FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

カップルで癒されたい時に 2 「夜の終りに」 

夜の終りに」 ほっと一息のラブコメ
 
夜の終りに
NIEWINNI CZARODZIEJE 夜の終りに [VHS]
 
【公開年】1961年  【制作国】波蘭  【時間】87分  【監督】アンジェイ・ワイダ        
【出演】クデウィシュ・ウォムニッキー(スポーツドクター・バジリ)  クリスティナ・スティプウコフスカ(ペラギア)  ズビグニエフ・チブルスキー(ドクターの友人)     
 
【成分】笑える 楽しい ゴージャス 知的 かわいい コミカル ラブコメ 青春

【特徴】戦中戦後の戦いを描いた抵抗三部作で知られるアンジェイ・ワイダ監督が、血と硝煙と政治臭が感じられない平和なラブコメディを放つ。
 
【効能】初めて女の子付き合った時のような初々しさと充実感が呼び覚まされる。
 
【副作用】古典的ラブコメでがっかりするかもしれない。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。


ブログランキングに参加しています。  
束の間の雪解けを象徴する作品

 アンジェイ・ワイダ監督が放つラブコメディ。ワルシャワ蜂起などを題材にした作品で有名な監督が、爽やかな青春モノを創った。観る人によっては他愛無い映画だと一蹴するかもしれない。ただ、これ以前のが重たい映画だっただけに、ワイダ監督はこんな作品も手掛けるのかと新鮮な感動があった。(余談1)
 
 お洒落な青年医師とナイトクラブのコンサートにやってきた若い女との恋の駆け引き。ストーリー展開は池田理代子氏や萩尾素都氏ら70年代・80年代に活躍した少女漫画家が一度は似たようなストーリーを描いたのではないかと思うようなコメディである。あまり気合いを入れずに楽な気持で観れラストも爽やかに迎える。
 「灰とダイヤモンド」で壮絶な最期を遂げる青年役をしていたチブルスキー氏は、ここでは主人公のバンド仲間の役だ。
 
 ただ、社会主義国が辿った歴史的背景を考えると、実は重たいモノがある。この時期、ソ連では強権と粛正のスターリン政権から穏健的なフルシチョフ政権へと移り変わり、東欧諸国はまるで雪解けのような解放感があったそうである。ソ連でも「誓いの休暇」のように美しいプラトニックなラブストーリーの映画が国際的に評判となっていた。そんな時期での「夜の終りに」である。
 
 この映画のポスターを見た事がある。トランプのようなデザインで、青年医師と少女が上下足を向けあったような構図だった。少女は黒い下着姿だったように記憶している。あの頃のポーランドは一時的に自由な雰囲気だったんだなと思わすポスターだ。
 
(余談1)最近、ワイダ監督は第二次大戦時に起こったカチンの森虐殺事件を題材にした映画「カチン」を制作。
 第二次大戦初期に万の数のポーランド軍将校がカチンの森に連行され虐殺された。ポーランド軍の解体を狙ったあまりに常軌を逸した粛清である。長らくナチス・ドイツの仕業だと言われてきたが、ソ連がゴルバチョフ政権時代にソ連軍が行ったと認めた。この事件については、ポーランドとソ連を引き継いだロシアとの間で政治的紛争が続いている。
 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆ 良
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆☆ 名作

 
晴雨堂の関連書籍案内
アンジェイ・ワイダ自作を語る
ワイダの世界―映画・芸術・人生
 

ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
61位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク