FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

小樽ビール ビールは偉大な発酵食品だ 1 

小樽ビール

 
 自宅の裏手にあるスーパーの酒売り場で見つけた。以前の地ビールであれば、現地で呑む生ビールか、瓶ビールを取り寄せるかであったが、いつの間にか缶ビールも売られる様になった。どこの業者が先に始めたかは知らないが、新潟のエチゴビールや長野のヨナヨナエールは早くから缶ビールを出していたように思う。
 
 さて、このビールは北海道小樽の地ビールである。小樽といえば、明治時代を連想するレンガ造りの倉庫群が観光の名所となっていたと思うが、ビアホールにピッタリのイメージだ。
 写真のビールの売りはオーガニックの食材で醸造している点である。ホームページを拝見すると、ピルスナー・デュンケル・ヴァイツェンと出しているようだ。ということは、ドイツ式ビールだろう。
 
 私はアメリカや日本の薄味ビールよりも、ドイツ・チェコ・ベルギー・スコットランド・アイルランドなどの濃いビールが好きだ。日本の地ビール業者の多くは大手ビール会社との差別化をはかるためにドイツかベルギー式のスタイルを選んでいる。私にとっては好ましい状況だが、残念ながら不景気と発泡酒・第三のビールに圧されて、一時は300業者ほどに増えた地ビール業者も随分減り、私のお気に入り地ビールもかなり姿を消した。
 
 葡萄酒は芸能人や有名ソムリエが喧伝しているので、不景気にも関わらず高級葡萄酒がもてはやされているが、ビールに入れ込む著名人はなかなか現れてこない。困ったものだ。かくなる上は晴雨堂が有名になる他ないか?
 
 さて小樽ビールだが、写真でもお判りのように泡が硬くて盛り上がっている。これがドイツ式ビールの特徴であり、日本の地ビールの特徴でもある。私はこういうビールを今は無条件で応援する。
 
小樽ビールのHP

 

ブログランキングに参加しています。
 
 
関連記事
スポンサーサイト



このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/12/11 03:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
73位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク