FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「卍(まんじ)」 萌えたい時に〔17〕 

(まんじ)」 
岸田今日子若尾文子の魅力全開

 


【公開年】1964年  【制作国】日本国  【時間】90分  【監督】増村保造
【原作】谷崎潤一郎
【音楽】山内正
【脚本】新藤兼人
【言語】日本語
【出演】若尾文子(徳光光子)  岸田今日子(姉内園子)  川津祐介(綿貫栄次郎)  船越英二(姉内孝太郎)  山茶花究(校長)  村田扶実子(梅子)  南雲鏡子(清子)  響令子(春子)  三津田健(先生)
    
【成分】笑える ゴージャス 知的 セクシー コミカル 耽美 レズビアン
       
【特徴】谷崎潤一郎の官能小説を映画化。この「」は本作以降も何度かリメイクされ、樋口可南子氏らの83年版・坂上華織氏らの98年版・不二子氏らの2006年版がある人気作品だ。
 名士の夫人が若い女性と同性愛の関係となり、夫や間男を巻き込んで愛憎劇を繰り広げる。後のリメイク作に比べると時代的制約もあるのかセックス描写は極めて地味だが、それが逆に若尾文子氏と岸田今日子氏との品格ある耽美を醸し出している。
  
【効能】ゴージャスなレズ場面に萌え。若尾文子の美しさと強かな魅力に女性も憧れる。
 
【副作用】ラストが納得できず釈然としない。パッケージの妖しさに対して内容が地味なのにがっかりする。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「バンパイア・ラヴァーズ」 萌えたい時に〔16〕 

バンパイア・ラヴァーズ」 
バンパイア物の元祖。

 


【原題】THE VAMPIRE LOVERS
【公開年】1971年  【制作国】英吉利  【時間】91分  
【監督】ロイ・ウォード・ベイカー
【原作】ジョゼフ・シェルダン・レ・ファニュ
【音楽】ハリー・ロビンソン
【脚本】チューダー・ゲイツ
【言語】イングランド語
【出演】イングリッド・ピット(マルシーラ ミラーカ カーミラ)  ジョージ・コール(モートン)  ピーター・カッシング(スピルスドルフ将軍)  ピッパ・スティール(ローラ)  マデリン・スミス(エマ)  ドーン・アダムス(-)  ケイト・オマラ(-)  ダグラス・ウィルマー(ハートグ男爵)  ジョン・フィンチ(-)
    
【成分】ファンタジー ゴージャス 不思議 不気味 知的 セクシー 吸血鬼 ホラー 19世紀 レズビアン
     
【特徴】バンパイア物としては、むしろドラキュラよりこのカーミラのほうが元祖だろう。
 当時、乳房がポロリとか陰毛が透けて見えたとかで話題になった。物語自体もホラーというよりはレズビアンがテーマといった方が良いくらいで批判的評価も多かった問題作である。私の目にはそんな過激な場面は見当たらなかったのだが。
 主人公の女吸血鬼カーミラ役を東欧系ドイツ人のイングリッド・ピット氏が妖しく演じた。
  
【効能】妖艶な場面に恐怖よりも萌えてしまう。
 
【副作用】ホラーを期待して観た人には、恐怖を楽しめず不満。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「鬼の棲む館」 萌えたい時に〔15〕 

鬼の棲む館」 「女王様」にひざまずく勝新
 


【公開年】1969年  【制作国】日本国  【時間】76分  【監督】三隅研次
【原作】谷崎潤一郎
【音楽】伊福部昭
【脚本】新藤兼人
【言語】日本語
【出演】勝新太郎(無明の太郎)  高峰秀子(楓)  新珠三千代(愛染)  佐藤慶(高野の上人)  五味龍太郎(武将)  木村元(中将)  
             
【成分】笑える 勇敢 知的 切ない セクシー 時代劇 チャンバラ 南北朝時代
            
【特徴】勝新・デコちゃん・三千代の奇妙な三角関係を描いた異色作。生真面目に生きようとする者と、唯我独尊の姿勢で煩悩に正直たらんとする者との身体をはった戦いが見もの。三千代扮する天真爛漫で欲望に正直な愛染がなかなか現代的で魅力ある。煩悩を捨て悟を開いたはずの上人様が愛染に論破され欲望を放出する様が小気味良い。まさに享楽主義と羞恥心との戦い。
 愛染が全裸で仁王立ちになって高笑いする様が迫力ある。
 
【効能】人間としてどの生き方が正しいのか、考えさせられる。
 
【副作用】一部、作風から浮いている特殊効果があり、観ている者まで恥ずかしくなる。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「少林少女」 萌えたい時に〔14〕 

少林少女」 柴咲コウは素敵だった。
 


【公開年】2008年  【制作国】日本国  【時間】107分  
【監督】本広克行
【音楽】菅野祐悟
【脚本】十川誠志 十川梨香
【言語】日本語
【出演】柴咲コウ(桜沢凛)  仲村トオル(大場雄一郎)  キティ・チャン(劉[王民][王民])  ティン・カイマン(ティン)  ラム・ジーチョン(ラム)  岡村隆史(田村龍司)  江口洋介(岩井拳児)  山崎真実(清水真実)  工藤あさぎ(近藤あさぎ)  原田佳奈(北野佳奈)  乙黒えり(黒岩えり)  蒲生麻由(山田麻由)  いとう麻見(田伏麻見)  千野裕子(加地裕子)  千代谷美穂(琢磨美穂)  西秋愛菜(緒方愛菜)  沢井美優(金川美優)  柳沢なな(松本なな)  石井明日香(志井明日香)  尾家輝美(中野輝美)  桂亜沙美(長野亜沙美)  渡辺奈緒子(湯浅奈緒子)  花形綾沙(二階綾沙)  満島ひかり(高橋ひかり)  瀬戸カトリーヌ(-)
          
【成分】笑える 楽しい かっこいい コミカル スポ根 カンフーアクション
        
【特徴】柴咲コウ氏の女優魂が光るカンフーアクション映画。物語の筋やテーマは無視して闘う柴咲コウ氏を愛でるべし。
 
【効能】闘う柴咲コウ氏に見惚れる。
 
【副作用】物語の構成やカンフーアクションの中途半端さに不快感。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。

「エル・ゾンビ I 死霊騎士団の覚醒」 萌えたい時に〔13〕 

エル・ゾンビ I 死霊騎士団の覚醒
スペイン産古典的
ダークファンタジックエロスゾンビ

 
エル・ゾンビ Ⅰ
エル・ゾンビ 死霊騎士団の誕生 [DVD] 
エル・ゾンビ コンプリートDVD-BOX
 
【原題】LA NOCHE DEL TERROR CIEGO  
【英題】TOMBS OF THE BLIND DEAD
【公開年】1971年  【制作国】西班牙  【時間】100分  
【監督】アマンド・デ・オッソリオ
【脚本】アマンド・デ・オッソリオ
【言語】スペイン語        
【出演】チェサー・バーナー(-)  ローン・フレミング(-)  ヘレン・ハープ(-)  ジョセフ・セルマン(-)  ルフィノ・イングレス(-)  ヴェロニカ・リメラ(-)     
 
【成分】・ファンタジー 不気味 恐怖 セクシー スペイン ゾンビ ホラー
 
【特徴】アメリカ産の半熟れライトなゾンビ映画と違い、ヨーロッパの伝統臭う干物風暗黒耽美のゾンビ映画。かび臭そうなミイラゾンビが馬に乗ってヒロインを追いかける場面は恐怖というより幻想的。上品なお色気場面も多少あり。
 
【効能】真夜中で観ると静けさを満喫できる。
 
【副作用】アメリカ産ゾンビ映画に付き物のスプラッタ場面は殆ど無いため、それが目的の方は物足りなさを感じる。ホラー嫌いには低俗なエログロに見えて嫌悪感。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。

「カリギュラ」 萌えたい時に〔12〕 

カリギュラ」 
「時計じかけのオレンジ」の
マルコム・マクダウェル、当たり役!

 

 
【原題】CALIGULA
【公開年】1980年  【制作国】亜米利加 伊太利  【時間】164分  
【監督】ティント・ブラス ジャンカルロ・ルイ
【原作】
【音楽】ポール・クレメント
【脚本】ゴア・ヴィダル
【言語】英語
【出演】マルコム・マクダウェルカリギュラ)  ピーター・オトゥールティベリウス)  ジョン・ギールグッド(ネルバ)  ヘレン・ミレン(カエソニア)  テレサ・アン・サヴォイ(ドルシッラ)  グイード・マンナリ(マクロ)  ジャンカルロ・バデッシ(クラウディウス)  アドリアーナ・アスティ(-)  ロリー・ワーグナー(アグリッピナ)
  
【成分】笑える 悲しい ファンタジー ゴージャス 不思議 パニック 不気味 セクシー ローマ時代 ポルノ ペントハウス ローマ帝国 紀元1世紀 
                     
【特徴】アメリカのお色気系雑誌大手のペントハウスが巨費を投じて制作された歴史超大作ポルノ。監督はイタリア・ポルノ界の巨匠。この作品以降、ローマ皇帝カリギュラの名前はポルノの代名詞になってしまう。
 出演者たちは豪華絢爛、「アラビアのロレンス」のピーター・オトゥール氏をはじめ一般映画のスター俳優たちが勢揃い、しかも内容はハードコアポルノ。当初、出演者たちは「カリギュラ」がポルノだとは知らされていなかったという。おそるべしペントハウス
 そういった意味で極めて貴重映像である。ピーター・オトゥールのスケベ爺ぶりや若きヘレン・ミレンなど贅沢な映像が続く。ポルノ映画の地位を高めた金字塔的映画だ。「エマニエル夫人」と同じく、本作をリメイクまたはパロディにした便乗企画映画がこれ以降大量に生産される。
 もともと人格に障害があったカリギュラが次第に孤立し精神が破綻していく様を演じるマルコム・マクダウェルは文学的で見事。
 
 残念ながら、後に一部出演者・スタッフは「騙された! 詐欺だ!」と訴訟を起こしたようだが。
     
【効能】場末のポルノには無い豪華絢爛の出演者とロケセットにゴージャス気分。本作を観てから恋人と一緒に風呂に入ればローマ気分?
 
【副作用】ダラダラと長くて、性器のアップやセックス場面や殺人場面のオンパレードで気分が悪くなる。
 ローマ時代の時代考証が滅茶苦茶、ローマ時代に対して悪質な偏見が定着する。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。

「ゾンビ'99」 萌えたい時に〔11〕 

ゾンビ'99」 ゾンビが登場するポルノ映画 
 

  
【原題】LE NOTTI EROTICHE DEI MORTI VIVENTI
【公開年】1979年  【制作国】伊太利  【時間】90分  【監督】ジョー・ダマト
【原作】
【音楽】プルート・ケネディ
【脚本】ジョー・ダマト
【出演】ラウラ・ジェムサー(-)  ジョージ・イーストマン(-)  ダース・フナリ(-)  マーク・シャノン(-)    
    
【成分】笑える ファンタジー 不思議 パニック セクシー レズ ゾンビ 南国 
       
【特徴】ゾンビ映画にポルノ要素を加えた作品ではない。ポルノにゾンビが登場する映画である。褐色のエマニエルと呼ばれるラウラ・ジェムサーが謎の少女を演じる。
  
【効能】エロい映画。エロさを楽しめる。ラウラのレズシーンや、イチモツ噛み切り場面など、ダマト映画ファンにとっては見所が多い。
 
【副作用】ホラー映画と銘打って販売されているので、詐欺にあったと怒るかもしれない。事前にダマト映画を学習すると不快感は防げる。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
64位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク