FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「伊藤晴雨物語」 晴雨堂の書棚[9] 

伊藤晴雨物語」 団鬼六氏の名著
 

 
【著者】団鬼六
【発行】河出書房新社
 
【雑感】伊藤晴雨といえば、大正から昭和初期に活躍した著名な挿絵画家だが、性風俗の業界ではSM画家の巨匠である。責め絵画家と呼んだほうが上品で文化的か。
 
 伊藤晴雨は東京浅草出身、父は彫金師。当初は家業の関係で彫刻師の修行をするが絵画に傾倒、25歳頃から新聞社に勤めて挿絵や評論をかくようになり、挿絵画家としての地位を築いていく。
 その挿絵業とは別に、愛人をモデルに責め絵を描いている。晴雨はこの道の巨匠として現在も伝説となっており、著者の団鬼六氏も強い影響を受けていた。いわば伊藤晴雨団鬼六氏の大先輩なのである。
 この本から、伊藤晴雨の数奇な人生を垣間見るとともに、団鬼六氏がどのように影響を受け現在のスタイルになったのかをも考察できるかもしれない。

 
 晴雨は愛人に縄化粧をほどこしては、それをモデルにして絵を描いていた。その作画風景を撮った写真を見た事があるが、年配のお爺さんといった体の晴雨が長い黒髪の若い女性を縄で縛って吊るして、それを見ながら絵筆を握っているという、世間一般から見ると猟奇的光景だ。
 実際は、そんなやり方で絵を描いていたらモデルの体力が消耗するので、一旦写真に収め、写真を見ながら描いていたそうである。その一連の写真が「伊藤晴雨写真帖」と題して新潮社から出版され、私も購入して持っている。
 
 私自身は伊藤晴雨のように性に幻想を先行させる事はなかった。晴雨は20代後半まで包茎で童貞だったそうだが、私はもっと若い頃に卒業した。責めにしても単なる縄化粧なら面白いが、縛って自由を奪うのは好きではない。基本的に、私は自分がやられて嫌なことは他人様にもやらない。(但し自分がやられて良かったと思うことは他人にもして差し上げたいと考えるので、ここで摩擦が起きる)私は自由を奪われるのが嫌なので、縛る行為は見てると息が詰まる。
 ただ、豊かで長い黒髪の女性に惹かれてしまう点だけは共通している。
 
 ついでに断っておくと、ミカエルはSMも含め性風俗の知識もあるとかで「屋号は伊藤晴雨からとったのか」と疑いをかけられているが、それは見当違いだ。
 安穏とした老後をおくりたいのが私の夢ゆえ、四字熟語の「晴耕雨読」からとった屋号である。清々しい快晴のときはノンビリ畑仕事でもして身体を動かし、雨のときは自室でノンビリ読書に耽る、こんな生活をおくりたいからである。
 
 
 それにしても、団鬼六氏も伝説になってしまうのだろうか。寂しい限りだ。
 
晴雨堂関連書籍案内
責め絵の女―伊藤晴雨写真帖 (フォト・ミュゼ) 伊藤晴雨
  

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
[ 2011/05/07 00:16 ] 晴雨堂の書棚 | TB(1) | CM(2)

晴雨堂の書棚 8 「龍馬伝 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)」 

龍馬伝 完結編」 
なんとストーリーブック3冊目が発行。

 
【著者】福田靖 NHKドラマ制作班 NHK出版
【発行】NHK出版
 
【雑感】夕方、本屋をブラブラしていたらビックリした。いつから3巻目を発行するようになったのだろう。通常、「NHK大河ドラマ・ストーリー」は前編・後編の2巻までだった。もっと以前は1巻だけだった。「龍馬伝」が最初なのか、それとも前回も3巻目の完結編なるものが存在していたのか?
 
 内容は主に第4シーズン、ついこないだまで放送していたエピソードのカラーグラビアと、出演者をはじめ関係者のインタビュー記事、関連する史跡の取材記事、最終回までのあらすじだ。思わず買おうと思ったが、最終回までのあらすじが引っかかってやめた。坂本龍馬が暗殺されるのは広く知られている事なのだが、やはり最終回の内容をを事前に知るのは気分悪い。最終回を観てから買うとしよう。
 そんなもの買わんでもええやんか、との声も聞いたが、既に前編・後編を買ったので完結編が揃っていないと気持ち悪い。
 
 最終回まで、私は司牡丹の船中八策を飲みながら観るとしよう。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
[ 2010/10/26 22:23 ] 晴雨堂の書棚 | TB(0) | CM(0)

晴雨堂の書棚 7 「ポリネシアン・セックス」 

ポリネシアン・セックス」 良質のセックス指南。


 
【著者】吉沢明歩
【発行】KKベストセラーズ
 
【雑感】共感する本である。これは奥が深い。読み物として内容が充実している。
 
 吉沢明歩氏といえば、AV女優のトップスターである。人気の高さはかつての小林ひとみ氏、冴島奈緒氏、白石ひとみ氏らに相当すると思う。もちろん異論はあるだろうが。
 グラビアから2003年頃にAVへ転身しているので、若く見えるがAV女優の多くが2・3年程度で引退してしまうことを考えるとベテランである。
 
 さて、彼女は多くのAV作品に出演して数多くのタイプのセックスを披露してきた訳だが、男性ユーザーのニーズに合わせて違和感を感じながら不本意な演技をする事がしばしばあったと記されている。これは私も解るような気がする。女友達から聞いた事があった。「あんな事されても気持ち良くない」とか「あれでは痛いだけ」といった話である。
 AV作品の多くは一方的に男性が女性の身体を乱暴にいじり、前戯もほどほどに後はさっさと性器結合させてピストン運動、射精したら男はさっさと退場する。男女がほぼ同時にエクスタシーを感じるパターンが多いが、実際のセックスでは男性の方が早くいってしまって女性が置いてけぼりという事が多い。
 そういえば、むかし朝のワイドショーでセックスにかける時間の統計が報道されたことがあって、イタリアなどでは1時間くらい時間をかけるのに対して日本では10分から長くて半時間程度。殆ど出して終わりだ。
 
 この「ポリネシアン・セックス」では、男性による一方的でせっかちな交尾を戒め、焦らしの演出を用いながらスローなセックスを楽しむ事を提唱し、女性が求める性的快感を具体的に体験談をまじえて解説している。いかに2人で感情の高まりを演出できるか、2人で交わりを楽しみ感動し続けるかがテーマだ。単にセックスという行為だけでなく、精神的な交流も重要な要素であることを説いている。
 
 私もけっこう時間をかける。というより、歳をとって精力が旺盛ではないので気分を高めるのに時間がかかるという事情があるのだが。抱き付いてから次ぎの行動に移るのに時間がかかってしまう。ときおり抱き付いたまま癒されて寝入ってしまう事もある。
  

 
 blogram投票ボタン
ブログランキングに参加しています。 
[ 2009/12/09 01:49 ] 晴雨堂の書棚 | TB(0) | CM(4)

晴雨堂の本棚 6 「石原豪人」 

石原豪人」 懐かしいイラスト。


 
【編集】中村 圭子
【発行】らんぷの本
 
【雑感】60年代から70年代にかけて少年少女時代をおくった人なら、イラストを見れば「あっ!」と思う人は多いと思う。小学館の「小学○年生」をはじめ、少年少女の漫画雑誌や、SF・怪奇モノ書籍の挿絵や表紙絵、映画のポスター・駄菓子の包装紙など、実に活躍の場は多岐に渡っていたイラストレーターである。私の世代で目にした事が無いという人がいたら、それは単に気がついていないだけである。
 
 多くの人は「過去の人」と思っているかも知れないが、実は1998年に逝去されるまで活躍されていた。さすがに近年では少年少女雑誌のニーズが変化したので彼の作品が見られなくなったが、サブカルチャー関係では依然として強い存在感を示していた。
 彼の描くホラー関係のイラストでは、銀幕スターのような美女の表情が実に妖艶・恍惚、あのイラストで萌えてしまった青少年は多い事だろう。あからさまな裸の絵よりもポルノだ。
 
 石原豪人氏もまた仕事に貴賎を設けない人だった。どんな仕事でも引き受け、しかも量が膨大。怪獣映画のチラシ・ポスターからポルノ雑誌のイラストまで、イラストレーターの偉人だ。
 そんな石原氏の作品を収録した本が、らんぷの本から出ている。けっこう貴重な本になるかもしれない。
 
晴雨堂関連書籍案内
謎とき・坊っちゃん―夏目漱石が本当に伝えたかったこと 石原豪人
イラストレーター石原豪人氏唯一の著作。登場人物が全員ホモであると仮定した研究本である。
 

 
 blogram投票ボタン
ブログランキングに参加しています。 
[ 2009/09/15 00:00 ] 晴雨堂の書棚 | TB(0) | CM(1)

晴雨堂の本棚 5 「差別と日本人」 

差別と日本人」 興味深いコラボだ。


 
【著者】野中広務 辛淑玉
【発行】角川書店
 
【雑感】興味深いコラボである。事情を知らない人から見れば、畑違いの組み合わせに思うだろう。
 方や、小渕内閣では内閣官房長官、森内閣では自民党幹事長、実務派の最高司令官にして影の総理とも呼ばれた保守の大政治家が野中広務氏である。一方、辛淑玉氏はその対極の政治的ポジションにいる人物で、世間からは革新的・左翼的・フェミニスト的・護憲派と見られている。
 
 しかし、2人は差別問題で共闘できる背景を持っている・・。
[ 2009/09/03 08:31 ] 晴雨堂の書棚 | TB(0) | CM(0)

晴雨堂の本棚 「シネマ食堂」 

シネマ食堂」 
映画館に併設されたらいいのになぁ



 
【雑感】これは面白い。「AERA」で連載されている飯島奈美氏の料理コラムが本になった。話題の映画で登場する料理が紹介され、映画についてのコメントとレシピが記されている。因みに「AERA」のホームページでも掲載されている。
 
シネマ食堂 | AERA-net.jp
 
 名作は食事の場面が優れている事が多い。物語の節目に挿入され、効果的に鑑賞者を刺激する。私も「アルプスの少女ハイジ」を見て、「溶けるチーズて、旨いんだろうな」と洗脳され、それ以来チーズが好きになった。「ハウルの動く城」では、主人公がつくるベーコンエッグが旨そうで、映画館から帰るとさっそく作った。(ただし、ベーコンが無かったのでハムエッグにした)「ポニョ」ではわざわざ帰り道にコンビニによってチキンラーメンとハムを買った。
 
 映画館にもし話題の作品に登場する料理を出すレストランが併設されたら、きっと繁盛するのではないか。しかし、下手をすれば古今東西の料理を勉強しなければならず、料理人はけっこう大変になるなぁ、と考えあぐねていたら、このコラムが登場した。
 
 私のお薦め料理は、「ホテル・ハイビスカス」のフーチャンプルである。
 

 
 blogram投票ボタン
ブログランキングに参加しています。 
[ 2009/08/29 19:16 ] 晴雨堂の書棚 | TB(0) | CM(0)

晴雨堂の本棚 「トーマの心臓」 

「トーマの心臓」 
「スカイ・クロラ」の森博嗣
萩尾望都の名作を小説化



 
【雑感】小説を漫画化することはよくあるが、漫画を小説化することは少し珍しい。もちろん、「ガンダム」のようにアニメがブレイクしてから小説が発表されることもあるので、実際はけっこうあるかもしれないが。
 
 当然、同じ物語とはいえ森博嗣氏の視点というものがある。萩尾望都氏とは異なる角度の同じ舞台を見るというのは面白い。
 ペン入れする前のデッサン調の表紙デザインもグッドだ。
 
 かつて、「アナザー・カントリー」が評判になったとき、私は「トーマの心臓」や「ポーの一族」、あるいは竹宮恵子氏の「風と木の詩」のほうがインパクトが強かったので、イマイチの感がした。何故そんなに騒ぐのだろう?と。
 
 ヨーロッパ映画界が「トーマの心臓」を映画化してほしいものだ。
 
晴雨堂関連作品案内
1999年の夏休み [DVD] 金子修介
「トーマの心臓」を1988年に映画化。男子校を舞台にオールスターキャストを女優としているので、透明感のある耽美的世界が広がっている。公開当時は、1999年は近未来で人類滅亡説があったから、余計に終末的幻想感が加わっていた。
DVD化を望んでいたが、やっと叶った。

晴雨堂関連書籍案内
トーマの心臓 (小学館文庫) 萩尾望都
 

 
 blogram投票ボタン
ブログランキングに参加しています。 
[ 2009/08/23 12:54 ] 晴雨堂の書棚 | TB(0) | CM(2)
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
66位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク