが劇場1本目。 やっと見ようかなっ・・・って作品が始まりだした感じですよ。 さすが、川崎チネチッタ・・深夜のわり?...
コンスタンティン なんかぱっとせん映画ですなあ。 個性的な主人公、神と悪魔ときて、これほどぱっとせんものが作れるとは、驚きじゃけの。 これ真っ暗な劇場で見てたら後半、寝てたな。 キアヌ・リーブスが主人公のはずなのに、どうも影が薄い。 まあヒロインのレ..
[2009/10/06 07:50] カフェビショップ
手持ちのDVDで鑑賞―【story】かつて自ら命を絶ち、2分間だけ死んだことで天国行きを閉ざされたジョン・コンスタンティン(キアヌ・リーブス)。天国に行くために、自らの特殊な能力を生かして悪魔払いのエクソシストとなるが―     監督 : フランシス・ローレン?...
コンスタンティン [DVD]◆プチレビュー◆紅蓮の炎の地獄の風景に、被爆地の広島・長崎のイメージが重なってしまった。思わぬところで自分の“日本人”度を再確認してしまった。長~いエンドロールのあとに大事なワンシーンがあるのでお見逃しなく。子供の頃から...
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
58位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク