ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「アメリカン・ウォー」 人生を振り返ろう〔12〕 

アメリカン・ウォー」 
祖父の戦争体験とシンクロさせる
アメリカの一青年



アメリカン・ウォー[DVD]

【英題】Memorial Day 
【公開年】2012年  【制作国】亜米利加  
【時間】108分  
【監督】サム・フィッシャー
【制作】
【原作】
【音楽】ポール・ハートヴィック
【脚本】マーク・コンクリン   
【言語】イングランド語 一部ドイツ語 アラビア語
【出演】ジョナサン・ベネット(カイル・ヴォーゲル)  ジェームズ・クロムウェル(晩年のバド・ヴォーゲル)  ジョン・クロムウェル(若い頃のバド・ヴォーゲル)  ジャクソン・ボンド(少年時代のカイル・ヴォーゲル)

【成分】

【特徴】イラクに派遣された現代のアメリカ軍軍曹の戦争体験と、その祖父が中尉としてヨーロッパに派遣された戦争体験のシンクロ。

 イラクで負傷した若い軍曹は野戦病院で軍医に祖父の思い出を語る。13歳当時の軍曹は祖父から第二次世界大戦の頃の思い出を聞く。
 やがて、野戦病院を退院して原隊復帰した軍曹は祖父が体験した同じ決断を戦地で迫られ、祖父の苦しみを理解する。

 祖父バド役はベテラン俳優のジェームズ・クロムウェル氏が扮し、若い現役将校時代を容姿が酷似している実子のジョン・クロムウェル氏が演じる。なので違和感なく若き日のバドに見える。
 また、少年時代のカイルを演じた子役のジャクソン・ボンド氏も主演のジョナサン・ベネット氏に雰囲気が似ている。

【効能】自分の家族の歴史を振り返りたくなる。家族と手をつないで歩きたくなる。
 アメリカ流レモネードが飲みたくなる。

【副作用】レモネードを飲み過ぎて血糖値が上がる。

下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎」 美術鑑賞映画〔13〕 

空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎」 
絢爛豪華な唐の都の再現




【原題】妖猫传
【英題】LEGEND OF THE DEMON CAT 
【公開年】2018年  
【制作国】中華人民共和国 日本国  
【時間】129分  
【監督】陳凱歌
【制作】
【原作】夢枕獏
【音楽】クラウス・バデルト
【脚本】陳凱歌 王蕙玲   
【言語】中国語 一部日本語
【出演】染谷将太(空海)  黄轩(白楽天)  张榕容(楊貴妃)  阿部寛(阿倍仲麻吕)

【成分】

【特徴】夢枕獏氏「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」を実写映画化。
 中国でも名の知れた日本人僧侶空海を主要キャストに、空海が留学した当時の唐の都長安を再現、壮大で絢爛豪華な空間描写が素晴らしい。

 空海が登場するので宗教がらみの伝記映画と早合点する人も少なくないだろうが、内容は豪華なエンタメである。空海の役どころは僧侶というよりはシャーロック・ホームズであり、白楽天がドクター・ワトソンの如く空海の相棒となり長安で発生する怪異事件を調査する。
 夢枕獏氏「陰陽師」の空海版と考えれば早いだろう。

 日本では空海を演じる染谷将太氏を主役として配給しているが、中国では白楽天を演じる若手俳優黄轩氏が主役となっている。日本では日本語吹替版しか劇場公開されていないが、原版では染谷将太氏も阿部寛氏も唇の動きから中国語台詞で演技をしていた。(ただし中国人声優によってアテレコされている可能性がある)

 監督は「黄土地」などで日本にも根強いファンがいる陳凱歌氏。晴雨堂もそんなファンの一人なのだが、「黄土地」や「大閲兵」の地味な人民中国世界を描写した「文藝作」を撮っていた青年監督が、今や贅を尽くしたエンタメ映画を撮る老監督になるとは、面白くもあり寂しくもある。

【効能】壮大な大唐の都長安の再現画像や唐の美しい貴婦人たちを目にして豊かな気分になる。

【副作用】

下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「スターシップ9」 カップルで癒されたい時に〔24〕 

スターシップ9」 
スペイン語圏のSF



スターシップ9 [Blu-ray]
スターシップ9 [DVD]

【原題】ORBITA 9
【英題】ORBITER 9  
【公開年】2016年  
【制作国】西班牙 哥倫比亜  
【時間】141分  
【監督】アテム・クライチェ・ルイス・ソリヤ
【制作】
【原作】
【音楽】フェデリコ・フシド
【脚本】アテム・クライチェ・ルイス・ソリヤ   
【言語】スペイン語 一部イングランド語
【出演】クララ・ラゴ(エレナ)  アレックス・ゴンザレス(アレックス)

【成分】切ない ロマンチック 不思議 ファンタジー 知的 サスペンス 陰謀 SF

【特徴】広い宇宙船で孤独に暮らす美しい少女の前に現れたイケメン男性は何者?といった展開で物語が始まっていく。
 これはネタバレしてしまうと作品の面白さが半減してしまうかもしれない。
 昨今のSFはCGを多用しているが本作は殆ど使用せずセットを組んで撮影されている。

 日本に入ってくる海外SFの殆どが英語圏制作のもので、全編スペイン語台詞といってもよい本作は新鮮な響きを感じる。ただ、本部の偉いさんとして登場する女性は英語を話しているので、宇宙開発事業の力関係を垣間見させる。

【効能】現代版アダムイブに思春期の感動を思い出す。藤子不二雄のSF短編集を思い出す。

【副作用】悪趣味な内容で気持ち悪くなる。

下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

今日で52歳か。あまり嬉しくないなぁ。取り敢えず52年生きれた事は感謝しているが、生理機能の衰えは嫌だなぁ。 

鋭意執筆中!

明けましておめでとうございます。恒例の「晴雨堂の20○○年公開映画」10選がやってきました。今年は井口監督の「ゴーストスクワット」だけは観に行きたい。 

皆さん、明けましておめでとうございます。 
今年も一年、生き残りましょう。


 残念ながら 昨年も映画館で観た作品は僅か二作。
 年末年始は毎回、旧年1年間の公開映画を振り返る行事を続けてきたが、ここ数年はそれが成り立たない事態にある。

 「日本で2017年に劇場初公開された新作」という条件に絞って晴雨堂が独断と偏見で優秀作品を1作ぐらいは選ぼうと考えた。
 具体的な評価基準は、劇場で1800円支払って鑑賞してなおかつDVDが発売されたら購入して本棚のコレクションに加えたい映画である。

 で、映画館へ行く機会がめっきり減った上に心に残る映画も思い浮かばない。リメイクやらシリーズものやら、たしかにそれなりに面白いかもしれないが、思い出に残る事はたぶん無い。季節が過ぎれば、数多くある映画の一つとして記憶の沼の底へ沈むことになる。

 旧年観たのは「ダンケルク」と「ワンダーウーマン」の二作。

 「ダンケルク」はそれなりに記憶に残る映画だと思う。「ワンダーウーマン」は主演女優の美しい肉体しか記憶に残っていない。ああ、それからラテン系の女性とロシア系の女性が愛し合う百合映画「ローマ、愛の部屋」でラテン系女性のレズビアン役のエレナ・アナヤ氏が「ワンダーウーマン」でマッドサイエンティストを演じていた。

 映画館初上映という条件を解いて地上波初放映も入れても、「シンゴジラ」で防衛大臣を演じた余貴美子氏の「総理、撃ちますか?…総理!!」という場面にしびれ、そればっかりリピートして観ているぐらいか。

 もはや映画レビュアーとして失格ではないか? なんて御批判もあろうかと思う。しかしレビューは映画を鑑賞する人全員分け隔てなく持っている資格と権利である。これは民主主義社会の鉄の掟である。

 それと、当ブログ「ミカエル晴雨堂の作法」でも謳っているように、私はAVも含め分け隔てなく「映画」として扱う人間なのだ。AVならよく観ているが、残念ながらFC2の規約で当ブログでは世間でAVと呼ばれている低予算映画はレビューアップできないのである。


 それでは改めて、またこの一年も生き残りましょうぞ!


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。

第2358回「好きなお鍋は?」 晴雨堂は豆腐チゲである。 

こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の梅宮です今日のテーマは「好きなお鍋は」です寒い日は、みんなでワイワイお鍋を囲んで温まりたいですね近年はトマト鍋やカレー鍋など、珍しいお鍋もありますが、梅宮はカニ鍋がいちばん好きですカニそのものも美味しいですが、カニの味が染み込んだお野菜や、シメの雑炊がたまらないですねみなさんの好きなお鍋はなんですかたくさんの回答をお待ちしておりますトラックバックテーマで...
FC2 トラックバックテーマ:「好きなお鍋は?」



【雑感】鋭意執筆中


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。

「スタートレック」のMr加藤ことジョージ・タケイ氏(George Takei)にもセクハラ疑惑? 彼の日頃の言動からは信じられないのだが・・。 近頃の現象[一二八四] 

ジョージ・タケイにもセクハラ疑惑?

ジョージ・タケイのセクハラ疑惑の報道。
ジョージ・タケイ氏のセクハラ疑惑を報じるシネマトゥデイのtweet。

【雑感】信じ難い話である。
 当ブログの長い読者諸氏なら御存知のように、私はトレッキーである。小学生の頃から「宇宙大作戦」のファンであり、ブリッジで勤務するレギュラーの中で唯一の東洋人Mr加藤ことジョージ・タケイ氏に親近感を抱いていた。

 このドラマ「宇宙大作戦(スタートレック)」はアメリカの科学者や技術者にとってバイブルのような金字塔TVドラマであるだけでなく、アメリカの進歩的な階層に絶大な影響を与えている。

 ファンなら説明の必要はないと思う。20世紀世界から400年後の未来、5年間の調査飛行に飛び立った宇宙船エンタープライズ号に乗り組む船長以下乗組員が遭遇する事件や人間模様を描いた秀作だ。
 取り分け画期的だったのは登場人物である。主人公ジェームス・T・カーク船長こそ金髪碧眼系のアメリカンヒーロー的な人物なのだが、脇を固めるレギュラー出演者には人種的マイノリティを起用している。というのも、未来のアメリカは人種的偏見が克服されて様々な人種や民族が中枢に起用されている社会であるはずだとの制作者の判断がはたらいているのだ。
 奇しくもスタートレックのキャスティングは、放送開始から四半世紀後のアメリカ社会を表現したことになる。

 通信将校ウラ中尉(原版はウフーラ大尉)にアフリカ系女優のニシェル・ニコルズ氏が務めた。それまでのアフリカ系女優が演じる役柄といえば「風と共に去りぬ」に代表されるようにメイドや召使や農婦役ばかりだった。それがいわゆるキャリアウーマンの役として登場するのだ。召使ではない、キャリアを持った士官の役として、しかもレギュラーとして出演したのだ。
 NASAのアフリカ系技術者や宇宙飛行士、取り分けその女性たちは全員このウフーラ大尉に憧れて科学技術の道に入ったと言い切っても過言ではない。

 ジョージ・タケイ氏も航海士を務めるMr加藤(原版はヒカル・スルー大尉)に扮した。カーク船長とスポック副長とチャーリィ技術主任(原版はスコッティ少佐)が不在の場合は艦の指揮をとる上級士官である。当然、実際のアメリカではアジア系はアフリカ系と同様に冷遇されていた。
 ジョージ・タケイ氏はセクシャルマイノリティで長年社会の公的圧力に苦しめられていた。かなり年輩になって長年の同性パートナーと同性婚に踏み切ったが、その際には共演者であり長年の親友でもあるウフーラ役のニシェル・ニコルズ氏からの力強い後押しがあった事は有名な話だ。

ジョージ・タケイ氏本人のTwitter。
ジョージ・タケイ氏本人のtweet。
自分の生き方に反する行為をするはずが無いと身の潔白を訴えている。


 なので私は俄かには信じがたい。

 スタートレックにこんなエピソードがある。タイトルは「宇宙軍法会議(Court Martial)」主人公カーク船長が部下を殺害した容疑で軍法会議にかけられる。
 軍法会議のシーンで、ややこしい人物相関なのだが、カークの元恋人の女性弁護士が検察官に任命され、忠実に職務をこなしカークを弁護する証人たちを次々と論破していく。これを観たとき、アメリカ社会の合理性に感動した。私情を殺して仕事をするのだ。
 有能な検察に対し、弁護をするカークの副官Mrスポック「彼の今までの言動を考えると、このような犯行を行うのはあり得ない」と意見する。
 検察官は「彼はカークと親しいゆえの発言」と批判。
 それに対してスポックは「バルカン人は感情を入れない。論理的に考えて彼が犯罪を行う事はあり得ない」と反論。ところが検察官はすかさず「それは意見ですね」と突っ込まれスポックは「はい」と言うしかなくなった。
 犯行を否定する証拠ではなく、あくまでカークの行動から類推できる意見でしかない、それを強弁で無理な反論を並べることなく事実である以上は認めてしまう。

 私は一介のファンに過ぎない。しかもアメリカから見て外国に住んでいる。ジョージ・タケイ氏とは会った事もない。だから「彼の今までの言動から見ると考えられない」と意見しても、スポックの言葉ほどに説得力が無いのは判っている。
 しかし、歌手のマイケル・ジャクソン氏の児童虐待疑惑がでっち上げではないかという話が後から出てきたように、現段階ではなんともいえない。
 私はジョージ・タケイ氏を信じたい。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
[ 2017/11/13 12:38 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
75位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク