FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「猟奇変態地獄」 萌えたい時に〔10〕 

猟奇変態地獄」 
黒いエマニエル、アマゾンへ・・。

 

 
【原題】EMANUELLE E GLI ULTIMI CANNIBALI
【英題】EMANUELLE AND THE LAST CANNIBALS
【公開年】1977年  【制作国】伊太利  【時間】94分  【監督】ジョー・ダマト
【音楽】ニコ・フィデンコ G・デロルソ
【脚本】ロマノ・スカンダリアト アリステッド・マサセッシ
【出演】ラウラ・ジェムサー(エマニエル)  ガブリエル・ティンティ(-)  スーザン・スコット(-)  ドナルド・オブライエン(-)  パーシー・ホーガン(-)  モニカ・ザンチ(イサベル)  アンマリー・クレメンティ(-)    
  
【成分】笑える パニック 不気味 恐怖 セクシー コミカル ジャングル 食人族 ポルノ
   
【特徴】「エマニエル夫人」の便乗企画シリーズ。イタリアの悪趣味ポルノ映画で定評のあるジョー・ダマト監督作品、ヒロインは黒いエマニエルと讃えられているインドネシア出身のラウラ・ジェムサー氏。
 ポルノが撮りたい、刺激的な食人族モノを絡めてエログロにしたい、そんな動機で制作したような内容で、撮りたいエロ場面・残酷場面を強引なストーリーで結びつけている。
 残酷場面はあるが、稚拙な特撮や造形のおかげで逆に爆笑モノ。
 
【効能】ラウラの情熱ヌードで夏の夜に萌える。真冬でも温かくなる。
 
【副作用】悪趣味場面で気分が悪くなる。時間の浪費、喪失感を感じる。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。

「愛のエマニエル」 萌えたい時に〔9〕 

愛のエマニエル
黒いエマニエルの誕生

 

 
【原題】EMANUELLE NERA
【公開年】1975年  【制作国】伊太利  【時間】90分  
【監督】アルバート・トーマス
【原案】ビット・アルベルティニ アンブロジオ・モルテーニ
【音楽】ニコ・フィデンコ
【脚本】ビット・アルベルティーニ アンブロジオ・モルテーニ
【出演】エマニエル/ラウラ・ジェムサー(エマニエル)  カリン・シューベルト(アン)  アンジェロ・インファンティ(ジャンニ)  イザベル・マーシャル(グロリア)  ドン・パウエル(カマウ)  ガブリエル・ティンティ(サージオ)  ヴェナンチーノ・ヴェナンチーニ(ウイリアム)     
 
【成分】ファンタジー コミカル ロマン セクシー かわいい アフリカ ポルノ 
  
【特徴】ラウラ・ジェムサー氏の記念すべきエマニエル夫人便乗企画映画第一作。当時、20代前半のラウラには初々しさがあり、カリン・シューベルト氏とのレズ場面にはぎこちなさがあって可愛らしい。
 本作はまだ本家「エマニエル夫人」を意識して、セックス描写を幻想的かつスタイリッシュに描こうとしている。
 
【効能】ラウラ・ジェムサー氏の菅能美に萌え。
 
【副作用】物語は脈絡の無いセックス場面のつなぎ合せ、ラウラ・ジエムサー氏のファンでなければ限りある人生の一部を駄作によって喪失した思いになるだろう。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「ヴァネッサ 小さな唇」 萌えたい時に〔8〕 

ヴァネッサ 小さな唇」 
けだるさのエマニエル、緊張感のヴァネッサ

 

 
【原題】VANESSA
【公開年】1977年  【制作国】西独逸  【時間】88分  
【監督】ヒューバート・フランク
【音楽】マティルデ・バセドウ ゲルハルト・ハインツ
【脚本】ジュース・デ・リッダー
【言語】イングランド語   
【出演】オリヴィア・パスカル(ヴァネッサ)  アントン・ディフリング(-)  ウーシ・ゼッハ(-)  ギュンター・クレメンス(-)  エヴァ・ロイゼ(-)  エヴァ・ガーデン(-)  
 
【成分】・ファンタジー ゴージャス セクシー かわいい 綺麗 南国 ソフトポルノ
 
【特徴】「エマニエル夫人」の女学生版。フランスの「エマニエル」とドイツの「ヴァネッサ」との違いは、エマニエルは気だるさ、ヴァネッサは緊張感だろう。
 主演のオリビア・パスカル氏は当時18歳。可愛らしい腋毛をはやした彼女の美少女ぶりは日本でもカルト的人気がある。

【効能】ゴージャスな官能が楽しめる。
 
【副作用】思っていたほど濡れ場が少ない事にガッカリする者もいる。やや古風なカラー映画。登場人物の男性たちが物語全体の雰囲気を壊すギャグをやってしまって白ける。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「エマニエル夫人」 萌えたい時に〔7〕 

エマニエル夫人」 「ソフト・ポルノ」の開祖様
 

 
【原題】EMMANUELLE
【公開年】1974年  【制作国】仏蘭西  【時間】91分  【監督】ジュスト・ジャカン
【原作】エマニエル・アルサン
【音楽】ピエール・バシュレ
【脚本】ジャン=ルイ・リシャール
【言語】フランス語   
【出演】シルヴィア・クリステル(エマニエル)  アラン・キュニー(マリオ)  クリスティーヌ・ボワッソン  マリカ・グリーン 
 
【成分】ファンタジー ゴージャス ロマンチック 知的 セクシー かわいい バンコク タイ フランス
 
【特徴】ソフトポルノの開祖であり金字塔。男性が楽しむポルノというより、女性のためのポルノといったほうが良いだろう。主演のシルヴィア・クリステル氏は妖艶な女性というより、女学生のようにスレンダーでキュート、初々しい。
 
【効能】気だるく豪華でエッチな気分が楽しめる。真夏の四畳半でもカップルと観れば追体験できるかもしれない。
 
【副作用】ハード趣味の男性には中途半端な描写に見える。ラストのレイプ場面は女性には痛い。また私も必要性が解らない不可解な場面に見える。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「ザ・グラディエーター 復讐のコロシアム」 萌えたい時に〔6〕 

ザ・グラディエーター 復讐のコロシアム」 
お色気チャンバラBC級ローマ史劇。

 

 
【原題】AMAZONS AND GLADIATORS
【公開年】2000年  【制作国】亜米利加  【時間】93分  
【監督】ザカリー・ワイントローブ
【音楽】
【脚本】ザカリー・ワイントローブ
【言語】イングランド語
【出演】パトリック・バーギン(-)  ジェニファー・ルービン(-)  リチャード・ノートン(-)  ウェンディ・ウインバーン(-)  ニコール・M・ヒルズ(-) 
  
【成分】ファンタジー 勇敢 セクシー かっこいい チャンバラ ローマ史劇
  
【特徴】ローマ史劇のチャンバラアクション。史実は無視して時系列を無茶苦茶にしているので、硬いことは考えず美女たちのチャンバラを楽しむべし。
 
【効能】孤独な部屋にお色気バックグランド映像として使用すれば華やかな気分になる。
 
【副作用】時間の浪費感を味わい喪失感に悩まされる。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。

「アマゾネス」 萌えたい時に〔5〕 

アマゾネス」 
お色気アクション歴史超大作




【原題】LES AMAZONES
【公開年】1973年  【制作国】仏蘭西・伊太利・西班牙  【時間】108分  
【監督】テレンス・ヤング
【原作】リチャーソ・オーブリ ロバート・グレイヴス
【音楽】リズ・オルトラーニ
【脚本】テレンス・ヤング ディノ・マイウリ マッシモ・デ・リタ シャルル・スパーク アルデュイノ・マイウリ
【言語】イタリア語  
【出演】アレナ・ジョンストン(女王アンティオペ)  サヴィーヌ・サン(オリティア)  アンジェロ・インファンティ(テセウス)
 
【成分】スペクタクル アクション レズビアン ソフトポルノ風味 時代劇 古代ギリシア劇
 
【特徴】ギリシア神話に登場するアマゾネスを題材にしたお色気時代劇。アクションを演じられる女優がいない時代での画期的な女性ヒーロー物である。衣装やエキストラも本格的で豪華。監督は「007シリーズ」で有名なテレンス・ヤング氏。

【効能】キャット・ファイトあり、レズあり、男性向けのお色気歴史超大作に仕上がっている。
 
【副作用】アクションに不慣れなので殺陣はイマイチ、女性上位の女性ヒーロー物のはずなのに男性に対して常に劣勢なのが気に入らない。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「ブラッドレイン」 萌えたい時に〔4〕 

ブラッドレイン
「ガンジー」の主役ベン・キングズレー氏が
お色気バンパイア物の悪役に・・。

 

 
【公開年】2005年  【制作国】亜米利加 独逸  【時間】94分  
【監督】ウーヴェ・ボル
【音楽】ヘニング・ローナー
【脚本】グィネヴィア・ターナー
【出演】クリスタナ・ローケン(レイン)  ミシェル・ロドリゲス(キャタリン)  ベン・キングズレー(ケイガン)  マイケル・マドセン(ウラジミール)  マシュー・デイヴィス(セバスチャン)  ビリー・ゼイン(エルリッチ)  ウィル・サンダーソン(ドマスティール)  ウド・キア(リーガル・モンク)  ミート・ローフ(レオニド)  マイケル・パレ(イアンク)    
          
【成分】ファンタジー 不気味 勇敢 セクシー かっこいい ルーマニア 18世紀
      
【特徴】「ターミネーター3」で女ターミネーターを演じて一躍メジャーに躍り出たクリスタナ・ローケン氏がいわゆる女バンパイヤーハンターに扮する。ノースリーブのコスチュームで剣を振り回す姿は色気と凛々しさがあってグッド。男性観客が期待しそうな場面盛り沢山。ルーマニアロケのおかげで映像はヨーロピアンムードたっぷりである。
 
【効能】クリスタナ・ローケン氏の可愛らしさ格好よさに萌え。
 
【副作用】過去の話題作のパッチワーク的作品でガッカリする。クリスタナ・ローケン氏の殺陣がどんくさくてイラつく。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
5位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク