FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「DRAGONBALL EVOLUTION」 ストレス解消活劇 

DRAGONBALL EVOLUTION」 
見事に
アメリカンコミック「DRAGONBALL」してる。

 


【原題】DRAGONBALL EVOLUTION
【公開年】2009年  【制作国】米  【時間】87分  【監督】ジェームズ・ウォン
【制作】鳥山明 ティム・ヴァン・レリム
【原作】鳥山明
【音楽】ブライアン・タイラー
【脚本】ベン・ラムジー
【出演】ジャスティン・チャットウィン孫悟空)  エミー・ロッサム(ブルマ)  ジェームズ・マースターズ(ピッコロ大魔王)  ジェイミー・チャン(チチ)  田村英里子(マイ)  朴ジュンヒョン(ヤムチャ)  周潤發(亀仙人)  ランダル・ダク・キム(-)  アーニー・ハドソン(-)
    
【成分】ファンタジー スペクタクル ロマンチック パニック かっこいい コミカル アジアもどき カンフーアクション
         
【特徴】鳥山明氏の人気漫画「ドラゴンボール」の実写映画化。
 鳥山明氏が制作総指揮の1人として名を連ねているが、アメリカ資本・アメリカ人スタッフによるアメリカ人観客のための「DRAGONBALL」なので、設定やストーリーは大幅に改編されている。登場人物の名前や亀仙人の道着などに原作の名残はあるが、完全にアメリカンコミックの映画化のようになっている。
 それなりに面白い。
  
【効能】愛と友情とバイオレンスの爽やかな活劇でストレス解消。
 
【副作用】原作やアニメのファンの中には激怒する人がいる。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。  
意外に面白いが、鳥山先生の真意は?
 
 思っていたほど酷くはなかった。春休み子供向け娯楽アクション映画として、それなりに楽しめる映画だ。

 作品の広告チラシを観た時点から判っていた事だが、一時代を築いた日本漫画・日本アニメの象徴的存在の一つである「ドラゴンボール」が見事に「DRAGONBALL」という「アメリカンコミック調のアメリカンヒーロー実写映画」に摩り替わっている。
 アメリカ人に日本人の感性やセンスは解らないのか、あるいは日本人的映画を撮る事にアメリカ人の自尊心が許さなかったのか。

 ほぼ時期を同じくして公開されたハリウッド映画「ワルキューレ」は、反ヒトラーのドイツ軍大佐を主人公にしているためドイツへの気遣いが感じられた映画だった。若手ブライアン・シンガー監督は重厚な社会派サスペンスを意識し、トム・クルーズ氏もドイツ貴族の大佐に成りきろうと随分努力しているのは解る。が、同時にエンタメ娯楽映画を得意とする監督の良さは十分発揮できなかったように思った。もっとストレートにいえば、ヨーロッパが納得する重厚映画は不得手だろう。(余談1)

 その点「DRAGONBALL」は開き直ってアメリカンヒーローに作り替えたのが「成功」といえる。骨格は拝借したものの、最初から「日本映画」を制作するつもりは無い。いくら日本製漫画やアニメがアメリカでも定着しつつあるとはいえ、実写映画ではまだまだアジア系少年がヒーローを演じるのは興行的不安があるかもしれない。あくまで対象とする観客はアメリカの子供たちであって日本ではない。
 また、私がアメリカ人なら「ドラゴンボール」とて中国の「西遊記」を拝借して日本風無国籍世界に摩り替えたではないか、それをアメリカンコミック調にして何が悪い?と反論する。

 ただ「西遊記」を「ドラゴンボール」にした鳥山明氏の発想と想像力と構成力は偉才だ。誰も孫悟空がスーパーサイア人になるなんて予測できないし、天下一武闘会から宇宙戦争へと舞台が大きくなるなんて思わないし、作品内容が初期とは大きく変わっているにも関わらず、ほのぼのとした初期に登場したレッドリボン軍の首領が物語的には矛盾なくシビアなサイア人悟空に絡んでくる。(余談2)
 それに引き換えこの映画は、アメリカ人ならやってしまう作り変えそのものであり、鳥山明氏のような意表を突く創作はない。全て予想通りだ。だからある程度は納得済みで観賞したので作品そのものには不快感はない。

 釈然としないのは、鳥山明氏が原作者という立場だけでなく、製作総指揮として名を連ねている点だ。つまり制作責任者の1人として参加しているのである。鳥山氏もかつて中国の「西遊記」を鳥山ワールド「ドラゴンボール」に作り替えたので、今度は自分の作品がアメリカンに作り替えられて行く事を痛快に思ったのだろうか? アメリカ人にもっと楽しんでもらいたいという親切心なのだろうか?
 もし私が原作者だったら、私は凡庸な人間なので怒って制作を降りる。(余談3)

(余談1)ブライアン・シンガー監督もトム・クルーズ氏も私とほぼ同世代。特に監督は学年でいうと「同級生」だ。

(余談2)「ドラゴンボール」と同時期に連載された「北斗の拳」では、後から次々と「新たな過去」が飛び出し、挙句に一子相伝のはずの北斗神拳の設定すら崩壊する。時系列や人物相関も非常に無理のあるパラレルワールドとなった。

(余談3)鳥山明氏が酷評されたことがあった。「アラレちゃん」が大ブレイクして巨万の富を築いたにも関わらず、会社化せずに「個人」としてギャラをもらっていたことで莫大な額を税金に取られ、一部のファンが鳥山氏をバカよばわりした。バカだから「アラレちゃん」一発で終るという噂も聞いた。ところが「ドラゴンボール」で「アラレちゃん」を遥かに上回る大ブレイクである。

 そんな酷評をする者は、人間の価値基準が貧相だ。経済能力と創作能力を混同している事自体がトンデモ勘違いである。オールマイティの秀才は世の中に多勢いるし、多くは高級官僚や大手企業の重役になっていて珍しくない。天才というのは、どこかにトンデモない欠陥を抱えているものである。
 私見だが、たぶん鳥山氏は会社を起こす手続きとか事務処理が面倒臭かったのだろう。
 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆ 良
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆ 凡作

 
晴雨堂関連書籍案内
DRAGONBALL EVOLUTION (ShoPro Books) ステイシア・ドイッチェ ローディー・コーホン
ストーリーブック ドラゴンボール エボリューション 1巻 四星球(スーシンチュウ)編(B6版) (ShoPro Books ストーリーブック) ステイシア・ドッチェ ローディー・コーホン
ストーリーブック ドラゴンボール エボリューション 2巻 冒険(アドベンチャー)編(B6判) (ShoPro Books ストーリーブック) ステイシア・ドイッチェ ローディー・コーホン
ストーリーブック ドラゴンボール エボリューション 3巻 死闘(バトル)編 B6版 (ShoPro Books ストーリーブック) ステイシア・ドイッチェ ローディー・コーホン


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
81位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク