fc2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「カティンの森」  

カティンの森」ついに日本上映!
 
カティンの森
Yahoo!映画から
 
【雑感】尊敬するアンジェイ・ワイダ監督の最新作がやっと日本で上映される。しかし、今のところ日本での上映はたった一箇所、東京の岩波ホールのみである。大阪の第七藝術劇場かシネヌーヴォあたりでやってくれんかなぁ。こういう映画は大概東京だけしかやらない。仕方が無いけどね。
 
 「カティンの森」、私は現代史の本で「カチンの森」と聞いていた。どちらも間違いではない。どうせ他言語を自国語の表記で忠実に再現することはできないのだから。
 第二次大戦初期、ポーランドがドイツの侵攻で敗北し国土がドイツとソ連で分割される。このとき、ポーランド軍将校たちの大部分がカチンの森で虐殺された。後のポーランド軍再建だけでなくポーランドの国政にも大きなマイナス影響があったといわれている。国を担う重要なエリートが粛清されたわけだから。

 長らく犯人はナチスドイツと言われてきたが、一方でソ連軍がやった疑いも燻っていた。ソ連末期のゴルバチョフ政権時に、公式にカチン虐殺はソ連軍が行った事を認める声明があったように思ったのだが、未だに論議や補償交渉が続いているようである。
 
 ワイダ監督の解釈を早く観たいものである。監督の父はポーランド軍大尉、カティンの森虐殺事件の犠牲者となった。映画の主人公であるポーランド将校アンジェイとその妻は御自分の父母の姿なのか?
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



僕観ました。いやもうねえ、重量級でしたよ(苦笑)。二度は観る気しません。

ていうか先日試写会で「誰がため」を観ていて、「イングロリアスバスターズ」も観たので、気が付けば一ヶ月で三本ナチ関連作品を観たことになりました。しばらくナチ不要です(笑)

[ 2009/12/09 23:51 ] [ 編集 ]
タニ氏へ
 
 東京の人は羨ましい。いち早く話題作を試写会で観る機会がありますし、どんなにマニアックな映画でも東京ならどこかで上映されます。

> 僕観ました。いやもうねえ、重量級でしたよ(苦笑)。二度は観る気しません。
>
> ていうか先日試写会で「誰がため」を観ていて、「イングロリアスバスターズ」も観たので、気が付けば一ヶ月で三本ナチ関連作品を観たことになりました。しばらくナチ不要です(笑)
 
 ワイダ監督の父母の物語といっても良いので、かなり痛い映画です。カティンが背景にあって、抵抗3部作があると思うと、「灰とダイヤモンド」や「地下水道」は一層辛くなります。
[ 2009/12/10 15:15 ] [ 編集 ]
確かに都会部近郊に住んでると恵まれてると思います。ははは。
(嫌味じゃないので!と前もって書いた上で)東京に住む僕や大阪中心部に住む映画ブロガーからの視点で思うことがあります。日本映画にしろ外国映画にしろ、「これはもう少し力を入れて公開しても良いだろ」って映画が、東京などでも超しょんぼり公開されてることが明らかに増えてます。シネコン時代の弊害や配給会社など色んな問題があるんでしょうけど。今度お会いする機会があったらお話したいです。
何故かと言うと、「カティンの森」が上映されてる岩波ホールって、なかなか力が入ったミニシアターですが、都内で抜群に知名度低いです。相当扱いが悪い公開と言って良いですね。渋谷や恵比寿にこの手の映画を上映するミニシアターはたくさんあるんですが。
ただ良い点は、岩波ホールは一回上映すると、かなり長い間上映し続けることが多いです。なので話題になれば上映する映画館が増える可能性もありますな。
まあ長くなりましたが、良い作品でした。
[ 2009/12/10 20:39 ] [ 編集 ]
確かに都会部近郊に住んでると恵まれてると思います。ははは。
(嫌味じゃないので!と前もって書いた上で)東京に住む僕や大阪中心部に住む映画ブロガーからの視点で思うことがあります。日本映画にしろ外国映画にしろ、「これはもう少し力を入れて公開しても良いだろ」って映画が、東京などでも超しょんぼり公開されてることが明らかに増えてます。シネコン時代の弊害や配給会社など色んな問題があるんでしょうけど。そのへんは今度お会いする機会があったらお話したいです。
何故かと言うと、「カティンの森」が上映されてる岩波ホールって、なかなか力が入ったミニシアターですが、都内で抜群に知名度低いです。多分普通の映画ファンでも知らない人も結構いるのでは。相当扱いが悪い公開になってりと言って良いですね。渋谷や恵比寿または有楽町にこの手の映画を上映するミニシアターはたくさんあるんですけど。
ただ良い点は、岩波ホールは一回上映すると、かなり長い間上映し続けることが多いです。なので話題になれば上映する映画館が増える可能性もありますな。
まあ長くなりましたが、良い作品でした。
[ 2009/12/10 20:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
59位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク