FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「女子高生VS狼男」 おバカになって愉快になろう〔26〕 

女子高生VS狼男」 
興味深い俳優が出演している。




【原題】NEVER CRY WEREWOLF
【公開年】2008年  【制作国】加奈陀  【時間】91分  
【監督】ブレントン・スペンサー
【原作】
【音楽】マイケル・リチャード・プロウマン
【脚本】ジョン・シェパード[監督]
【言語】イングランド語
【出演】ニーナ・ドブレフ(ローレン)  ピーター・ステッビングス(シャレド)  ケヴィン・ソーボ(レッド・タッカー)  スペンサー・ヴァン・ウィック(カイル)  ショーン・オニール(スティーヴン)  キム・バーン(-)  メラニー・レイシュマン(アンジー)  ラザフォード・グレイ(-)  
        
【成分】笑える 不思議 パニック 不気味 かわいい セクシー コミカル 狼男 ホラー 喜劇
   
【特徴】ホラーというよりは、少しお色気があるコメディ。パッケージイラストでは日本風の女子校生の制服を着た少女が弓矢で武装して仁王立ちになっているが、そんな場面は無い。前半は妖しげなホラーとして丁寧に物語が展開していくが、後半から急展開して戸惑う。
 あのカナダのスタートレックと呼ばれているSFTVドラマ「アンドロメダ」のデュラン・ハント艦長が狂言回しの貧乏臭い役で大立ち回りをする。ファンにとっては貴重映像。
 ヒロインのブルガリア系カナダ人ニーナ・ドブレフ氏はけっこう私のタイプである。
  
【効能】男性はニーナちゃんの初々しさに萌え、女性は狼男のピーター・ステッビングス氏の妖しげな魅力に萌えかもしれない。
 
【副作用】出演者たちに思い入れの無い人にはクダラン映画。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。

「舞妓 Haaaan!!!」 おバカになって愉快になろう 

舞妓 Haaaan!!!」 
おバカになって京都を楽しもう。

 
 

【原題】
【公開年】2007年  【制作国】日本  【時間】120分  【監督】水田伸生
【原作】
【音楽】岩代太郎
【脚本】宮藤官九郎
【出演】阿部サダヲ(鬼塚公彦)  堤真一(内藤貴一郎)  柴咲コウ(大沢富士子(駒富士))  小出早織(駒子)  京野ことみ(小梅)  酒井若菜(豆福)  キムラ緑子(良江)  大倉孝二(大下)  生瀬勝久(先崎部長)  山田孝之(修学旅行生)  須賀健太(カメラ小僧)  Mr.オクレ(老社員)  日村勇紀(カメラ小僧)  北村一輝(医師)  植木等(斉藤老人)  木場勝己(玄太)  真矢みき(こまつ)  吉行和子(さつき)  伊東四朗(鈴木大海)
    
【成分】笑える 楽しい 切ない かわいい コミカル 舞妓 京都 喜劇
  
【特徴】舞妓はんしか愛せない舞妓オタク青年と、その彼女が京都まで追いかけて舞妓になるドタバタ喜劇。ともかく、おバカになって京都を楽しむべし。
 お茶屋の客で名士の老人としてチョイ出演している植木等氏にとって遺作となった。
  
【効能】伝統と舞妓の街、京都の魅力が堪能できる。京都や舞妓に興味を持つキッカケになる。
 
【副作用】やたらテンションの高いおバカ映画に引いてしまう。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。

「バンパイア/最後の晩餐」 おバカになって愉快になろう〔24〕 

バンパイア/最後の晩餐」 
ドタバタコメディ「バンパイア」

 


【原題】DINNER WITH THE VAMPIRE
【伊題】A CENA COL VAMPIRO
【公開年】1988年  【制作国】伊太利  【時間】87分  【監督】ランベルト・バーヴァ
【原案】ルチアーノ・マルティーノ
【音楽】サイモン・ボスウェル
【脚本】ダルダーノ・サケッティ ランベルト・バーヴァ
【出演】ジョージ・ヒルトン(ユーレック)  リカルド・ロッシ(ジョニー)  パトリツィア・ペルグリノ(リタ)  バレリア・ミリッロ(モニカ)
    
【成分】笑える ゴージャス パニック 不気味 セクシー コミカル 吸血鬼 ホラー喜劇 
 
【特徴】ある著名なホラー映画監督主宰のオーディションが古城で開かれ、出演希望の若者たちが期待を胸に集まってくるが、実はホラー監督はドラキュラの仮の姿だった。
 十字架もニンニクも効かないどころか、十字架をペンダントにして首にかけているドラキュラが登場する。もちろん、ドラキュラ映画でよくある退治方法では通用しない。若者たちは脱出の謎解きのため右往左往する。
 ホラーというよりドタバタ喜劇。ドラキュラが美女を襲う場面にお色気が若干あり。
  
【効能】夏の真夜中に鑑賞すると暑さが和らぎ賑やかな気分になる。
 
【副作用】ホラー嫌いには喜劇に見えない。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。

「ザ・マジックアワー」 おバカになって愉快になろう〔23〕 

ザ・マジックアワー」 
映画愛好家のファンタジー・コメディ。

 


【英題】The Magic Hour
【公開年】2008年  【制作国】日本国  【時間】136分  【監督】三谷幸喜
【原作】
【音楽】荻野清子
【脚本】三谷幸喜
【言語】日本語
【出演】佐藤浩市(村田大樹)  妻夫木聡(備後登)  深津絵里(高千穂マリ)  綾瀬はるか(鹿間夏子)  西田敏行(天塩幸之助)  小日向文世(長谷川謙十郎)  寺島進(黒川裕美)  戸田恵子(マダム蘭子)  伊吹吾郎(鹿間隆)  浅野和之(清水医師)  市村萬次郎(菅原虎真)  柳澤愼一(高瀬允)  香川照之(江洞潤)  甲本雅裕(太田垣直角)  近藤芳正(今野貴之介)  梶原善(西さん)  阿南健治(野島)  榎木兵衛(なべさん)  堀部圭亮(バンビ)  山本耕史(愚痴る男)  市川亀治郎(カメ)  市川崑(監督)  香取慎吾(-)  中井貴一(磐田とおる)  鈴木京香(小夜子)  谷原章介(ニコ)  寺脇康文(ワンチャイ・バンダラビカル)  天海祐希(喪服の女)  唐沢寿明(ゆべし)
    
【成分】笑える 楽しい ファンタジー ゴージャス 不思議 パニック 切ない かわいい かっこいい コミカル 喜劇
         
【特徴】設定は一応現代のはずなのに、1920年代のアル・カポネ時代風のファッションや街並みが当たり前のように出てくる。全編にわたって有り得ない展開やギャグが連発、と言うよりわざとギャング物や冒険活劇によくある場面ばかりをつなぎ合せて笑いをとっている感じがする。
 三谷幸喜氏の不思議なコメディ。
  
【効能】家族団欒で観ると場が明るくなる。映画ファンには映画を愛していることを再認識させる。映画が好きになる。
 
【副作用】一度見たら二度と見る気がしない。個人的趣味に付き合わされた感じがして不愉快。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。

「宇宙からのメッセージ」 おバカになって愉快になろう〔22〕 

宇宙からのメッセージ」 
懐かしい顔触れで描くスペースファンタジー

 


【英題】MESSAGE FROM SPACE
【公開年】1978年  【制作国】日本国  【時間】105分  【監督】深作欣二
【原作】
【音楽】森岡賢一郎
【脚本】松田寛夫
【出演】ビック・モロー(ゼネラル・ガルダ)  フィリップ・カズノフ(アロン・ソーラー)  ペギー・リー・ブレナン(メイア・ロング)  真田広之(シロー・ホンゴー)  岡部正純(ジャック)  志穂美悦子(エメラリーダ)  千葉真一(ハンス王子)  成田三樹夫(ガバナス皇帝ロクセイア12世)  天本英世(大公母ダーク)  佐藤允(ウロッコ)  織本順吉(長老キド ジルーシアの族長)  丹波哲郎(地球連邦大統領アーネスト・ノグチ)  三谷昇(カメササ)  サンダー杉山(ビッグサム)  中田博久(補佐官)  林彰太郎(宇宙戦艦船長)  小林稔侍(フォックス巡査)  ウィリアム・ロス(星間連絡船船長)      
    
【成分】笑える ファンタジー 勇敢 コミカル SF 特撮
         
【特徴】いま観ると「スターウォーズ」の便乗B級映画のように見えるが、実は日本特撮界総力をあげて上陸する「スターウォーズ」を迎え撃とうとした大作だった。聞くところによれば、制作にかけた予算は「スターウォーズ」1作目よりも本作のほうが多いそうである。
 里見八犬伝をSF宇宙戦争に作り変えた冒険活劇。出演者には時代劇で御馴染みの顔触れが揃っている。70年代に少年時代をおくった人々には懐かしい作品だ。
 テーマ曲が壮大。
  
【効能】懐かしい顔触れに涙する。少年時代のワクワク感が取り戻せる。
 
【副作用】スターウォーズ」のパロディと誤解して白けてしまう。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。

「ジェイソンX 13日の金曜日」 おバカになって愉快になろう〔21〕  

ジェイソンX 13日の金曜日」 
ジェイソンのSFスプラッタ・コメディ。




【原題】JASON X
【公開年】2001年  【制作国】亜米利加  【時間】93分  
【監督】ジェームズ・アイザック
【制作総指揮】ショーン・S・カニンガム
【原作】
【音楽】ハリー・マンフレディーニ
【脚本】トッド・ファーマー
【言語】イングランド語
【出演】ケイン・ホッダー(ジェイソン)  レクサ・ドイグ(ローワン)  リサ・ライダー(KAY-EM 14)  チャック・キャンベル(ツナロン)  ジョナサン・ポッツ(ロウ教授)  ピーター・メンサー(ブロッドスキー軍曹)  メリッサ・エイド(ジャネッサ)  トッド・ファーマー(-)  メロディ・ジョンソン(-)  ダーウィン・ジョーダン(-)  デヴィッド・クローネンバーグ(ウィマー博士)  ダヴ・ティフェンバック(-)  クリスティ・アンガス(-)      
    
【成分】笑える パニック 不気味 勇敢 セクシー スプラッタ コミカル 2055年~2455年 SF 
         
【特徴】「13日の金曜日」シリーズ10作目。舞台は近未来から「スタートレック」なみの未来へ、ついにジェイソンは宇宙で大暴れする。
 ヒロインにはカナダのスタートレックと呼ばれているSF連続TVドラマ「アンドロメダ」でレギュラー出演している黒髪の美女レクサ・ドイグ氏が担当。
  
【効能】もはやホラーでないので、ジェイソンのぶっ飛びぶりを笑うべし。
 
【副作用】ホラーが嫌いな人にはおぞましい場面の連続。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「ゾンビ・ストリッパーズ」 おバカになって愉快になろう〔20〕 

ゾンビ・ストリッパーズ」 
ゾンビ映画の愉快な真骨頂。

 


【原題】ZOMBIE STRIPPERS!
【公開年】2008年  【制作国】亜米利加  【時間】94分  
【監督】ジェイ・リー
【原作】
【音楽】ビリー・ホワイト・エイカー
【脚本】ジェイ・リー
【言語】イングランド語
【出演】ジェナ・ジェイムソン(キャット)  ロバート・イングランド(イアン)  シャムロン・ムーア(ジェニー)  ジョーイ・メディナ(パコ)  ティト・オーティズ(用心棒)  ホイットニー・アンダーソン(-)    
    
【成分】笑える 不思議 パニック 不気味 セクシー かわいい コミカル スプラッタ ゾンビ ストリップ 
         
【特徴】ソンビとなったストリッパーが魅惑のポールダンスを踊るは、「スターシップ・トルーパーズ」のノリでゾンビ退治をする軍隊が登場したり、ゾンビ・ウイルスを撒き散らすマッド・サイエンティストやゾンビ・ストリッパーで荒稼ぎをする劇場支配人など、見どころ満載。
 相変わらずジェナのプロポーションは素晴らしい。バレエをやっていたのでダンスの基礎がしっかりしており、作中でも迫力あるポールダンスやタップを披露する。渋谷道玄坂の道頓堀劇場の踊りが大好きな人には堪能する作品である。
 「エルム街の悪夢」のフレディことロバート・イングランド氏はストリップ劇場の支配人役で登場、今回は小心者の役だ。
  
【効能】ジェナとロバート・イングランドの怪演技で愉快になる。フェチ嗜好の人はゾンビメイクのジェナのストリップダンスに萌え。
 
【副作用】血飛沫や飛び散る臓物に気分が悪くなる。腐乱メイクの踊り子さんが裸体をさらして踊る場面が気持ち悪くトラウマになる。
 ジェナのダンスに興味のない人には佳境まで退屈かもしれない。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
81位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク