FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「トワイライト~初恋~」 青春回帰〔41〕 

トワイライト~初恋~」 
新機軸吸血鬼と評判の作品

 
 

【原題】TWILIGHT
【公開年】2008年  【制作国】亜米利加  【時間】122分  
【監督】キャサリン・ハードウィック
【原作】ステファニー・メイヤー
【音楽】カーター・バーウェル
【脚本】メリッサ・ローゼンバーグ
【言語】イングランド語
【出演】クリステン・スチュワート(ベラ・スワン)  ロバート・パティンソン(エドワード・カレン)  ビリー・バーク(チャーリー・スワン)  ピーター・ファシネリ(ドクター・カーライル・カレン)  エリザベス・リーサー(エズミ・カレン)  ニッキー・リード(ロザリー・ヘイル)  アシュリー・グリーン(アリス・カレン)  ジャクソン・ラスボーン(ジャスパー・ヘイル)  ケラン・ラッツ(エメット・カレン)  キャム・ギガンデット(ジェームズ)  エディ・ガテギ(ローラン)  レイチェル・レフィブレ(ヴィクトリア)  アナ・ケンドリック(ジェシカ・スタンリー)  テイラー・ロートナー(ジェイコブ・ブラック)  ジル・バーミンガム(ビリー・ブラック)  サラ・クラーク(-)  クリスチャン・セラトス(-)  ジャスティン・チョン(-)  マイケル・ウェルチ(-)  ホセ・ズニーガ(-)  ネッド・ベラミー(-)
    
【成分】ファンタジー ゴージャス ロマンチック 勇敢 知的 かわいい かっこいい 恋愛 学園モノ 吸血鬼 
 
【特徴】内気で多感な少女と知的で謎めいた永遠の美少年との禁断の恋を描いたホラーファンタジー。ハリウッド映画では珍しく日本の少女漫画的雰囲気があるヒット作。
  
【効能】初めて恋をしたときのような胸キュンを思い出す。プラトニックな初恋体験が脳裏によみがえる。思春期の鑑賞者は恋への憧れがより強まる。
 
【副作用】甘すぎて気持ち悪い。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。  
やはり、日本の少女漫画は凄い。
 
 この映画を観てつくづく思ったのは、日本の少女漫画は凄いという事だ。着想や構成は抜群、東アジアの東の端の国に生まれながらヨーロッパ文化への理解度は当のヨーロッパ人よりも高いのではないかと思うくらいの咀嚼度。
 私がいう少女漫画とは何を指しているのか、40歳代の漫画ファンや70年代・80年代に思春期をおくった淑女諸氏はピンとくるかもしれない。萩尾素都氏の「ポーの一族」の事だ。ラブコメなら池野恋氏の「ときめきトゥナイト」あたりだろう。(余談1)
 
 本作「トワイライト~初恋~」は吸血鬼モノの新機軸と評価されている。しかし正味新しいアイディアとはいえない。白昼でも平気な吸血鬼なんて過去のハリウッド映画(余談2)にある。思春期のバンパイアの悩める姿にしても、前述の少女漫画が先駆けであり優れている。

 しかし本作には好感を持っている。ラブコメ風味を少し効かせた思春期のプラトニックロマンスだ。近頃は「恋空」などが典型例で、いきなり雄と雌が繰り広げる愛欲の交尾活動になってしまうので情緒が無い。そこに至るまでに、異性への仄かな憧れ、ワクワク感などが欲しいところだ。男の子は尽くしたいお姫様を、女の子は敬愛したい王子様を求めていた時期があったはずだ。
 日本は大らかな性文化をもっていると同時にプラトニックな愛を楽しむ文化もある。むかし英語の教師から聞いた話では、「Love」には「一発やりたい」というニュアンスもあるらしいが、日本語の「お慕いします」には性的欲望は殆ど無い。

 だからこの映画に好感を持つ。思春期のまだ性愛とまでいかない「恋愛」に対する憧憬のような感情、そして、まだ性愛の情をいだきたくない、今は淡い恋愛のままでいたい気持ちをよく表している。これを普通の青春物語にすると平凡すぎてヒット作に仕立てるのは困難だろうが、男の子を吸血鬼にする事で劇的な物語になる。
 ヒロインは主人公である吸血鬼の影と憂いのある上品な姿に惹かれていく。主人公は衝動を抑えながらヒロインを守ろうとする。平凡な男女の恋物語なら煮えきらんカップルにイライラするが、これが吸血鬼と少女のカップルだと心地よくいじらしい緊張感が漂う。

 思春期カップルのための映画だ。そのうちハリウッドは日本の少女漫画の映画化権買取を積極的に仕掛けてくるような気配を、この映画を観て感じた。日本には優れた少女漫画が多い。現代アメリカの少女たちのニーズに合うと思う。

(余談1)2人とも今や少女漫画界の大御所である。「ポーの一族」に登場する吸血鬼は首に噛み付く事はしない。キスをしたり手を握ったりして獲物と接触しエナジーを吸い取る。直接触れず手でかざすだけでも生きていくのに必要な一日のエナジーを摂取できるそうだ。
 成長や老化現象が止まるので、主人公エドガーは成人してから一族に加わるはずだったが不測の事態が発生して14歳で儀式を受ける。そのため永遠に14歳のまま、地域社会の人間たちに怪しまれないよう一所に1・2年程度しか留まれない。
 強力な生命力をもっているが、頭や心臓などの急所をやられると一瞬に着衣ごと身体が分解して消える。

 「ときめきトゥナイト」の主人公江藤蘭世は吸血鬼と狼女の間に生まれた魔界人、平素はごく普通の女子高生の振りをしている。80年代前半にアニメ化され、エンディングの全裸にマント一枚羽織った姿で踊るシーンは当時のオタク族の間で評判。もちろん、子供向けラブコメなので、きわどいところで隠している。

(余談2)ウィノナ・ライダー氏がヒロインの「ドラキュラ」もたしかゲイリー・オールドマン氏扮するドラキュラは青白い不気味顔で白昼の街を闊歩していたように思う。

 それから題名が思い出せないが、映画のオーディションに集められた若者たちがドラキュラと闘うストーリー。イヤミな大富豪の主催者がなんとドラキュラで、若者たちが十字架をかざしても動じるどころか勝ち誇った笑みを浮かべてクビにかけている十字架のペンダントを見せる。「君たちは古い。もはや十字架は私のお守りだ。我々バンパイアも長い人生の間に研究を重ねた結果、日光にも十字架にも耐性を持つようになったのだ」
 けっこう面白いブラックコメディの映画、80年代後半か90年代の前半のイタリア映画だ。

晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆ 良
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆ 佳作

 
晴雨堂関連作品案内
トワイライト~初恋~ サントラ
 
晴雨堂関連書籍案内
トワイライト 上 (ヴィレッジブックス) ステファニー・メイヤー
トワイライト 下 (ヴィレッジブックス) ステファニー・メイヤー
メイキング・オブ・「トワイライト・初恋」 マーク・コッタ ヴァズ
ニュームーン/トワイライト・サーガ オフィシャル・メイキング・ブック (日経BPムック 日経エンタテインメント!) マーク・コッタ・ヴァズ
 

  

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2009/11/30 17:36 ] 映画・・青春回帰 | TB(12) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://seiudomichael.blog103.fc2.com/tb.php/982-729f0c54

 『すべてを奪われたい。 全世界が熱狂!人間とヴァンパイアの禁断のファースト・ラブ』  コチラの「トワイライト~初恋~」は、孤独な人間の女の子とヴァンパイアのイケメンの禁断の初恋を描きベストセラーとなったステファニー・メイヤーの同名ベストセラー小説を映...
[2009/11/30 18:03] ☆彡映画鑑賞日記☆彡
アメリカで大ヒットしたそうだけれど・・・日本ではそこまでにならない予感・・・
欧米で大ヒットを記録したという、ステファニー・メイヤー原作のティーン向けヴァンパイアストーリー。 ホラー色は限りなく薄く、「トワイラ...
JUGEMテーマ:映画  「初恋」というサブタイトルに、何となく気恥ずかしさを感じるとしたら覚悟して鑑賞しましょう。少女マンガ的路線をひた走る2時間です。「うわぁ~~」というベタな演出が「これでもか~~!」と次から次に展開されます。監督も楽しんでいる...
[2009/11/30 20:32] ハピネス道
この作品は劇場での予告編で初めて知ったのですが、ヴァンパイアの美少年と内気な少女のラブストーリーなんて何だか日本の少女コミックにも探せばありそうじゃんなんて思ってたんですよね。でもそれから暫くして原作は世界的なベストセラー小説だと知ってちょっとビックリ...
[2009/11/30 21:27] カノンな日々
ヴァンパイア好きとしてはハズせないかなぁ、一応、、、、 と思いながらも、いかにもティーン向けっぽいジャケのビジュアルにどうも観る気がしなかったんだけど このたび来月、ダコタちゃんがヴァンパイアに扮する続編が公開{/ee_1/} ってことでやっと観てみた{/shooting...
ケケケ・・・ヒヒ・・・ 青春だねぇ~【story】内気で風変わりなベラ(クリステン・スチュワート)は、母親の再婚を機に父チャーリー(ビリー・バーク)と暮らすことにした。そして、転入先でエドワード(ロバート・パティンソン)と出会い、知的で謎めいたエドワードに?...
 『タイタニック以来のラブストーリー』、『ハリー・ポッター以来の社会現象』と評され、公開3日間のオープニング興行収入が女性監督歴代1位となったトワイライト ~初恋~を1人寂しく観てきました。
[2009/12/01 00:24] よしなしごと
原題:Twilight 一生高校生のままなんて、90年間も不老不死のままで高校に通ってるなんて、羨ましいというか、いい加減にしてというか~ヴァンパイアとのファーストラブ~ 陽光あふれる大都会アリゾナ州はフェニックスから、雨と霧の町ワシントン州はフォークス...
今週の平日休みは、「TOHOシネマズららぽーと横浜」で3本まとめ観っ。その2本目。
全米を熱狂させた美しきバンパイアと、孤独な少女の禁断の恋を描く青春ラブ・ストーリー! 物語:高校生のベラは、母親の再婚でワシントン州の小さな町フォークスで父親と暮らす事になる。そして新しい学校へ登校した彼女は美しい一団、カレン家の子どもたちと出会う。彼...
トワイライト~初恋~ スタンダード・エディション [DVD]徹頭徹尾女の子目線のラブ・ストーリーだ。内気なベラが恋したのは、謎めいた美青年エドワード。なんと彼は現代に生きるヴァンパイアだった。ピンチになればいつも自分を救ってくれるイケメンの彼。この条件なら、10?...
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
71位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク