FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「ニュー・シネマ・パラダイス」 人生をふり返ろう〔5〕 

ニュー・シネマ・パラダイス」 
恐るべき33歳青年監督。

 

右端はBlu-rayです。
 
【原題】NUOVO CINEMA PARADISO
【公開年】1989年  【制作国】伊太利 仏蘭西  【時間】175分  
【監督】ジュゼッペ・トルナトーレ
【原作】
【音楽】エンニオ・モリコーネ アンドレア・モリコーネ
【脚本】ジュゼッペ・トルナトーレ
【言語】イタリア語
【出演】フィリップ・ノワレ(アルフレード)  ジャック・ペラン(サルヴァトーレ)  サルヴァトーレ・カシオ(トト(サルヴァトーレ・少年時代))  マルコ・レオナルディ(サルヴァトーレ(青年時代))  アニェーゼ・ナーノ(エレナ)  プペラ・マッジオ(サルヴァトーレの母)  レオポルド・トリエステ(司祭)  アントネラ・アッティーリ(若き日のサルヴァトーレの母)  エンツォ・カナヴァレ(パラダイス座支配人)  イサ・ダニエリ(アンナおばさん)  レオ・グロッタ(劇場の案内人)  タノ・チマローサ(鍛冶屋)  ニコラ・ディ・ピント(広場をうろつく男)  ブリジット・フォッセー(-)
        
【成分】泣ける 笑える 楽しい 悲しい 切ない かわいい コミカル シチリア 田舎
  
【特徴】単なるノスタルジー映画ではない。私自身が歩んできたいい加減な人生を批判されているような気分にさせる作品だ。この作品の脚本と監督を担当したのは当時33歳の青年である。名作に年齢は関係ない。
 因みに主人公に強い影響を与える老映写技師には、あのルイ・マル監督のドタバタ喜劇「地下鉄のザジ」で少女ザジに振り回される心優しいオジサンを演じたフィリップ・ノワレ氏が扮した。
  
【効能】シチリアの田舎町風景に和み、老映写技師と少年時代の主人公との触れ合いに癒される。
 
【副作用】長い映画。90分から120分までのエンタメ娯楽作に慣れている人には些か単調で疲れる作品かもしれない。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「村の写真集」 人生をふり返ろう〔4〕 

村の写真集
ダム湖に沈む村の話。

  

 
【公開年】2003年  【制作国】日本国  【時間】111分  【監督】三原光尋
【音楽】小椋佳
【脚本】三原光尋
【言語】日本語
【出演】藤竜也(高橋研一)  海東健(高橋孝)  宮地真緒(高橋香夏)  甲本雅裕(野原正浩)  桜むつ子(山本のおばあちゃん)  吹石一恵(小学校分校の水沢先生)  大杉漣(植田進)  原田知世(高橋紀子)  ペース・ウー(チン・リン)
          
【成分】切ない ダム問題 山村 徳島 
      
【特徴】ダム建設で湖底に沈む予定の村をまわって村の風景や村民の記念写真を撮っていく写真屋の親父と息子の物語。
 
【効能】自分の人生をふり返り、家庭や仕事のありがたさを再確認させる。青春の黄昏、人生の黄昏などの節目に観ると効果的。
 
【副作用】文科省選定映画的で退屈。ステレオタイプな家族描写にリアリティが感じられず不快感。
 ダムをめぐって村内外で利害対立が発生しているはずなのに、社会のドロドロは完全割愛で安っぽく見える。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「レッド・バロン」 人生をふり返ろう〔3〕 

レッド・バロン」 「赤い彗星」のモデル
 

レッド・バロン [DVD]
 
【原題】VON RICHTHOFEN AND BROWN/THE RED BARON 
【公開年】1971年  【制作国】亜米利加  【時間】99分  
【監督】ロジャー・コーマン
【音楽】ヒューゴ・フリードホーファー
【脚本】ジョイス・H・コリントン ジョン・ウィリアム・コリントン
【出演】ジョン・フィリップ・ロー(バロン・マンフレッド・フォン・リヒトホーフェン)  バリー・プリマス(ヘルマン・ゲーリング)  ドン・ストラウド(ロイ・ブラウン)  カレン・ヒューストン(イルゼ)  コリン・レッドグレーヴ(ホーカー少佐)  トム・アダムス(オーウェン)  ハード・ハットフィールド(アンソニー・フォッカー)
          
【成分】スペクタクル 勇敢 知的 切ない かっこいい ドイツ空軍 第一次大戦 1910年代 
      
【特徴】監督はB級映画の帝王ロジャー・コーマン。低予算の特撮SFやホラーばかりを撮っている監督と思われがちだが、本作のような「正統派戦争映画」を撮る事もある。

 第一次世界大戦時、ドイツ空軍で活躍した高潔な空の騎士レッド・バロンの栄光の日々から最期の戦いまでを描く。ラストの田園地帯上空でのドッグファイトは圧巻、もちろん当時はCGは無い。
 常にレッド・バロンと対立し、野卑で卑怯な戦いをするヘルマン・ゲーリングが、レッド・バロン亡き後のドイツ空軍を担う場面がラストで描写され、後のナチス台頭を暗示させる。
 
【効能】理想と現実の狭間で苦悩していた頃の自分を思い出させる。あくまで自分の戦いを貫いてきたレッド・バロンの高潔な姿に畏敬を抱き、上司や部下と対立する世渡下手に親近感を抱く。
 
【副作用】主役が少し老けているのでレッド・バロンらしくない。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

人生をふり返ろう 2 「デジャヴ」 

デジャヴ」-機械に頼るな!
  

 
【公開年】2006年  【制作国】米  【時間】127分  【監督】 トニー・スコット         
【出演】デンゼル・ワシントン(ATF捜査官ダグ・カーリン)  ポーラ・パットン(クレア・クチヴァー)  ヴァル・キルマー(FBI捜査官プライズワーラ)  ジム・カヴィーゼル(キャロル・オースタッド)  アダム・ゴールドバーグ(Dr.アレクサンダー・デニー)  エリカ・アレクサンダー(シャンティ)  ブルース・グリーンウッド(FBI捜査官ジャック・マクレディ)  エルデン・ヘンソン(ガナース)   
 
【成分】パニック 勇敢 かっこいい 恋愛 タイムスリップ サスペンス SF
 
【特徴】
 
【効能】
 
【副作用】機械に頼ったので興ざめするかもしれない。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。


ブログランキングに参加しています。

「ボビー」 人生を振り返ろう 1  

ボビー」 
時代の象徴を背景に様々な人間模様

 

 
【公開年】2006年  【制作国】アメリカ  【時間】120分  【監督】エミリオ・エステヴェス  
【出演】アンソニー・ホプキンス(ジョン・ケイシー)  デミ・ムーア(ヴァージニア・ファロン)  シャロン・ストーン(ミリアム・エバース)   ローレンス・フィッシュバーン(エドワード・ロビンソン)  イライジャ・ウッド(ウィリアム・エイバリー)
 
【成分】悲しい 切ない 知的
 
【効能】時代を象徴する出来事をバックに、あなたも人生の分岐点を迎えたかもしれない。あの時を思い出しながら一度自分の人生を振り返って観るのに効果がある作品。
 
【副作用】作品の琴線にリンクできない、自分の過去の体験とリンクできない人には、ただ登場人物が多いだけのダラダラ映画に見えるかもしれない。


ブログランキングに参加しています。
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
58位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク