fc2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「決算!忠臣蔵」 家族と一緒に愉快になろう〔13〕 

決算忠臣蔵」 
久しぶりの忠臣蔵映画


決算忠臣蔵


【原題】
【英題】
【公開年】2019年  【制作国】日本国   
【時間】125分
【監督】中村義洋
【制作】
【原作】山本博文
【音楽】髙見優
【脚本】中村義洋
【言語】日本語(上方言葉)
【出演】堤真一(大石内蔵助)  岡村隆史(矢頭長助)  濱田岳(大高源五)  横山裕(不破数右衛門)  荒川良々(堀部安兵衛)  妻夫木聡(菅谷半之丞)  鈴木福(大石松之丞)  竹内結子(りく)  石原さとみ(瑤泉院) 荻野由佳(おきん)          

【成分】楽しい 勇敢 かっこいい コミカル 赤穂 江戸 忠臣蔵 時代劇 実話  

【特徴】1703年に江戸市中で起こった赤穂浪士による実際のテロ事件を映画化。
 このテロ事件は日頃の綱吉の政策に不満を持つ庶民たちに好意的に受け取られ、事件から約40年後の1748年に大坂で活躍する浄瑠璃作者竹田出雲・三好松洛・並木千柳たちによって舞台を室町時代初期の足利尊氏・直義の時代にすり替え江戸の幕府への反骨を込めて「仮名手本忠臣蔵」を発表、歌舞伎や人形浄瑠璃の人気作品となり、類似作も大量に制作される。
 20世紀にはいると映画やTVドラマが毎年のように制作され、日本人にとって吉良はパワハラ上司、浅野はイジメられる可哀相な人という定着は揺るぎなくなる。
 が、21世紀に入ってからは時代劇そのものが急速に廃れ、若者を中心に忘れ去られる兆しが出てきているところに本作の発表。久しぶりの時代劇といった感がある。

 本作の特徴は経済の側面からリアルに吉良邸討入というテロ事件を追っているところにある。これまでの忠臣蔵は経済的側面の描写は無いに等しく、雌伏の期間はどのように過ごしていたのかが不明であったし気にも留められていなかった。とはいえ、事件の主犯である大石内蔵助は金銭の流れについて詳細な書類を作成しており、学術的には不明でも謎でもなかった。
 本作はテロ血行に至るまでの金銭的経緯を現代の物価に置き換えてリアルに現代人に魅せているのが画期的だ。なお、完全に赤穂目線で展開しているので、悪役の登場は割愛されている。

【効能】政治運動や市民運動に従事する人にとっては共感部分あり。蕎麦を食べたくなる。

【副作用】漫画的表現があって不快感。相変わらず吉良を悪役にしていて不快感。

下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「メギド」 おバカになって愉快になろう〔34〕 

メギド」 
欧州連合結成前夜に制作されたアメリカ映画


メギド

【原題】Megiddo: The Omega Code 2
【英題】
【公開年】2001年  【制作国】亜米利加   
【時間】106分
【監督】ブライアン・トレンチャード=スミス
【制作】
【原案】ステファン・ブリン ホリス・バートン
【音楽】ピーター・バーンスタイン
【脚本】ジョン・ファサーノ ステファン・ブリン
【言語】イングランド語
【出演】マイケル・ヨーク(ストーン・アレクサンダー)  マイケル・ビーン(デイビッド・アレクサンダー)  ダイアン・ヴェノーラ(ガブリエラ・フランシーニ)  R・リー・アーメイ(リチャード・ベンソン大統領)  デヴィッド・ヘディソン(ダニエル・アレクサンダー)  マイケル・ポール・チャン(中国の首相)  フランコ・ネロ(フランシーニ校長)            

【成分】スペクタクル パニック 勇敢 オカルト ハルマゲドン  

【特徴】欧州連合成立前夜、アメリカで制作された欧州連合を暗に皮肉る壮大なオカルトスペクタクル。

 マイケル・ビーンR・リー・アーメイデヴィッド・ヘディソンなど、日本のアメリカ映画ファンに知られた重量級の名前が並ぶ。

【効能】アメリカ大統領が如何に強大な権力者であるかが判る。制作当時のアメリカの仮想敵国が露わ。

【副作用】B級を壮大なスペクタクルに無理矢理したような奇妙な感覚に襲われる。政治的背景を知ると茶番感が強烈。

下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話」 家族と一緒に感動しよう〔29〕 

フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話」 
実際の航空機事故をベースにした感動作


中国機長

【原題】中国机长
【英題】The Captain
【公開年】2019年  【制作国】中華人民共和国   
【時間】111分
【監督】劉偉強
【制作】李錦文
【原作】
【音楽】
【脚本】于勇敢
【言語】中国語 一部英語
【出演】张涵予(劉長健機長)  欧豪(徐奕辰副操縦士)  杜江(梁栋第二機長)  袁泉(毕男乗務長)  张天爱(黄佳乗務員4)  李沁(周雅文乗務員5)  张雅玫(张秋悦乗務員2)  杨祺如(杨慧乗務員3)  高戈(吴言安全員) 关晓彤(航空マニア)          

【成分】楽しい パニック 勇敢 かっこいい コミカル 中国 四川省 チベット自治区 旅客機事故 実話  

【特徴】2018年に起こった実際の航空機事故を映画化。例によって四川航空をはじめ航空会社や空軍の協力を得て制作。実物と同じコクピットと客室のセットで撮影、リアルな映像には説得力と迫力がある。
 それにしても、出演する女優達の美しいこと。訳あり風のビジネスクラスの一人旅の女性、人気ブレイク中の孟子義氏が美しい。

 最後は大団円なのだが、かなり尺をとって乗客達のその後やクルーたちの一年後など幸せな光景をたっぷり描写、エンディングでは実際のクルーと俳優が並んでの記念写真が映される。

 中国に警戒感を抱く人々はプロパガンダ臭を感じると思うが、日本の「シン・ゴジラ」も従来の反体制的ゴジラと違って役人賛歌だし、素直に映画を楽しもう。

【効能】四川航空を利用したくなる。家族と感動を共有する効果があり家族団欒向き。火鍋が食べたくなる。

【副作用】善い話過ぎてプロパガンダ臭がする。やたら中国の豊かさを強調し過ぎてバタ臭い。

下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「MINAMATA―ミナマタ―」 私が水俣市長だったら、チッソ社長だったら、アイリーン・スミス氏と共に舞台挨拶をする。 

デップ主演映画上映、
水俣市が後援拒否「制作意図不明」


 水俣病を世界に伝えた米国人写真家のユージン・スミス(1918~78)を人気俳優のジョニー・デップが演じる映画「MINAMATA―ミナマタ―」について、地元有志らが熊本県水俣市で8月に開く上映会の後援を、市が拒否していたことがわかった。市は「映画の内容が不明」などと理由を説明している。(朝日新聞)

【雑感】blog記事の通り、私が水俣市長であれば、あるいはチッソ社長であれば、環境保護運動家として京都を拠点に活動され、ユージン・スミスの配偶者であったアイリーン・スミス氏と共に舞台挨拶をする。
 そのほうが企業や自治体イメージアップやを内外にアピールできるだけでなく、非協力や隠蔽の挙に出るよりは効果的に社の闇歴史を闇に葬れる。さらにハリウッドのメジャー級俳優の政策主演による映画を受け入れる事で水俣観光にも貢献できる。
 なんとも愚かな選択を水俣市はしたものだ。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。

第2155回「ブログに設定しているプロフィール画像について教えてください!」 

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当の葉月です今日のテーマは「ブログに設定しているプロフィール画像について教えてください!」です初めて誰かのブログを見る時ついつい目が行ってしまうのは「プロフィール画像」ではないでしょうか?ブログを管理している方の中にはプロフィール画像を最初に設定したまま数年変えていないという人からこだわっているので是非プロフィール画像に注目してほしい!という人まで様々...
FC2 トラックバックテーマ:「ブログに設定しているプロフィール画像について教えてください!」



【回答】00年代の半ばだったか、職場がゴールデンウイーク時に10日程度休みになったので久しぶりにテントもって和歌山の新宮市へ向けサイクリングに出かけた時の写真である。
 場所は紀ノ川の中流辺りだったか、大阪府と奈良県と和歌山県の境の辺りだろう。自転車はちょっと高いキャノンデールというマウンテンバイク。現在は盗難に遭って無い。このキャノンデールはバックを取り付けるキャリアが無いので、荷物は全て向かって右にある長期縦走用75ℓ登山リュックに入れ背負って走行していた。

SendPicture1.jpeg


 いま、背中に重い荷物を背負ってサイクリングには出かけたくはないな。荷物は最小限か殆ど手ぶら、泊る所も野営ではなく小洒落た民宿にしたい。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。

体制権力が深刻な問題点から国民の目を逸らしたいとき敢えてセクハラ発言をするというビジネスモデルが確立したと思う。 近頃の現象[一二九八] 

「サンモニ」関口宏にネット苦言 
「森さんと同じ」 大宅映子氏発言さえぎり…


 俳優の関口宏が21日、司会を務めるTBS系「サンデーモーニング」に出演し、評論家・大宅映子氏の発言後に「男性にもしゃべらせてあげてください」とコメントした。

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の新会長に橋本聖子氏が選出されたという話題。大宅氏は「男と女は地位として平等なんです」と断言。「入口(機会)の平等が確保されていて、競争が認められていたら、結果に差が出るのは当たり前。男が女のようなものになったり、女が男のようなものになったりするのが理想とは思えない」と持論を展開した。
 ここで関口が「分かりました」と言葉をはさんだ。大宅氏はさらに続けようとしたが、関口が「もうだいぶ力が入っておりましたんで、男性にもしゃべらせてあげてください。時間がだいぶなくなりましたんで」とさえぎるように番組をすすめた。
 この関口の言葉にネット上では「森(喜朗)さんが言ってたことと同じじゃないの」「『女は話が長い』ってこと」と突っ込みが入った。森氏は「女性は話が長い」と蔑視した発言で組織委の会長を辞任していた。(デイリースポーツ)


【雑感】クイズ番組やバラエティ番組、さらに報道番組の司会をするようになって四半世紀以上、だけどまだ俳優が本職なのか‥。

関口宏

 私は関口宏氏や大宅映子氏に文句を言うつもりもないし、関口宏氏が森喜朗氏と同様の立場とも思わない。

 それよりも一連の騒動で私は危惧する事がある。
 もう20年以上前の話だが、西村眞悟氏が防衛政務次官時代に放った問題発言があった。以下の発言である。

集団的自衛権は強姦される女を守るようなもん
反対派の女性議員(記事では実名)にお前が強姦されても助けてやらんぞと言った

 当時、西村氏の発言を大手マスコミは「セクハラ発言」だと蜂の巣をつついたような騒ぎになり、西村氏の批判の対象となっていた当時社民党の有力議員だった辻元清美氏はかなり深刻かつ怒りの面持ちで西村氏に詰め寄り、西村氏は顔を向けることなく無表情の無言で立ち去るという一幕もあった。
 結局、西村氏は防衛政務次官辞任に追い込まれたが頑なに議員辞職には応じなかった。辻元氏の支持者勢力は執拗に議員辞職を求めていたと記憶している。

 私はセクハラ発言よりも深刻かつ追求しなければならない問題があったと思う。ところが当時はセクハラの大合唱で掻き消された感があった。それは何か?

反対派の女性議員(記事では実名)にお前が強姦されても助けてやらんぞと言った
即ち、国民を守る役所の要職に就いている者が堂々と公の場で「国民でも反対派なら助けたらん」と国家公務員服務義務違反すると宣言したも同然なのである。
 セクハラ問題が軽いというつもりはないが、セクハラ問題に勝るとも劣らない服務義務違反宣言をなぜ問題にしなかった! 当時の西村氏は居酒屋で愚痴を並べるオッサンではない、国会議員にして防衛政務次官という国防を預かる役所の№2である。次官を辞任する程度ではすまん。

 国家公務員には就任する際に次の事を宣誓させられているはず。
「私は、国⺠全体の奉仕者として公共の利益のために勤務すべき責務を深く⾃覚し、⽇本国憲法を遵守し、並びに法令及び上司の職務上の命令に従い、不偏不党かつ公正に職務の遂⾏に当たることをかたく誓います

 西村氏の発言は単に辻元氏へのセクハラ暴言では済まないことが判ろう。公僕の拠り所、民主制の拠り所を揺るがしかねない発言であり、それを悪びれもせず偉そうに述べる輩が国会議員を務めていることが問題なのである。
 ところが、セクハラの大合唱を浴びて次官を辞任した、で終わりになった。

 さて、ここからが本題である。
 権力者の身になって考えた場合、セクハラ発言はけっこう便利で美味しいのではないか。深刻な問題があった場合、敢えてセクハラ的発言、あるいはフェミニストが癇に障るような発言をすれば「セクハラ」ばかりが大音量になって国民の目を逸らす事ができる、そんなビジネスモデルが確立できるのではないか?
 語弊を恐れずに言えば、前述の西村発言の問題点は公僕たる責務を蔑ろにした事が深刻であって、辻元氏への個人的セクハラは二の次だった。

 あれから20年以上が過ぎた。ポリコレの表現規制などが次第に問題となり、表現規制をするのは体制権力よりもフェミニストではないかとさえ思えるような事態となりつつある。
 以前に会田誠講座「セクハラ」訴訟に潜む問題点でも言及したことがあるが、セクハラは問題点を逸らしたり批判勢力の口を封じるのに便利なのである。フェミニストの批判を見ていると「批判するのその部分だけなん? 他にも看過できない問題あるやろ」と思う事は毎度多々ある。
 考えすぎかもしれないが、森喜朗氏はワザとセクハラ発言をやってしまったのではないかと勘繰ってしまう。

 フェミニストは体制権力に駒として早晩取り込まれてしまうのではないかと危惧する。いや、もう踊らされていると見るべきだろう。

晴雨堂関連記事案内
大原直美氏の「セクハラ」訴訟、御本人や支援者たちは正しい事をやっているつもりだろうが、この理屈が罷り通ると体制権力に言論封殺の金棒を与えることになるのを覚悟してほしい。 近頃の現象[一二八九]

都議会セクハラ野次への空しい批判。 「セクハラ」をセクハラと思っていない人間に「セクハラだ」「女性蔑視だ」と合唱しても逆効果だ。近頃の現象[一〇二九]


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
[ 2021/02/28 04:54 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)

「太秦ライムライト」 家族と一緒に感動しよう〔28〕 

太秦ライムライト」 
「斬られ役」齢70過ぎて初主演映画


太秦ライムライト

【原題】
【公開年】2014年  【制作国】日本国   
【時間】104分
【監督】落合賢
【制作】
【原作】
【音楽】戸田信子
【脚本】大野裕之
【言語】日本語
【出演】福本清三(香美山清一)  山本千尋(伊賀さつき)  萬田久子(田村美鶴)  小林稔侍(先代 尾上清十郎)  松方弘樹(尾上清十郎)  本田博太郎(長沼兼一)  エローラ・トルキア(コニー)  ビョルン・アンドレセン(ダン)          

【成分】泣ける 切ない かっこいい 時代劇 太秦 

【特徴】

【効能】

【副作用】

下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
61位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク