FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

シー・シェパード 近頃の現象[二百八十三] 

シー・シェパード 2船態勢で捕鯨妨害
 
 日本の調査捕鯨船への過激な妨害行為を毎年、繰り広げている米環境保護団体「シー・シェパード」(SS)が今年、2船態勢で捕鯨船への追跡を準備していることがわかった。従来の抗議船のほかに、40ノット(時速約72キロ)を誇るバイオディーゼル船が加わる。SSのポール・ワトソン船長は「海洋で日本船に付きまとい、鯨の捕獲を邪魔する」と宣言している。(産経新聞)
 
【雑感】さすがシー・シェパード、背後にいる潤沢な資金と技術を有するスポンサーの存在を実感させられる。鯨に「人権」があると思い込み捕鯨を「虐殺」と勘違いする勢力はかなりの規模であることを窺わせる。
 
 シー・シェパード」、聖書の知識がある人ならピンとくると思うが、シェパードとは「羊飼い」つまり「海の羊飼い」を自負する活動家たちだ。だから科学的根拠よりもキリスト教的信念が行動のベースになっている。
 宗教の恐ろしさをイマイチ解っていない寛容な多神教信仰の日本人は「話せば解ってくれる」と希望的観測をもってしまうが、熱心な信徒は信仰の拠り所を捨てることはなく、それを脅かす言動は「侵略行為」であり、その存在は否定すべきものと反射的に思うものである。
 彼ら彼女らにとっては、捕鯨船に天誅を下したいところを一応国際法を考慮して妨害活動に留めているということが精一杯の譲歩である。もし魔女裁判による弾圧虐殺や異教徒を蹂躙してきた中世キリスト教徒の感覚なら、捕鯨船は悪魔の船として撲滅・破壊の対象だろう。

 だから、日本側が理をいくら説いても、彼ら彼女たちには(神に対する)犯罪行為を既成の法律を盾にとって行っているようにしか見えない。合法的に戦争を起こして武器輸出をしている悪徳商人も捕鯨船の労働者たちも、彼ら彼女たちの目には同じに映るのだろう。

 ヒンズー教徒の中でポール・ワトソン氏と同じ感覚を持つリーダーが現れないかな。世界中の牧場や食肉加工工場で大規模な妨害工作が行われるだろう。牛は神聖な生き物だから。
 

 
 blogram投票ボタン
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2009/11/02 16:43 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
5位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク