FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「パイレーツ・ロック」 絶望から脱出しよう〔32〕 

パイレーツ・ロック」 
海に浮かぶ梁山泊、あるいはシャーウッド。

 
 
  
【原題】THE BOAT THAT ROCKED
【公開年】2009年  【制作国】英吉利 独逸  【時間】135分  【監督】リチャード・カーティス
【原作】
【音楽】
【脚本】リチャード・カーティス

【出演】フィリップ・シーモア・ホフマン(ザ・カウント)  トム・スターリッジ(カール)  ビル・ナイ(クエンティン)  ウィル・アダムズデイル(ニュース・ジョン)  トム・ブルック(シック・ケヴィン)  リス・ダービー(アンガス)  ニック・フロスト(デイヴ)  キャサリン・パーキンソン(フェリシティ)  クリス・オダウド(サイモン)  アイク・ハミルトン(ハロルド)  ケネス・ブラナー(ドルマンディ)  シネイド・マシューズ(ミスC)  トム・ウィズダム(マーク)  ジェマ・アータートン(デジリー)  ジャック・ダヴェンポート(トゥワット)  ラルフ・ブラウン(ボブ)  リス・エヴァンス(ギャヴィン)  タルラ・ライリー(マリアン)  ジャニュアリー・ジョーンズ(エレノア)  アマンダ・フェアバンク=ハインズ(-)  フランチェスカ・ロングリッグ(-)  オリヴィア・ルウェリン(-)  エマ・トンプソン(シャーロット)
  
【成分】笑える 楽しい 知的 切ない コミカル 電波法 ロックンロール 海賊ラジオ イギリス 1966年
        
【特徴】1966年のイギリス、沖合いの公海上に浮かぶ老朽化した中型船舶、24時間ロックンロールを流し続ける海賊ラジオ局である。多くのリスナーに支えられて、個性的なDJたちは政府の弾圧を掻い潜って音楽番組を流し続ける。さながら海に浮かぶ梁山泊、舞台はイギリスだから海上シャーウッドか。
 演じる俳優たちも個性派ぞろい、物語のテンポも良く、些か悲劇的なラストにはなるが暗さは微塵も無く、常に前向きの光に溢れている。まさに晴雨堂好みの秀作。
   
【効能】意気消沈したとき、人生に絶望したとき、未来が明るくなる。
 
【副作用】ただの軽薄な馬鹿騒ぎにしか見えず白ける。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。

「空海」 絶望から脱出しよう〔31〕 

空海」 
2009年は
真言宗と天台宗が千二百年ぶりに歩み寄り。




【原題】
【公開年】1984年  【制作国】日本国  【時間】179分  【監督】佐藤純彌
【企画】全真言宗青年連盟
【音楽】ポール・バックマスター 玉木宏樹 ツトム・ヤマシタ
【脚本】早坂暁
【言語】日本語 一部中国語・サンスクリット語
【出演】北大路欣也(真魚/空海)  松岡章夫(真魚)  加藤剛(最澄)  石橋蓮司(橘逸勢)  室田日出男(悦々)  成田三樹夫(藤原葛野磨)  小川真由美(藤原薬子)  中村嘉葎雄(平城天皇)  西郷輝彦(嵯峨天皇)  丹波哲郎(桓武天皇)  佐藤仁哉(伊豫親王)  森繁久彌(阿刀大足)  西村晃(佐伯田公)  真行寺君枝(房女)  上月左知子(玉寄)  立花一男(真魚の兄)  大場順(石川道益)  伊藤達広(菅原清公)大林丈史(高階遠成)  滝田裕介(藤原縄主)  菱谷広子(式子)  原田樹世士(藤原仲成)  宮崎達也(真如)  佐藤佑介(泰範)  福田勝洋(智泉)  御木本伸介(実恵)  伊沢一郎(勤操)  辻萬長(徳一)  菅貫太郎(永忠)

【成分】笑える ファンタジー ゴージャス 知的 真言宗 天台宗 仏教 権力抗争 8世紀末~9世紀 

【特徴】「弘法大師御入定1150年御遠忌記念映画」とのふれこみで真言宗の青年連盟を中心に気合を入れて制作された大河映画。なんと3時間に及ぶ大作であり、留学時代の空海を描くために中国ロケも敢行。時代劇としては珍しく平安時代初期なので衣装は奈良時代風にエキゾチックな中国的。
 北大路欣也氏がエネルギッシュで若々しい空海を大袈裟に熱演。当時はまだ狡猾な悪役が多かった石橋蓮司氏が後に見られる善良な狂言回し的キャラを本作で演じる。

【効能】どんな絶望的災難が降りかかっても希望を失わせない効果が若干期待できる。

【副作用】3時間と長い時間をかけた割りに偉人の半生のダイジェスト版的軽さがあって拍子抜けする。演出や効果音やBGMが悪い意味で笑える。

下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「アキレスと亀」 絶望から脱出しよう〔30〕 

アキレスと亀」 
北野映画の中では最も気に入っている。

 

 
【公開年】2008年  【制作国】日本国  【時間】119分  【監督】北野武
【原作】
【音楽】梶浦由記
【脚本】北野武
【出演】ビートたけし(倉持真知寿)  樋口可南子(幸子)  柳憂怜(青年時代の倉持真知寿)  麻生久美子(青年時代の幸子)  中尾彬(倉持利助)  伊武雅刀(菊田昭雄)  大杉漣(倉持富輔)  大森南朋(画商)  筒井真理子(倉持春)  吉岡澪皇(少年時代の倉持真知寿)  円城寺あや(富輔の妻)  徳永えり(倉持マリ)  仁科貴(-)  寺島進(-)  六平直政(-)  ふせえり(-)  大林丈史(-)  不破万作(-)  ビートきよし(-)  大竹まこと(-)  三又又三(-)  林田麻里(-)  アル北郷(-)  お宮の松(-)  松坂早苗(-)  丸岡奨詞(-)  風祭ゆき(バーのママ)  武重勉(-)  山野海(-)  こばやしあきこ(-)  須永慶(-)  諏訪太朗(-)  ボビー・オロゴン(-)  電撃ネットワーク(-)      
    
【成分】笑える 切ない  
         
【特徴】画家として認められる事にとり憑かれた主人公が最後に辿り着いた世界とは・・・。ビートたけし氏がまったく売れない画家に扮し、それを支える妻役を樋口可南子氏が担当する。
 ヨーロッパの映画界で好評だった佳作。
  
【効能】樋口可南子の演技を見ていると絶望からスクワレル思いがする。
 
【副作用】冗長の感あり退屈する。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。

「コマンダンテ」 絶望から脱出しよう〔29〕 

コマンダンテ」 
カストロへの貴重なロングインタビュー

 


【原題】COMANDANTE
【公開年】2003年  【制作国】亜米利加 西班牙  【時間】100分  
【監督】オリヴァー・ストーン
【音楽】アルベルト・イグレシアス ポール・ケリー
【言語】スペイン語 イングランド語
【出演】フィデル・カストロ(本人)  オリヴァー・ストーン(本人) 
  
【成分】楽しい ロマンチック 知的 かっこいい キューバ革命 ドキュメント 
  
【特徴】社会派オリバー・ストーン監督が「アレキサンダー」を発表する前年にキューバ最高指導者カストロに突撃密着取材をした記録映画を発表。このときのカストロは既に健康に不安を抱えているものの、まだ精力的で元気である。それをアメリカの映画監督が密着取材を行うという貴重な映像だ。アメリカでは未公開。
 
【効能】カストロの若々しさとバイタリティーに、悩みや絶望感が吹き飛ぶ。
 
【副作用】社会主義に対して過度に幻想を持つ恐れがある。
 売春を容認するカストロ発言に激怒するかもしれない。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「光州5・18」 絶望から脱出しよう〔28〕 

光州5・18」 
光州事件を商業映画としては
初めて正面から捉えた問題作

 


【原題】華麗한 休暇
【公開年】2007年  【制作国】大韓民国  【時間】121分  【監督】金志勳
【脚本】ナ・ヒョン
【言語】韓国語
【出演】安聖基(パク・フンス)  金相慶(カン・ミヌ)  李瑶媛(パク・シネ)  李準基(カン・ジヌ)  宋在鎬(神父)  
             
【成分】泣ける 悲しい スペクタクル パニック 勇敢 絶望的 切ない かっこいい 内戦 1980年 韓国
            
【特徴】1980年、民主化を叫ぶ光州市民と戒厳軍との衝突が勃発、一時内戦状態になった光州事件を正面から捉えて映画化。名優安聖基氏が市民義勇軍を指揮するリーダーに扮する。
 前半は韓流恋愛ドラマ風に爽やかでほのぼのとしたテンポで進むが、市民側から見れば突如国軍が光州市制圧にやってくる。道庁政府の仲介と撤収宣言も無視され、国軍は市民に対して水平斉射を行い多数の市民が殺された。弟を殺された主人公は、恋人を守るため恋人の父でもある上司とともに市街戦に参加して抵抗する。
 平凡な市民の視点で事件を描写した感動巨編である。
 
【効能】重い結末に涙が止まらなくなる。韓国人がなぜ日本人以上に反権力志向が強いのか、なぜ反米色が強いのかが理解できる。
 
【副作用】以前から事件を正面から捉え支援してきた人には、脚色臭エンタメ臭が不快感になる。
 内乱は現代日本人の感性には違和感がある。特に嫌韓派には奇麗事の羅列に見えて不快感。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。

「アポカリプト」 

 
アポカリプト
極めて完成度の高い作品だが、不愉快だ。

 

 
【公開年】2006年  【制作国】亜米利加  【時間】138分  
【監督】メル・ギブソン
【音楽】ジェームズ・ホーナー
【脚本】メル・ギブソン ファラド・サフィニア
【言語】マヤ
【出演】ルディ・ヤングブラッド(ジャガー・パウ)  ダリア・エルナンデス(セブン)  ジョナサン・ブリューワー(ブランテッド)  ラオール・トゥルヒロ(ゼロ・ウルフ)  モリス・バード(-)  ヘラルド・タラセナ(-)  ルドルフォ・パラシオス(-)  フェルナンド・エルナンデス(-)         
【成分】泣ける 悲しい スペクタクル パニック 恐怖 勇敢 絶望的 中米 マヤ 16世紀 マヤ
      
【特徴】ヨーロッパ人が侵略する直前のマヤをリアルに描写、全編マヤ語台詞のこだわり。主人公は狩猟民族の族長の息子。ある日、都市から生贄狩りの部隊がやってきて村を襲撃され、主人公たちの村は滅ぼされる。主人公はとっさに身重の妻を井戸に隠すが自らは捕まる。都市に連行された主人公は辛くも脱出し、追っ手と森でジョン・ランボーもビックリのサバイバル戦を展開する。
 
【効能】八方塞の状況でも、この作品を観ると突破のヒントと力を与えてくれる。絶望感が和らぐ。
 
【副作用】血生臭さと腐臭が漂いそうで気分が悪くなる。アメリカ先住民の文明を破壊した欧米人の言い訳に見えて不快。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。

「戦艦ポチョムキン」 絶望から脱出しよう〔26〕 

戦艦ポチョムキン」 あらゆる意味での金字塔
 
  

【原題】Броненосец «Потёмкин»
【英題】Battleship Potemkin
【公開年】1925年  【制作国】蘇連  【時間】66分  
【監督】セルゲイ・M・エイゼンシュテイン
【原作】ニーナ=アガジャーノ・シュトコ
【脚本】セルゲイ・M・エイゼンシュテイン
【言語】無声映画
【出演】アレクサンドル・アントノーフ(-)  グリゴリー・アレクサンドロフ(-)  ウラジミール・バルスキー(-)     
 
【成分】悲しい スペクタクル パニック 恐怖 勇敢 絶望的 ロシア革命 20世紀初頭 白黒 サイレント 
 
【特徴】レーニン率いる共産党政権が発足してまもなく制作された意欲作。当時としては画期的手法で描かれ、現代では映画の教科書のような扱いをされる金字塔である。日本漫画に例えたら手塚治虫氏にあたるのがエイゼンシュテイン監督だ。
 最近、デジタル補正で鮮明な画像となって蘇ったらしい。私はまだ古い劣化した画像しかみていないが。
 
【効能】圧政に立ち向かう名もなき水兵たちの姿に感涙し勇気をもらう。画面づくりやエキストラの使いかたは秀逸で映画を学ぶ人には最適の参考書。
 
【副作用】古い映画であり、サイレント映画的テンポと演技なので、感情移入できないかもしれない。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
71位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク