FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

中川昭一(3) 近頃の現象[二百五十四] 

鳩山首相、中川元財務相の自宅を弔問
 
 鳩山由紀夫首相は5日午前、急死した中川昭一元財務・金融担当相の東京都世田谷区の自宅を弔問に訪れた。弔問後、首相は記者団に「これから自民党に頑張っていただきたい時、2大政党政治に向けて頑張っていくさなかで、自民党にとってもつらい話だと思う」と語った。(毎日新聞)
 
【雑感】だんだん明らかになってきた。死亡する数日前の段階から体調が極めて悪かったようである。死の直前に嘔吐していたようだが、窒息死という報道は無い。循環器系に著しい異常があったことや、血中のアルコール、精神安定剤などの医薬品を常用、不眠の訴えなどが判明。
 となると、就寝してまもなく突然気分が悪くなり、うつ伏せになって嘔吐し呻き、そのまま心不全で亡くなられたと見るのが自然か。自殺ではなさそうだ。
 
 ストレスが命取りになったのかな。私も一時期激務の日々が続き、慢性的な睡眠不足に加えて職場や市民運動の現場、さらには身内から非難の集中砲火を浴びた事があった。正直いって私は死ぬかと思った。
 単に気分が悪いどころのレベルではない。動悸・息切れ・吐き気があった。非難する相手は俺一人に向かってだが、俺は四方八方から攻撃を受け、一日中針の莚状態が続くのだ。どこかで心を休ませ癒す時間が取れたらよかったのだが、そんな時間が無いまま数ヶ月を過ごした。睡眠時間もよくとれて3時間、殆ど90分程度の仮眠しかとれない毎日が続いた。今だから言うが、心療内科で通院治療を受けた時期もあったのだ。
 
 だが、中川昭一氏ほどの人物なら、絶対支持の応援団がいる。中川氏をストレスから守ろうと楯になる身内や後援者がいる。心置きなく、いったんリセットの意味で入院するべきだった。病気の自覚が無かったのかな?
 政治家はしぶとく生きなければ意味は無い。
 
 
 さて、下のYouTube投稿画像はondori55氏の政府批判ネタである。れいの「酩酊会見」直後に編集されたようで、当時なら痛快画像だったろう。BGMの選曲はなんとザ・フォーク・クルセダーズのお笑い名曲「帰って来たヨッパライ」だ。あの時点なら痛烈爆笑の素晴らしいセンスだった。またあの会見はそこそこのお笑い芸人よりも笑いがとれる名スピーチだった。
 
 もし、自民党が再び政権を奪取し、昭一氏も名誉挽回失地回復に成功し、晴れて名物総理にでもなれば、この映像は昭一氏の良い意味での人間臭い魅力になっただろう。ロシアのエリツィン元大統領の例もある。
 しかし今となっては、かなり痛い内容である。もはやこれを見て笑えない。この投稿画像に寄せられるコメントも、投稿者への非難が目立っている。
 

 
 死者であっても容赦しない欧米諸国や中国ならこれもアリかなと思うが、この日本ではどうだろうか? 日本では亡くなれば仏様になったり、神として神社に祭られる文化だ。この文化はたとえサヨクであっても染み付いているメンタリティである。
 体制批判を目的として投稿されたものなら、もはやこの画像の役割は終わっているのではないか。
 

 
 blogram投票ボタン
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2009/10/06 01:15 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(2)
本当に、近年の自民党は、あとで政権をとったら笑える話ばかりだったのですが、元農水大臣の松岡さんといい、中川さんといい、亡くなってしまったら、笑えません…。

ストレスがよほど強かったのも理解できますが、支援者や家族のことを考えたら、一度「断つ」と言ったお酒は、やめた方がよかったのでは…と、思ってしまいます。
[ 2009/10/06 11:37 ] [ 編集 ]
 政権奪取と議員返り咲きまで酒を断つ事ができたら、それだけでも失地回復名誉挽回お釣り付、一躍アイドル政治家になれていたでしょう。
 
 死んでしまったら「酩酊会見」も人生最大の汚点にしてタブーになる。生きて復活すれば、逆に自分の魅力を引き立てる道具に使えた。酔いどれ政治家だけど、やるときはやる、という具合にです。エリツィンなんか、酒にまつわるトラブルが多かったようですが、ここぞというときに戦車の上に仁王立ちになって群集に演説し、ソ連邦を解体させました。ブッシュなんかも醜聞だらけ。小平の醜聞は知らないが、三度も失脚しては復活しました。それも紅衛兵からリンチにあって殺される危険すらあった。
 
 日本はまだまだチャンスが多いのです。やばいと思ったら、自分から意識してバカになることも必要です。

> 本当に、近年の自民党は、あとで政権をとったら笑える話ばかりだったのですが、元農水大臣の松岡さんといい、中川さんといい、亡くなってしまったら、笑えません…。
>
> ストレスがよほど強かったのも理解できますが、支援者や家族のことを考えたら、一度「断つ」と言ったお酒は、やめた方がよかったのでは…と、思ってしまいます。
[ 2009/10/06 14:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
73位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク