ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「12人の怒れる男」 社会問題を考えたい時に〔21〕 

12人の怒れる男」 ロシア版リメイク
 
 

【原題】12
【公開年】2007年  【制作国】露西亜  【時間】160分  
【監督】ニキータ・ミハルコフ
【原作】
【音楽】エドゥアルド・アルテミエフ
【脚本】ニキータ・ミハルコフ ヴラディミル・モイセイェンコ アレクサンドル・ノヴォトツキイ=ヴラソフ
【言語】ロシア語 一部チェチェン語 
【出演】セルゲイ・マコヴェツキー(陪審員1)  ニキータ・ミハルコフ(陪審員2)  セルゲイ・ガルマッシュ(陪審員3)  ヴァレンティン・ガフト(陪審員4)  アレクセイ・ペトレンコ(陪審員5)  ユーリ・ストヤノフ(陪審員6)  セルゲイ・ガザロフ(陪審員7)  ミハイル・イェフレモフ(陪審員8)  アレクセイ・ゴルブノフ(陪審員9)  セルゲイ・アルツィバシェフ(陪審員10)  ヴィクトル・ヴェルズビツキー(陪審員11)  ロマン・マディアノフ(陪審員12)  アレクサンドル・アダバシャン(廷吏)  アプティ・マガマイェフ(ウマル)
        
【成分】知的 切ない むさ苦しい 内戦 ロシア チェチェン
  
【特徴】シドニー・ルメット監督の名作討論劇のリメイク。白いワイシャツが似合う明るく爽やかなアメリカの夏といった前作と違って、本作は薄暗く寒くてどんよりといった感じだ。出演者の平均年齢も前作より高そう。
 討論劇としては本作のほうが私語や無駄口が多くてリアル。前作ではアメリカ社会が抱えるヒスパニック系のスラム問題をほのかに匂わす程度だが、本作では露骨にチェチェンとロシアとの紛争状態が背景にあることをストレートに描写している。
  
【効能】ディスカッションの難しさを体感できる。ロシア人の「善意」がどのようなものかが判る。
 
【副作用】チェチェン側の人間にとっては不愉快な内容。全体に暗いイメージで気が滅入る。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。

「PEACE BED アメリカVSジョン・レノン」 社会問題を考えたい時に〔20〕 

PEACE BED アメリカVSジョン・レノン」 
アメリカを敵にまわしたミュージシャン

 


【原題】THE U.S. VS. JOHN LENNON
【公開年】2006年  【制作国】亜米利加  【時間】99分  
【監督】デヴィッド・リーフ
【監修】オノ・ヨーコ
【原作】
【音楽】
【脚本】デヴィッド・リーフ ジョン・シャインフェルド

【出演】ジョン・レノン(本人)  オノ・ヨーコ(本人)  ジョン・ウィーナー(本人)  ロン・コヴィック(本人)  アンジェラ・デイヴィス(本人)  ジョン・シンクレア[活動家](本人)  タリク・アリ(本人)
【言語】イングランド語    
【成分】泣ける 悲しい 勇敢 知的 切ない セクシー かっこいい 反体制 60年代 70年代 ロックミュージック 反戦平和 ドキュメント
  
【特徴】ビートルズ解散後、妻であり「戦友」のヨーコとともに政治的な音楽活動を展開、アメリカと格闘するジョン・レノンの姿を描いたドキュメント映画。
  
【効能】ジョンのエネルギーに力をもらえる。ジョンの格闘に涙する。
 
【副作用】ジョンのネタで政治的利益を得ようとする制作側の意図が気になって不快感。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。

「さよなら子供たち」 社会問題を考えたい時に〔19〕 

さよなら子供たち」 
ルイ・マル少年が垣間見た戦争。




【原題】AU REVOIR LES ENFANTS
【公開年】1987年  【制作国】仏蘭西 西独逸  【時間】103分  
【監督】ルイ・マル
【原作】
【制作】ルイ・マル
【音楽】フランツ・シューベルト サン=サーンス
【脚本】ルイ・マル
【言語】フランス語
【出演】ガスパール・マネス(ジュリアン・カンタン)  ラファエル・フェジト(ジャン・ボネ)  フランシーヌ・ラセット(ジュリアンの母)  スタニスタス・カレ・ド・マルベール(-)  フィリップ=モリエ・ジェヌー(ジャン神父)  フランソワ・ベルレアン(ペレ・ミカエル) イレーヌ・ジャコブ(-)

【成分】泣ける 悲しい 知的 切ない 寄宿学校 学園 第二次大戦 ナチスドイツ 1944年 1984年 フランス

【特徴】ルイ・マル監督の少年時代の体験を元にした映画。第二次大戦中、郊外の寄宿学校に疎開した少年と、学校に匿われているユダヤ人少年との友情と永遠の別れ。
 戦闘シーンは無いが、少年の眼前に「戦争」と「死」を突きつけられた衝撃を描いている。子役の演技が素晴らしい。

【効能】戦争と死の恐怖が心に響く。

【副作用】興味の無い人には退屈。ごく稀に美少年趣味の紳士淑女が良からぬ妄想を抱く。

下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「オペレーション・ワルキューレ」 社会問題を考えたい時に〔18〕 

オペレーション・ワルキューレ」 
ドイツのTV局が制作した
ヒトラー暗殺事件の全容ドラマ

 


【原題】STANFFENBERG
【公開年】2004年  【制作国】独逸  【時間】96分  
【監督】ヨ・バイヤー
【原作】
【音楽】エンヨット・シュナイダー
【脚本】ヨ・バイヤー
【言語】ドイツ語
【出演】セバスチャン・コッホクラウス・フォン・シュタウフェンベルク大佐)  ウルリッヒ・トゥクール(ヘニング・フォン・トレスコウ少将)  ハーディ・クリューガー・Jr(-)  ウド・シェンク(-)  ステファニア・ロッカ(-)  レモ・ジローネ(-)  クリストファー・ブッフホルツ(-)  エンリコ・ムッティ(-)  オッリ・ディトリッヒ(-)
    
【成分】悲しい パニック 勇敢 知的 絶望的 切ない かっこいい ナチスドイツ ヒトラー 第二次世界大戦 1943年~1944年 ベルリン 東プロイセン ドイツ
         
【特徴】内容は殆どトム・クルーズ主演の「ワルキューレ」と同じ。主人公がアフリカ戦線で重傷を負い、本国の予備軍参謀長へ栄転する過程でヒトラー暗殺計画の主導的立場になる。制作は本作のほうが先である。TVドラマにしてはかなり制作費をかけた大作に仕上がっている。
 トム・クルーズ版には盗作疑惑があがっているほど同じテーマと構成の作品なので、トム・クルーズとの解釈の違いや演技の違い、アメリカとドイツの視点の違いなどが楽しめる。
 私はドイツ語を話す本作がお薦め。アクションについてはアメリカ版のほうがやや優れている。
  
【効能】緊迫感とスリルを楽しめる。殉死の覚悟で事にあたる主人公たちに気合を入れられる。
 
【副作用】やや、物語の展開が駆け足で心に響かない。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「226」 社会問題を考えたい時に〔17〕 

226」 
台詞が少ない大物女優たちの奮闘。




【英題】THE FOUR DAYS OF SNOW AND BLOOD
【公開年】1989年  【制作国】日本国  【時間】114分  【監督】五社英雄
【原作】笠原和夫
【音楽】千住明
【脚本】笠原和夫
【言語】日本語
【出演】萩原健一(野中四郎大尉)  三浦友和(安藤輝三大尉)  竹中直人(磯部浅一)  本木雅弘(河野寿大尉)  加藤昌也(坂井直中尉)  川谷拓三(永田露曹長)  佐野史郎(栗原安秀中尉)  安田成美(田中久子)  有森也実(丹生すみ子)  南果歩(安藤房子)  名取裕子(野中美保子)  藤谷美和子(坂井孝子)  芦田伸介(鈴木貫太郎侍従長海軍大将)  石橋保(林八郎少尉)  梅宮辰夫(山王ホテル支配人)  小野寺昭(広幡忠隆侍従次長)  賀来千香子(香田富美子)  勝野洋(香田清貞大尉)  ガッツ石松(陸相官邸憲兵曹長)  金子信雄(川島義之陸軍大臣)  高部知子(府川きぬえ)    

【成分】パニック 勇敢 絶望的 切ない クーデター 1933年~1936年 日本

【特徴】昭和11年の2・26事件を映画化。華々しく決起してから孤立・ジリ貧、そして敗北までを描く。
 主役は青年将校たちのリーダー野中大尉に扮するショーケンこと萩原健一氏とその戦友安藤大尉に扮する三浦友和氏。追い詰められていく2人のリーダーの姿が切ない。

 アイドルから本格俳優へ脱皮を図ろうとしている本木雅弘氏は叛乱軍を指揮した青年将校団の一人に扮する。後に皇道派の理想を信じる河野大尉とは立場が異なる社会主義者尾崎秀実も好演する。

 日本髪と和服が似合う女優が多数出演。大御所的女優から20代の若手女優までいずれも主役をはれる女優達を大勢起用し、台詞無しまたは2・3行程度の台詞だけの極めてコスト高な使い方をしているのが印象に残る。

【効能】戦前の日本を揺るがせた2・26事件の概容が判る。理想と現実の狭間で、どこで妥協するか、どこを譲らないか、その匙加減の教訓になる。官僚組織の恐ろしさを学べる。

【副作用】日本社会の怖い一面を見てショック。2・26事件の描き方が甘く失望する。

下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「GAMA 月桃の花」 社会問題を考えたい時に〔16〕 

GAMA 月桃の花」 沖縄戦の悲劇

GAMA 月桃の花.jpg
(未ソフト化)

【公開年】1996年  【制作国】日本国  【時間】110分  【監督】大澤豊
【原案】嶋津与志
【音楽】海勢頭豊
【脚本】嶋津与志
【言語】日本語 一部イングランド語
【出演】朝霧舞(宮里房)  川平慈英(ジョージ)  玉木初枝(現在の宮里房)  新里奈津子(糸数文子)  沖田浩之(鳥羽軍曹)  平良トミ(カミおばあ)  中里友豪(現在の平良勝男)  知花章(宮里真助)  島袋匠造(平良勝男)  島袋利造(宮里真吉)  ウエチ雄大(山城武吉)  當間武三(知念盛昌)  川満聡(比屋定亀助)  島袋也子(真壁ウメ)  國村隼(兵士)  吉田妙子(神谷ウタ)

【成分】泣ける 悲しい パニック 絶望的 切ない 第二次大戦 戦争映画 沖縄戦 1945年・1994年 沖縄 

【特徴】沖縄戦終結50周年記念作品。政治的論議をよんでいる集団自決問題を扱った作品である。
 日本人を母にもつアメリカ人青年ジョージは母の故郷沖縄を訪れ、祖母から沖縄戦の悲劇を聞くことになる、という形で話が展開されていく。洞窟に非難した沖縄島民は上陸侵攻するアメリカ軍と島民を守るはずの日本軍に「挟撃」させ惨い結末を迎えた。
 主に反戦平和運動を展開する護憲派市民有志によって全国自主上映された作品。劇場公演は少なかった。

【効能】戦争に対する楽観的感覚を諌める効果がある。

【副作用】国家や軍隊に対して過度の不信感を与える。

下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「黒い雨」 社会問題を考えたい時に〔15〕 

黒い雨
邦画でないと描写できない反核映画

 


【英題】BLACK RAIN
【公開年】1989年  【制作国】日本国  【時間】123分  【監督】今村昌平
【原作】井伏鱒二
【音楽】武満徹
【脚本】今村昌平 石堂淑朗
【言語】日本語
【出演】田中好子(高丸矢須子)  北村和夫(閑間重松)  市原悦子(閑間シゲ子)  原ひさ子(閑間キン)  沢たまき(池本屋のおばはん)  三木のり平(好太郎)  小沢昭一(庄吉)  小林昭二(片山)  河原さぶ(養殖業者・金丸)  石丸謙二郎(青乃)  大滝秀治(藤田医師)  白川和子(白旗の婆さん)  深水三章(能島)  殿山泰司(老僧)  常田富士男(ヤケドの四十男/老遍路)  三谷昇(郵便局長)
 
【成分】悲しい パニック 不気味 恐怖 絶望的 切ない 第二次大戦 反核 1945年~1950年代 白黒
  
【特徴】井伏鱒二黒い雨」の映画化。8月になると必ずどこかの映画館や市民会館で上映される不朽の名作である。
 全編白黒映像(カットされたラスト場面はカラー)で静かに忍び寄る原爆症の恐ろしさが迫る。原爆投下直後の光景をリアルな美術で再現、白黒映像はまるで当時の記録フィルムのようだ。
 アイドルユニット「キャンディーズ」出身の田中好子氏は原爆症に蝕まれるヒロインを好演し、演技派女優の仲間入りを果たす。
 
【効能】直接身体を蝕む放射能と心理的に追い詰める社会的偏見の恐怖を学べる。
 
【副作用】全体に暗い描写のため気分が憂鬱になる。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
182位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
75位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク