FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

女優評 深田恭子 「ヤッターマン」(2008) 

深田恭子 「ヤッターマン
想定外のハマリ役。


 深田恭子氏が実写版「ヤッターマン」でドロンジョ様に扮すると聞いたとき、「顔が丸顔で幼すぎる」と快くは思わなかった。

 「ヤッターマン」実写化の噂を聞いたとき、私の中でイメージしていたのは杉本彩氏だ。ドロンジョと同じく顎がこころもち尖った顔付きと妖艶なナイスボディ、姉御肌的キャラゆえ煙管をもつ姿も様になる。特撮作品出演経験(余談1)も豊富。うってつけだと思った。
 たしかアニメの設定ではドロンジョの年齢は20歳代半ばくらい、杉本彩氏では歳をとり過ぎている。しかしそこは女優、演技力と身体のケアと丁寧なメイクとカメラワークとライティングでどうにでもなる。ドロンジョの衣装を着ければ年齢不詳の謎の美女、キメ台詞「やっておしまい」が似合うはず。

 深田恭子氏がドロンジョ様を担当すると聞いて、正直ガッカリした。深田恭子氏はドロンジョの設定年齢に近い歳頃だが、実年齢よりも幼く見えるイメージであり、煙管をもつ姿は様にならないのではないかと思った。また生身の人間がアニメと全く同じ体型になるのは無理があるだろうから、実写では妖艶さを強調する体型で勝負するだろう。深田恭子氏のスタイルは良いのだが艶っぽさとなると果たしてどうだろうか?懐疑的だった。
 また、声の質はドロンジョの声を担当した声優の小原乃梨子氏に似てなくもないが、貫禄ある「やっておしまい」が言えるだろうか?

 映画を観て、やはり深田恭子氏の「やっておしまい」は不満である。演技力は小原乃梨子氏のほうが数段上だ。それは当然だろう。ただ、声優は声の演技だが、女優は身体すべてで表現する。総合的には深田氏のドロンジョ様は素晴らしい。危惧したのは杞憂だった。
 男性目線になってしまうが、深田恭子氏がこれほど豊満で均整のとれたプロポーションだとは思わなかった。ガリガリと思っていた二の腕も適度に肉が付いているし、たぶん万歳したポーズを背後から見たら逆三角形ではないか、ダテにバタフライ(余談2)をやっていない。こういう逞しい体型はドロンジョ装束がよく似合う。

 また、アニメ版ではヤッターマン1号は13歳、2号は12歳、中学一年生くらいの少年少女で、ドロンジョ様は一回りほど歳上だ。映画ではさすがにヤッターマンの年齢設定を高校生くらいにあげているだろう。今作品ではドロンジョ様が1号に恋をしてしまう。 もし杉本ドロンジョ様が中学生の1号に恋をしたら、いくら若作りしても完璧にショタコン(余談3)で、残念ながら世間的には禁断のエロさが「ヤッターマン」に充満してしまう。童顔の深田ドロンジョが櫻井1号に恋をし、小娘である福田2号(福田沙紀氏は撮影時高校生)に嫉妬の炎を燃やすのなら、釣り合いが取れる。この程度のエロさなら少年少女の観客からも安心?して興行収入を得る事ができる。

 総合的に見ると深田ドロンジョ様で正解だったし、深田氏本人も女優としてエポックメーキング的役柄であり興行的にも成功した(公開日時点では判らないが、たぶん)手応えある仕事だったろう。
 男性目線になってしまうが、距離を置いて観た深田ドロンジョ様の全身像は白く輝く大人の魅力たっぷりだ。こんなに似合うとは思わなかった。是非、続編が制作されるなら引き続き深田恭子氏にドロンジョをやってほしい。

(余談1)特撮ファンの間では、今でも杉本彩氏はキサラギ・ルイ博士だ。

(余談2)深田氏は缶酎ハイのCMでバタフライを披露。因みに私は高校水泳部でバタフライをやっていた。小学5年生から高校3年生まで一応は水泳選手の端くれだったので、泳法には詳しい。

(余談3)知っての通り、大人の男性が少女に恋をするのをロリータ・コンプレックス(ロリコン)という。ウラジーミル=ナボコフの小説「ロリータ」が由来。中年の大学教授が12歳の少女に一目惚れする話だ。何度か映画化されている。キューブリック監督も手掛けている。
 逆に大人の女性が少年に恋をするのを正太郎コンプレックス(ショタコン)という。ロリコンと違って言葉の意味や定義が激変しつつあるが、少年愛というのは変わらない。「鉄人28号」の主人公正太郎少年が由来というのが一般的だ。大正時代に流行った「正チャンの冒険」の正チャン由来という説も聞いたことがある。頭頂部にボンボンがついた毛糸の帽子が当時流行った。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/11/27 22:12 ] 映画・・女優評 | TB(0) | CM(1)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/11/28 03:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
81位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク